FC2ブログ

180204

今日もまずまずの天気
慣れてきたのか寒さはそれほど感じない
2月になり見る間に日にちが経っていく
もいよいよ無くなってきた
180204-02.jpg 180204-03.jpg

正月の名残
180204-04.jpg

ものの本にある(上田秀人 禁裏付雅帳五 p.131)
「十年先を見越せない者に政を任せてはいけない」
過去を経験にできない者を政にかかわらせてはいけない」
これはいつの世にも守らなければならない不文律であった。
流れの激しき時代十年先を見越すのは難しいかも知れないが、
やはり先を見越す目をもたない者に政を任せるべきではない
そして、
悲惨な日本の過去を経験にできない者が政にかかわっているとしたら
恐ろしいことだ

今日の道祖神
180204-05.jpg

今日の花
180204-06.jpg 180204-01.jpg
サンシュ・ロウバイ

青いレモン 番外編 035 研究室の事務 
清家研究室は対外的な仕事が多く、先生から頼まれて事務的なことを処理する女性がいた。わたし個人に関する話はおいておくとするが、たいてい先生とつながりある方のお嬢さんであった。イワモトさん、文ちゃん、シンジさん、タケトウさん、モトヤマさん、コナガヤさん、アソウさん、大木さん・・・・・モトヤマさんからあとは緑が丘に建築が移ってからのメンバーである。大木さんはデザインシステムが主体。本人達の意思はともかく彼女の親御さんは、お婿さん捜しの思惑があったようだ。イランから帰ってきてから暫くは、タケトウさんが居たような気がする。コナガヤさんはヤマギワの小長谷さん。何方かの住宅の照明器具を注文に行ったとき、担当者が上司を呼んできてなんだか知らないうちに、鰻をご馳走になってしまった。設計した住宅の照明にはほとんどヤマギワを用いていた。しかし、鰻をわざわざご馳走になると云うのも何か解せない。食べているうちに次第に明らかになったのだが、その頃はもう研究室は辞めていたが、小長谷さんのフィアンセと私の苗字が同じだったことに起因していたようだ。アソウさんは清家先生が芸大に半分移られた頃かと思うが、有名なアソウさんのお嬢さんと聞いた。冬夏会の事務もかかわっていたような気がするが定かではない。清家先生が完全に芸大に移られてから、芸大ではどうなっていたか分からないが、女性の秘書は、大木さんのようにデザインシステムで、仕事をするようになったと思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR