FC2ブログ

180209

穏やかな冬の陽
でも寒い

中野たてもの応援団のガード下展示
もう一ケースにも展示
今月は充実
180109-02_201802092225420ac.jpg 180109-04_20180209222559017.jpg 180109-03_20180209222550318.jpg

午後、JIA中野地域会の来週のまちあるきの下見
180109-05_201802092226091fd.jpg 180109-06.jpg 180109-07.jpg

アドバイスにより一カ所見て回るところが増えて
よい比較になる
面白い!
180109-08.jpg 180109-09.jpg 180109-10.jpg 180109-11.jpg 180109-12.jpg 180109-13.jpg 180109-14.jpg 180109-15.jpg

青いレモン 番外編  040 大学院にはいって 修士 アトリエオメガのことⅠ
大学を卒業して暫くした頃、その年の4月1日に清家研の助手をやめて、建設省建築研究所に勤めることになった瀬尾さんから連絡があった。建研に遊びに来いという。瀬尾さんは製図の提出期限に厳しいし、そんなにいい印象はなかった。それでも、その頃建研は大久保にあり家から近かったので、ふらりと覗きに行った。一緒に仕事をしようということであった。そんな話をちらりと研究室で聞いたような気もしたが、余り本気で受け止めてなかった。何か、事務所ビルの課題の図面を見て何か感じたと云うことらしい。多少、工業生産的な繰り返しをもつ形態のファサードだったがそのことを盛んに評価してくれた。
瀬尾さんは清家研究室の4年先輩。瀬尾さんは瀬尾さんなりに設計事務所の姿を夢に描いていたようだ。
いろいろあったが、次第に何人かが集まり、人の出入りも多少あったが、この集まりはかなり長い間続いた。コンペに参加したりプロジェクトを新建築や建築文化に発表した。二年先輩の甲斐さん、渡会さん、一年後輩の松野くんなどが加わった。小玉くんが建研に行ってから彼も加わり、彼の研究テーマであるパッシブソーラーの考え方がかなり強く反映されるようになった。清家研究室の事務を担当していたマンマルさん(当時タケトウさん)も時々遊びに来た。さらに瀬尾さんの武蔵高校の同級生の舞踏評論家の古沢さんも加わった。
そのほか、一時的に参加した人達はかなりの人数であった。
暫く経ってからだが、事務所の名前は“アトリエ・オメガ”と決まった。

オメガ、Ωについては、アトリエφを意識したところもあるが、清家研究室の持ち船のディンギーとシーガルにギリシャ名が付いていたことも影響している。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR