FC2ブログ

180219

良い天気だ
風もない
二月はあっと言う間に過ぎていく

17日のまち歩きで外から見た
警察病院の敷地内の
撮影
陸軍中野学校跡 もう一つは伝書鳩に関して
180219-05.jpg 180219-01.jpg
東京駅八重洲口
180219-03.jpg

ちゃんこちゃんこ
今日はここで5人の集まり
180219-04.jpg

青いレモン 番外編 050 寮の火事 
建築学科が緑が丘の建設棟に移って、暫くして、すぐ3~40メートル南側に木造の学生寮が建っていたのだが火事になりほぼ全焼した。
学生寮は建設棟よりも一段低い敷地に建っており、木造瓦葺きで、もうかなりの時代もので真っ黒になった下見板張りの小学校の校舎のように細長い建物だった。多少離れていたのと風もなかったこと、すぐに何台も消防自動車が駆けつけてきたことで、研究室の窓から高みの見物をしていた。火元から遠いところは火が移るまでにかなり時間があったのか部屋から持ち物が持ち出され、建設棟との間の南向きの土手の斜面に並べられる。
研究室の事務のモトヤマさん(だったと思う)が火事の様子を電話でデザインシステムに実況放送宜しく伝えていたが、電話線が焼けたのか電話中の声が途中で小さくなりついに途絶えてしまったという。
学生紛争の盛んな時代である。それでなくとも寮生は昔から大きな声で主張するのが得意である。寮費が月200円だったもの300円(具体的な数値は覚えていないがこんなものだったと記憶している)になる!学校当局は、寮費をまさに1.5倍に上げる暴挙を敢えて行おうとしていると、寮費値上げ運動でアジっていた。確かに物価は今よりも安くだいたい昼飯が100円程度で十分食べられる時代だったが、その寮費の安さにびっくりした。
ところが持ち出されてくるものは、高級ステレオや大きなテレビが建築棟と寮の間の斜面に並び、見る者の顰蹙を買っていた。当時、研究室から東京以外に電話するときは交換に申し込まなければいけない時代だったが、学生寮からは日本全国自由に電話ができたとも云われていた。
寮のあったところは更地に成り、寮はキャンパス外に移され、さらにその更地になった敷地に、社会工学の建物が計画された。どうも上手すぎる・・・・・大学側の陰謀ではないかなどという噂も立ったが、この火災で死人・怪我人が出なかったのは何よりであった。その後、キャンパス内の原子力研の奥にあったやはり時代がかった木造の学生寮も外に移されたが、当時、寮こそ学生運動の温床だと見なされており、あとで私が移った宇都宮大学でも、学生寮がキャンパス内にあって問題になっていた。しかし、キャンパス外の志方寮(字が不確か)が最後まで、学生運動を続けていて、会計検査院の査察を拒否したことで、工学部長選のウイスキー事件と相まって大学はだいぶ文部省に対して窮地に立たされていた。実は、医学部の設置を学内の縄張り争いが原因で拒絶したことが大きいようであるが。学生紛争の温床として、寮がキャンパス内外と云う要因はあまり問題ではなかったのかも知れない。寮の部屋が数人部屋であることも問題を生むとされ、最近の学生寮はみな個室になっているが、昔の寮生からは数人部屋こそ寮の味だとも聞かされた。しかし、数人部屋の寮は募集人員を満たすことができないという。現代の子供室で育った世代の風潮に沿わないことは確かだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR