FC2ブログ

120918

こちらに来てから初めて北口に行った。学会の支部は変えてないし、北大の知り合いも皆定年を迎えてしまっているはずである。

イスラムの論理は世界がヴァーチャル化していくことを許さない。風のそよぎも光の瞬きも、そのままアッラーであり、心に浮かぶとりとめもないイメージも、アッラーの意思のあらわれなのである。イスラームは資本主義を嫌悪し、自分たちの世界にそれが侵入してくることを、重大な悪ととらえるだろう。原理におけるイスラームは、利潤が生み出す豊かな社会を拒否してでも、世界が意味に満たされてあることのほうを、選びたいと考えるのである。その世界はなにからなにまでが直接的で、資本主義の目からすれば、遅れた貧しい社会と映るかも知れないが、人間が意味に生きる生き物であるかぎりにおいては、はるかに豊かな世界であると、言えるのではないか。
                        中川新一著「緑の資本論」ちくま学芸文庫より
資本・貨幣・利潤・利子とそのあり方について、キリスト教とイスラム教は同じ一神教でありながら全く違う解釈を行っている。イスラームは利子により豊かになることを嫌う。
120918shidai.jpg 研究室から前室を。吹き抜け越しの壁の影。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR