FC2ブログ

180228

今日で2月も終わり
青空の良い天気だ

新しい家が建ち景色が変わった
180228-01.jpg

いよいよ植木屋を始めた
まずは例年通り、ケヤキとアオギリ
180228-02.jpg 180228-03.jpg

植木屋さんの勉強も
モチノキの剪定
180228-04.jpg

今日の花
180228-05.jpg 180228-06.jpg

青いレモン 番外編 59 イランに向けて  
修士2年の後半は、秋にイランの首都テヘランで行われる第2回アジア国際見本市の清家研究室に来た日本館の仕事と、修士論文が重なった。博士課程に進学し、すぐに休学して、約半年、日本館の設計監理に行かせて頂き、仕事が終わってからひとり旅をし、その後、結婚し二ヶ月にわたる新婚旅行を続けるのだが、その頃の話は既に書いた「旅と車と私たち」。・・・・・と云うことで、イランへの出発に向けて、イランでの仕事などについて思い出すまま纏めておく。
年が明けてイランへの出発の年になる。日本で製作し、工事に合わせて船で輸送する鉄骨とテントの原寸チェック、仮組立、テントの張り方の習得などなど初めてのことが目白押し。もう一つ、見本市会場の展示コーナーで使う既成のブーツのデザインがあった。こちらの製作は入札の結果、丹青社が受けることになったが、展示関係のデザインは、ポール、幕板、間仕切りパネル、その他、細かいネームプレートなどほとんど第1回アジア国際見本市に習った。それでもイランの見本市の会場の規約もありそのまま使う訳にはいかず、結局一通りデザインし直すことになった。
ともあれ、修士を出なければ話にならない。実験は済んでいるもののいざ纏めると成ると結構時間が掛かる。勿論、ワープロもパソコンもプリンターも無い時代である。まだゼロックスも無かった。黒焼きと呼んでいた透過せずにプリントできるものはあったが、普通紙は使えないから高くつく。マス目の入ったトレーシングペーパーの原稿用紙に清書して、リコピーで必要部数コピー刷る。
その頃、個人的なこともなかなか忙しくほとんど寝る暇が無かった。それでも今と違い一日に幾つもの用事をこなせた。今は、一つの仕事に時間が掛かり、何もできないうちにあっと言う間に一日が、いや一週間、一ヶ月が経ってしまう。それに睡眠不足のまま毎日のように車を運転したが、不思議と運転中に眠くなるようなことも無かった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR