FC2ブログ

150930

ついに9月も終わり、
あと三ヶ月で今年も終わり。

葛西へ車の修理。
ついでに東陽町のA4による。
Maggie's Centers の展示
3年間札幌市立大学の心地よい空間で働き感じたことだが、
今の日本は建物と心の繋がりを考えなさすぎる。
区役所により要望書が機能したことを確認。
夕暮れの秋空のUFO
150930-01.jpg

「椿象」と書いて何と読むか。
メールをくれた友人も知らなかったが、
私も知らなかった。
大きな古い漢和辞典も見てみたが、
出ていない。
主に中国だけで使われるかと思ったが、
国語大辞典には出ていた。
もう一つの字がそのままで「龜虫」である。
確かに六角形に近い形をしている。
こちらの方が分かりやすいが、
「椿象」はピンとこない。
Facebookにはいろいろ説明が書かれているが、
やはり納得できる答えはなかった。
150930-02.jpg

スポンサーサイト

150929

秋らしい良いお天気だ。
風があり爽やかだが、落ち葉が多い。
そして、もう月末だ。
明日で9月も終わり、
大学によっては夏休みが終わる。

物置の中のちょっと大切な書類で、
床に置いてあるものに湿気らないように下駄を履かせた。
階段のモウセンゴケを地上に移す。上手く着いてくれると良いが。
去年物置から出したがらくたや、
剪定した大枝をチェーンソーで切る。

今更の話:国立競技場
1.要項
要項づくりが甘かった。後で問題が起こる内容が殆ど吟味されなかったのではないか。
規模、環境、地域の歴史的文脈、3.11以後の経済的バランス感、前の東京オリンピックとの違い等々。
源をたどるとそこにつきると思うほど甘い。
多分要項がしかっりしたものであれば、
流れは大きく変わってきたと思う。

2.審査
要項づくりと審査員がダブっているので、審査中に問題に気づかなかったのも頷けるが、
(いやいや、ダブっていること自体少しおかしい。)
ものが出てきて目の当たりにして、
それでも環境や敷地の歴史・文化など世の中の重要と思っている価値と計画案との乖離に疑問を感じなかったのは、
やはり素直にものを見ることができなくなっていたのではないかと思う。
あの場との繋がりと言うことで、勿論、
歴史的な形態、伝統的な形態、などと言うことではない。

3.入賞が決まった後の進め方
世の中で問題になっていることを的確に設計者に伝え、
審査員がたいした問題だと思わなかったか、
自己弁護で問題として取り上げなかったか分からないが、
設計者がそれに対応する可能性をもうける過程が欠けた。
問題点が費用のことに還元されてしまった。
見積額が高騰したが、何故あそこまで高騰したかの検証がない。
日本の設計事務所と建設会社の関係がおかしい。
景気対策に建設事業が使われ、
さらなる建設事業の拡大に政治家を利用。
政治資金の投入。
等々。

4.白紙撤回後
おそらく殆ど変わらず少し改善されるだけにとどまるだろう。
根本的な問題が解決されなければ、
また、反対運動が起こり実行が難しくなる可能性だってあり得る。

5.最後に一言
JIAがどうのこうのはあまり興味がない。
最初からの対応を根本的に反省する所から始められれば良いが、
極一部についてのの反省と自己弁護しかできないだろう。

150928

きのこがまた同じところに生えた。
実に楽しい。
150928-01.jpg 150928-02.jpg 150928-03.jpg

今日は中野たてもの応援団の定例。
名誉会員のM先生もご出席。
観音さんのレクチャー。

150927

中野たてもの応援団
白鷺のかやぶき屋根民家のお掃除会。
つっかえ棒の番線締め直し。
150927-01.jpg

鷺宮住宅の20軒。
150927-02.jpg

格差、景気、活性化、福祉、最低賃金、生活保護、年金、企業の所得税の軽減、
教育費の低減、教育のお座なり化、エリート教育化、少子化,高齢化、地方の過疎化、木造3階、木密住宅、都市への人口集中・高密度化、地価の高騰、温暖化、災害、古人の知恵
まだまだいくらでも出てきそうだが、
これらの問題はネットワーク状に相互関係があり、
一つを解決しようとすると他に影響を及ぼす。

特許、遺伝子操作、独占、財閥、軍需産業、プルトニュウム、原発、核処理施設、
平和、軍備、侵略、内政干渉
話はどんどん広がっていく。

小西敏正著 「平成日本らしさ宣言」建築家の目を通してみた 現代社会の暴走を止める 古くて新しいニッポンの発想
本屋では手に入りにくくなっています。
このブログで、FBのコメントで、メールで住所を書いてお申し込みください。
本代は不要。

あまり秋空らしくない秋空だ。
今夜はスーパームーン。
150927-03.jpg 150927-04.jpg

150926

全日本クラシックカメラクラブ2015年秋の写真展 ギャラリー「サロン・ドG」を見に行く。
彼のカメラはツアイス・イコンのコンタックスⅡa、レンズはゾナー。
阿波踊りを撮っている。左下。
知人がもう一人、新宿御苑を撮っている。
151026-01.jpg 151026-03.jpg

阪急の所にガラス張りのビルが完成しつつある。
新装なった伊東屋により愛用のボールペンの芯を10本注文。
151026-02.jpg

LIXILで「鉄道遺構再発見」を見る。
151026-08.jpg 151026-06.jpg

碓氷峠、何年か前に保存大会で行った山梨のトンネル。
こんな煉瓦の積み方もあるのだ。
アーチの内側は長手ばかりなのは分かるは端部もそのままにするとこのようになる。
151026-04.jpg 151026-05.jpg 151026-07.jpg

国際競技場問題、白紙にして何が解決したのだろうか?
国内2グループで競技などするならやめた方が良いかも知れない。
祝賀のコメントを述べるよりも、他にもっと言わなければならないことがあるような気がする。

150925

今日も雨。
早めに税金。
消防署通りを歩く。
150925-01.jpg 150925-02.jpg 150925-03.jpg 150925-04.jpg

旗竿敷地の長屋式集合住宅
150925-05.jpg

特定非営利活動法人「なかの里を紡ぐ会」の方々と会う。
中野たてもの応援団として、
空き家捜しのお手伝い。

150924

良い天気も今日前半までか?
学会図書館で調査。現代日本建築家全集17
続モダニズム建築の軌跡は見付けたが、
目当ての「建築」1963年8月号の合本は紛失。

42年建築の集まり。
「篠原一男と私」と題して、
篠原研出身者の話。

誰か纏めて10冊ぐらい貰ってくれないかな。

150923

シルバーウイークも最後の一日
今年と同じ長いシルバーウイークは11年後だそうだ。
来年は二日休めば結構長く休めるようだ。
3日続きの休みが2週続く年もあるが、
年によっては全然冴えない年もある。
シルバーウイークが延々と続く人には関係ない話。

連休最後の日の夕焼け。
150923-02.jpg 連休最後の日は新しさの第一歩の日。

150923-03.jpg


150922

お彼岸のお墓参り。
常教寺、林泉寺、済正院、光明寺。
常教寺の墓地には例年通り彼岸花が咲いていた。
光明寺は庫裏を建て直したのかちょっと趣がなくなった。
月島でお昼。
往復の道路は空いていたが、
まちの中には人が出ている。
連休終わりから二日目だからか?
近所の夕日。
久しぶりの眩いばかりの夕日。
夏も終わりだなとと思う。
金木犀の花が咲き出したが、
まだ香りはそれほど強くない。
150922-01.jpg

明日が楽しみだ。

150921

国分寺からブンバスで、
野川が綺麗だ。
150921-01.jpg

小金井の家、打ち合わせ。
30年経つが、綺麗に使って頂いている。
後から建てたアパートと母屋。
150921-02.jpg 150921-03.jpg

南側の垣根の刈り込み
150921-05.jpg
after & before
150921-06.jpg 150921-07.jpg
150921-08.jpg 150921-09.jpg

北軽が混雑しそうになった。(なぞ)

中野区の標準地価の基準地だったが、
最近出ていない?
何故なのだろう。
150921-04.jpg

150920

早くの9月の三分の二が過ぎた。
やっと良い天気になる。
東側の生垣の刈り込み。
90リットルのビニール袋はかなり良く入る。
150920-01.jpg 150920-02.jpg

三鷹建築家の会の展示を見に行く。
中野たてもの応援団から中野地域会を介して貸し出した旧中野刑務所正門のパネルは飾られていたが、
中野たてもの応援団の名前は見当たらなかった?
少し時間が遅過ぎたのか、残念ながら森さんにも大森さんにも会えなかった。
150920-03.jpg 150920-04.jpg 150920-05.jpg 150920-06.jpg

150920-07.jpg


150919

中野たてもの応援団の11月29日(日)の東中野まちあるきの下見。
まず南口に。この日に限り天気は上々。
書店(もう店は閉めている)、瀬戸物店、畳店(営業している、祭りの提灯が下がっている)
古い店の残る商店街を抜けて、
150919-01.jpg 150919-02.jpg 150919-03.jpg

煉瓦色の瓦の陶芸工房(スイル窯)。氷川神社の近くの洋館。
スクラッチタイルの役物。
縦に模様が入っている。
150919-04.jpg 150919-05.jpg 150919-06.jpg

北口へ、
丘の上のかつての大邸宅街。
華州園。
藤堂(藤堂高虎の末裔)邸、九鬼邸(水軍の将)等々。
ツタの絡まる土蔵。
元小学校、今は廃校となり区民施設。
中山御立場跡、将軍が鷹狩りのときつかった御立場。
中山なにがしという旗本の屋敷があった所。下屋敷だろう。
この辺り雉子がいたらしい。
眺望が良い。
地域の長老に話を伺う。
滑車と大蛸と手鉤が保存されていた。
正確には大蛸ではなく真棒胴突ではないか。(日本建築 渋谷・長尾 学芸出版社)
お祭りの最中。
滝山稲荷。昔湧き水があったが上の工事で止まってしまったとか。
偶然!広瀬鎌二の「SH-60」偶然行き逢う。
これもサッシュが入れ替わっているが、モダン建築だ。
古い建築。上半分なかなか味がある。
150919-07.jpg 150919-08.jpg 150919-09.jpg 150919-11.jpg 150919-10.jpg 150919-13.jpg 150919-12.jpg 150919-14.jpg 150919-15.jpg

150918

朝の雨もあがったが、
何かぱっとしない天気。

150917

朝から雨。
産学協同 栃木県建設汚泥リサイクル研究会
会場:栃木アンカー工業株式会社
研究会も43回目を迎えた。
改良土を用いたpH試験報告が本日の主たる議論の対象。
発展させればなかなか面白い成果が得られそうだ。

・・・・そのため、JIAの金沢大会は欠席。

アメリカ、自家菜園禁止法がとうとう現実のものとなった。とフェイスブックに出ていた。
本当だとすると、自給自足が違法に?
TPPが通ったら日本もこうなる…?
「在来種を育むのをやめて、FI種をどんどん増やす。そしてセットでFI種用の農薬を買わせる。」っていう法案みたいな…?
種と農薬をセットで売る。結局金儲けのための恐ろしい陰謀。
有機農業なんて目の敵にされる。
農薬売れないから。
この世の終わりだと思うのだが、
こんな恐ろしい国、アメリカと手を組もうとする人が分からない。

新聞を見るのも嫌になる。

150916

Two Pairs House 取材。
顔写真を数多く撮られる。
150916-01.jpg
150916-02.jpg

150915

天気はまあまあ、
亀の水槽の水替え、散水。
亀は驚くほど速い。

JIA中野地域会定例。
中野区産業振興センター2階
次回講演の講師 大越氏と打ち合わせ。
構造の興味深い話が聞けそうである。

タイ料理で懇親。
なかなか美味しかったが、
一つだけ我慢できないくらい辛いものがあった。
150915-01.jpg

帰りのバス。
150915-02.jpg

150914

久しぶりに宇都宮へ。
栃木医療センター(旧国立栃木病院)で会議。
少し時間が余る。
大谷石の蔵。
150914-01.jpg

宇都宮駅西口。
餃子の像も健在。
150914-02.jpg 150914-03.jpg 150914-04.jpg

150913

杉並たてもの応援団と中野たてもの応援団の交流まちあるき。
白鷺の茅葺き民家-鷺宮住宅-田村邸跡-長屋門-住宅-福蔵院-Y氏邸-茶室・庭
茅葺き民家の補強材、鷺宮住宅の脇を抜けて田村邸跡と昔茅葺きだった長屋門の前を通ってい村井邸。スクラッチタイル、丸柱、凝った小窓、玄関戸のぞき開口部、洋間の出窓。通りすがりの屋根付き駐車場、大谷石の門柱、Y氏邸のリビング。引き込みの扉を閉めた所。木部の色が遠藤新たらしい。珍しく暖炉はない。ストーブがあったとのこと。煙突の穴が残っている。熊埜御堂邸。風雅な泉州流の茶人のお宅。南向きの傾斜の敷地が巧みに活かされている。
150913-01.jpg 150913-02.jpg 150913-03.jpg 150913-04.jpg 150913-05.jpg 150913-06.jpg 150913-08.jpg 150913-09.jpg 150913-10.jpg 150913-11.jpg 150913-12.jpg 150913-13.jpg 150913-14.jpg 150913-15.jpg 150913-16.jpg 150913-17.jpg 150913-18.jpg

150912

曇りだが雨は降りそうもない。
今朝は地震で起こされた。
東京西部で震度5弱。
被害がないと良いが。
渋谷で待ち合わせ。
150912-02.jpg
150912-04.jpg 150912-01.jpg 150912-03.jpg

鬼怒川堤防決壊いは、堤防を越えての浸水と違って津波と同じようにすさまじいものがある。
栃木県に住宅の敷地を土盛りし、船まで用意した集落がある。
過去の度重なる洪水の被害に対する一つの解決策だったのだろう。
利根川の中流域の一部の集落では、洪水を避けるための自己防衛として水塚と呼ばれる土盛りの上に家屋を建てている。水塚は概ね3 - 5mの盛土で、これは堤防の高さとほぼ同一にしてあり、納屋には非常用の備蓄食糧や農作業に必要な農具などを格納し、洪水時には仏壇を避難させたとも言う。また軒先に揚舟と呼ばれる非常時に使用する小舟を吊るしている。

150911

中野区役所へ。
途中のルカ病院解体中。
地下3階があったのか?
深い地下。
150911-01.jpg

JIAに行く。
打ち放しの四角い穴から夕日が綺麗。
東京地域連携会議
150911-02.jpg

150910

今日も雨。
午後監査の会議。
人形町。いつも寄る三光神社。
倉庫か何かを普請中。
150910-04.jpg 150910-03.jpg

中野区役所に寄るも、本会議中。
近々とちょっと先の催し。
150910-01.jpg 150910-02.jpg

栃木、茨城に豪雨。
鬼怒川堤防決壊。

小貝川の堤防が決壊したことはあった。
何年も昔のことだが、利根川の堤防のかなりきわどい所まで推移が上げっており、
くらい中ヘッドランプを付けた消防団員が、3~40mおきに見える限り並んでいた。
利根川は大河なのだと実感した。

やっぱり随分張り出している。
まあいいか。
150910-05.jpg

言葉の定義
「想定外」: 想定方外したもの(想定できても故意に外したもの)
添田孝史の「原発と大津波 警告を葬った人々」 岩波新書 1515 を読むとそういう定義になる。

最近の中野駅北口。
150910-06.jpg

150909

今日も一日中雨。
裏の工事、建物は離れているが、
足場は我が家の敷地に被さっている。
まあ良いじゃないですか。
150909-01.jpg

妙少寺川はだいぶ増水しているが、
地下の調整池のお世話になるほどではない。
そう考えるとゲリラ豪雨は怖い。
150909-02.jpg 150909-03.jpg

一度保存され、枯れ枝を車の上に落としたために伐採された欅の木から芽が出てきた、
育ってくれれば良いが、
欅は寸胴切りにして、
株立ち仕上げにすることがある。
だれか面倒を見てくれる人がいると良いのだが、
意地悪されなければ、欅は強い木だから生きていくと思う。
150909-04.jpg

150908

朝から雨。
それもかなりひどい雨。
道路も掃けない、木の葉はたまる。
明日の天気も期待できない。
JIA文化財修復塾
だいぶ決まってきた。
テレビ会議の音声がもう少し良くならないか?
急いで帰って、打ち合わせと資料づくり。
相変わらず雨の音。
ここのところ天井裏が騒がしい。
涼しくなってネズミが入ったか?
音が大きいから、ハクビシンか?

フェイスブック(150908)から:
「飛行機や原子炉などのような人命にかかわる重大なシステムにたまたま一つのミスや事故が発覚した場合、それは一つのミスや事故の問題ではありません。その偶然な問題の後ろに十倍の同程度の危険が潜んで、ワンランク下の危険が数十倍も潜んでいると解釈できます。組織構成から考え方までも徹底的に見直さないといつか大きな事故に繋がります。

企業の不正会計などのコンプライアンス問題も同様です。たまたまの問題ではなく組織の体質問題だと考えるのが無難です。東芝の問題もその典型です。案の定、先日また十件の不正会計が通報されました。「通報」でなければ不正が見付からない体質が改めて証明されました。そんな企業が作った原発が「絶対安全」だというから恐ろしいです。首相までも「世界一厳しい基準」「万全の体制を整えている」と豪語するからもっと恐ろしいです。」


そうなんです。そんな企業が作った原発なんです。

国立競技場の問題も、エンブレムの問題も事故と考えれば全く同様のことがいえる。
だから、繰り返しを防ぐには、組織構成から考え方までも徹底的に見直さないといけないわけで、あるが、
それがなされているとはどうもいえない。

三岸節子の絵の鑑定。
150908-01.jpg


150907

消防署通り探索
北から南へ。
写真は、東西が整理されていない。
道路が拡張されると皆なくなる。
150907-01.jpg 150907-02.jpg 150907-03.jpg 150907-04.jpg 150907-05.jpg 150907-06.jpg 150907-07.jpg 150907-08.jpg 150907-09.jpg 150907-10.jpg 150907-11.jpg 150907-12.jpg 150907-13.jpg 150907-14.jpg 150907-15.jpg 150907-16.jpg 150907-17.jpg 150907-18.jpg 150907-19.jpg 150907-20.jpg150907-21.jpg 150907-22.jpg 150907-23.jpg 150907-24.jpg 150907-25.jpg 150907-26.jpg

L字通り
150907-27.jpg 150907-28.jpg

早稲田通り
150907-29.jpg 150907-30.jpg 150907-32.jpg

南北の通りのない道で、
大谷石。よく見るとなかなか凝っている。
150907-31.jpg

野方2丁目の祠近くの煉瓦の擁壁。
同じく緑。
祠は高台に位置する。
地図と地形がこの辺りが特異な場所であることを示している。
かつて何かがあったはずだ。
野方二丁目48番地付近。
150907-33.jpg 150907-34.jpg 150907-36.jpg 150907-35.jpg

四中の外壁補修中。
洒落たファサードに見える。
近所の緑。
150907-37.jpg 150907-38.jpg

150906

白鷺の茅葺き民家補強工事。
風のためか、かなり大きい枝が落ちていた。
補強部材の接合部づくり。
前もって角鑿で穴が開けてあったので午前中で済む。
これで大体安心。
150906-01.jpg 150906-02.jpg

JIAの会員集会の話は全然伝わってこない。
どうなったのだろうか?

150905

まあまあの天気。
それほど暑くもない。
昨夜雨が降ったか?
クスノキⅠの小さい若芽が無数に落ちている。
今まであまりなかった。
クスノキⅢは分からないが、クスノキⅡはそれほどでもない。
剪定の時期が違う。
Ⅰは12月で、Ⅱは4月。
確かにⅠは伸びすぎている。
枝を落とすだけなら4月が良いのかも知れない。

左が杉並区、右が中野区。
道路を挟まず区変わりをしている所は割合珍しい。
何で片一方だけ螺旋状に刈り込んであるのだろう?
大きな大谷石の門柱。
大谷近辺ならそれほど驚かないが、
好きな人が居るものだ。
150905-01.jpg 150905-02.jpg 150905-03.jpg

150904

久しぶりに朝から陽が出ている。
日本建築学会大会
懇親会
JIA会員集会(欠席)、
イッキン会
などいろいろ重なりままならず。
一日が過ぎる。
日中土砂降り。

本歌取り:和歌・連歌などで、意識的に先人の策の用語・語句などを取り入れてつくること。
例えば、万葉集巻3の   「苦しくも降りくる雨か三輪が崎 佐野の渡りに家もあらなくに」を
本歌にとって藤原定家が「駒とめて袖打ち払ふ蔭もなし佐野の渡りの雪の夕暮れ」
新古今時代に歌論的に整備された。

マイナンバー
年金の問題は、システムに欠陥と考えられる。
それを年金だけ別に通してしまう所がものすごい。
国内支配は、
マイナンバーと、秘密保護法案で国内支配は片が付く、
安保法案はそのためのカモフラージュ。
しかし企業が使える?
どうせなら、
個人も使えるようにしてほしい。

押し縁下見。
150904-01.jpg






150903

曇っているが雨は降っていない。
そこそこに蒸し暑い。
元最高裁長官山口繁が、「集団的自衛権行使は違憲」の見解。

荒牧医院のすぐ北側で、
士会のまた、JIAの会員でもあるHさんに会う。
調査中。
計画道路絡みらしい。
この屋根裏部屋は、どちら側の家に所属しているのだろう。
ここでもまた解体工事。
家に比べて小松のレッカーが真新しい。
先日、洗い出しの建物の写真を撮った家の南側が更地に。
ぽつぽつと雨が降り出したから帰ろう。
150903-01.jpg 150903-02.jpg150903-03.jpg

8月9日に載せた524のナンバープレートの車の家は、
やっぱりコニシさん。

150902

午後から目白辺りを探索。
徳川黎明会の表門が始めて開いていた。
非公開のため外から覗く。
150902-03.jpg

豊島区立「目白庭園」に行く。
児童向け雑誌「赤い鳥」の発刊の地。
赤鳥庵
紅葉に季節も綺麗らしい。
150902-23.jpg 150902-22.jpg

池の周りを一周できる。
外人連れの入園者が多い。
何人かで話し込んだり、ギターを弾いている。
芝生の庭の向こうにビルが見える。すぐ池袋だからしょうがない。
池には大きな鯉がゆったりと泳いでいた。
150902-07.jpg 150902-06.jpg 150902-05.jpg
150902-04.jpg150902-08.jpg150902-09.jpg 150902-10.jpg

すぐ裏を西部池袋線が走っている。
まだ緑の多い家が散在している。
150902-02.jpg 150902-01.jpg

目白カソリック教会の前を通って南へ。
軒先に大谷石が使われている。
日立目白クラブ。是非とも入ってみたい建物である。
ここらは中野たてもの応援団のまちあるきできた。
150902-12.jpg 150902-11.jpg

日立目白クラブに沿って曲がり、
急な階段を下りるとおとめ山公園
中を南北に公道が走っているが、双方に池があり、わき水がわいている。
北側には広い芝生の庭。
池では子供達がお母さんにエビガニ釣りを教えてもらっていた。
糸にスルメを付けて、
昔も今も変わらないな。
150902-21.jpg 150902-13.jpg 150902-15.jpg 150902-14.jpg 150902-16.jpg150902-17s_20150903183210b7e.jpg 150902-18.jpg 150902-19.jpg

東山稲荷神社を詣でて帰途につく。
150902-20.jpg

150901

今日から9月だ。
朝から雨だ。
高田の馬場に本を買いに行く。
本屋のビルに馬場付近の古い地図と写真が展示してあった。
左に山手線。右に早稲田大学。
都の西北の早稲田大学の西北に相馬邸
今の甘泉園。
都電の車庫が見える。
この近くに小学校の担任の先生が住んでおられた。
豊島区高田南町1-104番地だったかな。
150901-01.jpg 150901-02.jpg 150901-03.jpg

新宿駅東口と、懐かしいトロリーバス
左の鉄塔は何だろう。やけに高い。
この東口は、この写真の撮られた1962(昭和37)年に解体されている。
小さい頃向かいの二幸(今のアルタの辺り)の食堂から電車や汽車見るのが好きだったな。
ちょっと懐かしい。
150901-05.jpg 150901-04.jpg

東京駅の近くに390メートルの日本一の超高層
逓信博物館のあとかと思ったが、
こちらはもう別計画が決まっているのだろう。
常盤橋の南側だった。
そんなに古くないビルが建っている所だと記憶しているが、
日本ビルジングのところか?
61階、68万㎡土地の値段にするといくらになるのだろう。
都心の土地の値段を下げればいろいろ問題が解決しそうだ。

前に、伝統技法研究会のメンバーと常盤橋の石垣の修復工事を見に行った。
鍛冶屋の仕事も見学させてもらった。
そのあとも何度か常盤橋の近くを通ったが、
時間をかけて、かなりの大工事をやっている。
確かに参勤交代する大名が江戸城に上がるために通った所だから、
大切な所だが・・・・・・・、
と思っていたら、また勘ぐりになるが、抱き合わせで、
390メートルの超高層が建つ。
保存が利用された形と思えてくる。
この敷地は金さんの活躍した北町奉行所の辺りではなかったか?
いやいや、奉行所はもっと南で八重洲口のすぐ近くだ。
勘ぐりか。疑い深すぎるのか。しかしここのところ世の中観てると疑い深くなることばかりだからしょうがない。
常盤橋と、枡形の石垣ののバックに高さ390メートルのビルの壁。
まず最初に東京への一極集中をやめること。

中国が何をやろうとあまり関心がないが、少数民族をいじめるのだけは許せない。
それも、経済優先で、しかも漢民族を送り込む。
もうけておいて、優遇すればまだしも、
いじめきる。
観光資源としか考えずに、
古い文化をないがしろにする。
なにかISと似ていなくもない。

核リサイクルに国が関与を強くする。
そうしないと核兵器の武器開発の道が閉ざされてしまうから。これも勘ぐりすぎ。
いざとなったら、
すぐにでも保有できるぞだから怖いぞと言いたい。

しかし、核戦争は数日で終わるから、
鼻で笑われているのではない。

銀杏の幹から芽吹いた葉っぱと近所のエコハウス?。
屋根の上にはソーラーパネル。
ちょっとほっとする?
150901-06.jpg 150901-07.jpg

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR