FC2ブログ

111014

構造計画研究所主催の講演会が新宿ヒルトンホテルで開かれ、和田章 日本建築学期会長の記念講演「宇宙原理と建築」、 五百旗頭 真(いおきべ まこと) 防衛大学校長,東日本大震災復興構想会議議長の基調講演「跳躍の歴史に向けて~悲惨の中の希望~」を聞く。

前者は,エントロピーの話し、東京への一極集中の危険、大きな宇宙の中での建築技術の正当性。自身の研究に基づく耐震の考え方。構造物には心棒が必要である。東工大長津田キャンパスの耐震改修例と模型実験によるその実証。など興味深い話しを次から次へ聞くことができた。

後者は、白村江の戦に始まり、元寇、開港、太平洋戦争での日本人の対応を分析し、東日本大震災についてその流れの中に位置づけた。その上で,多少自衛隊の活躍に言及したあと、今回の災害に対しては、①より安全な街とすること、②地元産業の振興で生活基盤を守ることが大切であることを強調した。そして日本がうちひしがれた時に必ず立ち直りより以前に増して発展してきたことから今度も起こりうるということで締めくくった。

損保ジャパン本社ビルのカーテンウォールは全面的に色が変わるのか?白く明るくしてイメージチェンジをするのか、それとも下塗りでもとに戻るのか不明。
111014CW.jpg

夜は、東中野で、東京テクニカルカレッジ建築家・中野駅周辺まちづくり推進会議委員の樋口 修氏の「中野駅周辺まちづくり」の話を聞く。戦後の中野のまちづくりの歴史、都市計画マスタープラン、警察大学校跡地計画などについて詳しい説明のあと質疑応答があった。

今日は一日よく勉強した。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR