FC2ブログ

150201

友人の川道君から著書「空飛ぶ座ふとん ムササビ」が届いた。
面白そうだ。
早速読もう。
ネズミモチ、アオギリ、ケヤキ。
少し歩く。沿道の並木も立派になった。
屋根付きの門。
昭和初期の家か?綺麗に使われている。
150201Nogata1.jpg 150201Nogata2.jpg 150201Nogata3.jpg

こんな小屋が近くにあるとは!
袋小路の中。木が一本生えているところがまた良い。
150201Nogata4.jpg

ブリしゃぶ。
ダイハードを見る。

格差、景気、活性化、福祉、最低賃金、生活保護、年金、企業の所得税の軽減、
教育費の低減、教育のお座なり化、エリート教育化、少子化,高齢化、地方の過疎化、木造3階、木密住宅、都市への人口集中・高密度化、地価の高騰、温暖化、災害、古人の知恵
まだまだいくらでも出てきそうだが、
これらの問題はネットワーク状に相互関係があり、
一つを解決しようとすると他に影響を及ぼす。

特許、遺伝子操作、独占、財閥、軍需産業、プルトニュウム、原発、核処理施設、
平和、軍備、侵略、内政干渉
話はどんどん広がっていく。

小西敏正 著 「平成日本らしさ宣言」建築家の目を通してみた 現代社会の暴走を止める 古くて新しいニッポンの発想
本屋では手に入りにくくなっています。
このブログで、FBのコメントで、メールで住所を書いてお申し込みください。
本代は不要(限定3月15日まで)。

誰か纏めて100冊ぐらい貰ってくれないかな。

トリクルダウン説 富めるものが富むと、富がしたたり落ちる。
新自由主義と関連、レーガノミックス
この理論は実証されていない。
レーガンが大統領になったのは1976年だから40年近く前のこと。
しかも時代も経済理論も変わってきている。
名前まで真似した、
アベノミックスはまさに、30年遅れの時代錯誤の政策を採ったことになる。
上手くいくはずはなく、
しかも、大企業優先。
弱者対策予算切り。
格差は開くばかり。

力を持つものは益々強くなり、
力の弱いものから力を奪っていく。
自由主義・自由競争と言っても競争は出発地点で成立していない。
これからも人間社会は、いろいろあるだろうが、
大きな流れとしては、ゆっくりであるが、
ある程度の生活は平等に、
そして、それを超えたところは自由な競争を許すという方向に進むと思う。
そして、ある程度の生活というその基準がゆっくりと引き上げられていく。
そこにたどり着くまで、
まだ超えなければならない関門が幾つもある。

国が情報を握る。
個人情報云々と言い、独り占めする。
国が正常なうちはよいが、
ひとたび、それが傾いてくると集まった情報はどう使われるか分からない。
内部からの問題もあるし、外部からの問題もある。
前者は政治腐敗、革命などであり、後者は敗戦、占領などによる。
それらに対する対策ができているとはとても思えない。
そして、民間の間では相互の連絡が取りにくくなる。

だいたい、大学の同僚に年賀状を送ろうとしても、住所が分からない。
個人情報の問題で、名簿が作られていないことが多い。
各人分断されている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR