FC2ブログ

190312

よい天気だ
微風在り

今日も東日本大震災の記事が多い
被害に遭った建物、
人々を救った建物
無残な被害を偲ばせる建物
被害地にの頃そういった建物に対し、
被害を忘れないために、想い出のよすがとして、被害に遭った人の墓標としてなど様々な意味で、
残そうとする人がいる反面
悲しみに耐えられない、悲しい想い出を消して、胸が痛くなるとこれまた様々な感慨を持って
壊して欲しいという人がいる
どちらも正しく、間違っていないから
判断が難しい
平和の門の存続と似ている
保存に対して社会的な面で肯定的な人と、
否定的な人がいる
しかし災害の記念的な事物と決定的に違うところは
それが単なる教訓以上の反省を呼び起こさせるものかどうかということにあると思う
全くないとは言い切れないが、
大震災の遺構は、
大きな津波の被害の遺構は
人間のちからではいかんともしがたい
自然の力への畏怖を呼び起こすものであろう
それに対して、
平和の門は、繰り返してはならない、努力によって変えられる、
人間の歴史の教訓となるものである
保存に否定的な人は、
その教訓の受け入れにも否定的だと考えてよいのではないか
そして、政権に対して反対のものの口を封じ抹殺することを
肯定する立場を取るとみなしていると云ってもよい

椎Ⅱの剪定
190312-03.jpg 190312-01.jpg 190312-02.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR