FC2ブログ

121028

10日間ぐらい遡って写真をブログにアップしました。

母子寮の廻りに工事用の囲いができ、後は何になるのか分からないが、解体されてしまった。確か1階は保育園だった。都として足らない施設の筈だと思うが、反対の声も聞かないうちに無くなった。本当にいいのだろうか。
RCの建物だったからリフォームすればかなり有効に使えたと思う。まさか少し西に行ったところの建て替えによる13階建ての高層アパートと同じようなものが建つのではないだろう。調べてみる必要がありそうだ。
121028boshiryo.jpg

近所の家が建て替えをしたときに移植したサルスベリの木がある。移植の年は葉があったが、次の年は全く芽生えなかった。その次の年に芽が出たときは他人のうちの木なのに感激した。持ち主が切らずにじっと待っていたのも嬉しかった。あれから数年経つがまだ元気で頑張っている。植物は偉いな。
121028sarusuberi.jpg

緑色の建物が少ない。自動車も少ないと言われる方がいる。確かにその通りだと思う。
小学校の時、何かにペンキを塗るために、好きな色を先生がみんなに聞いた。
それぞれ答えたが、確かにが好きだと言った奴は余りいなかった。
いたかも知れないが一人を除いて記憶にない。その一人は真面目で成績が良く、中学も受験校に進学していった。そいつが、僕は「」が好きです。葉っぱの色で目に優しいから好きですと理屈を言った。
先生を始めみんな感心して聞いた。でも、のペンキは好きでないと思った。木々のは嫌いではないがペンキのは嫌いだ。その時、何故だろうと考えた。
植物のは繊細に変化し一律でない。そして影は必ずしもではない。色合いに変化のある。そんなことを感じた。
緑色の建物が少ない。自動車も少ないと言われる方は、昔々人間がまだ人間になりきっていなかったほど昔に、を隠蔽色にしている外敵から身を守るためにが嫌いになったという。私はその為(そうだと一応此処ではしておこう)に、に対する判別力が非常に高くなって、並大抵のではよい色だと思えなくなって仕舞ったのだと思う。
先ほどの友達とは別の緑が好きな人の話であるが、確か若きヴェルテルは色が好きだった。貴族の高級な服地は、微妙な色合いに応えられたのかも知れない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR