FC2ブログ

140331

本年度最後の日。
昨日と比べて良い天気。
風は強い。
木のてっぺんにいると怖いほどではないが、結構揺れる。

クス中終了。
シイ4号1/3。
隣の木から地面から、
いろいろ工夫すると意外と楽に飛ばせるところがある。

花がいろいろ咲いて春が来た。
140331a.jpg 140331b.jpg 140331c.jpg 140331d.jpg 140331e.jpg 140331f.jpg 140331g.jpg 140331h.jpg 140331i.jpg 140331j.jpg





インテリア会議。
時間切れで半分のみ終了。
スポンサーサイト

140330

中野たてもの応援団、今年度最後のイベント「かやぶき民家見学会、屋敷林ツアー、野菜漬物市」を実施しました。
午前中1回、午後1回のツアー。

地面に落ちた種子を手に取り説明する山岳ライターの先生について屋敷林ツアー。雨の林の中、傘の彩りが美しい。
140330ishimaru2.jpg 140330ishimaru1.jpg 140330ishimaru3.jpg

民俗学的な観点から専門家の説明を民家の濡れ縁に座って聞く。
無理を言って突然お願いしてお話し頂きました。
こちらは午後だけ。
140330ishimaru4.jpg

茅葺き民家について専門の会員から説明。
140330ishimaru6.jpg

鷺宮で打ち上げ。

140329

シイ3号終了。
クス中1/4

リー君の会。
上野のふくまめで。
140329Lee.jpg

帰りの山手線。
豪快なおばさんたち。
どこかの旅行の帰りか。
トランクを見ると、
国内旅行か。
不思議と全然嫌みでない。
豪快な笑いが印象的。
140329Lee+.jpg
たまたまこれをご覧になったらごめんなさい。
でも嫌みがなくて良かったですよ。

140328

シイ2号 から シイ3号
さらに クス中 へ。

さすがに、丸一日木の上に立っていると疲れる。
良い天気。暖かい。

クス大が昨年の暮れに終わっているのが多少なりとも気持ちを楽にしてくれている。

140327

貴重な一日が雨。
午後,雨が止み、1時間半、シイ。

文化財ドクターの会議 JIA
インテリアコーディネーターの会議 インテリア産業協会

原子力には反対だ。
原子力を利用できるのは,数多くの生物の中で、人間だけで、其れを人間の英知だと思っている。
しかし、それは、多分、知として理解できる喜びを味あうのは良いとして、活用してはいけないことなのだと思う。
同じようにDNA操作なども、同じ事が云え得る。

そして、バイオやDNA操作にも反対だ。
一つ一つ繋がって、少し分かると次が分かる。其れを理解するとさらにその次が分かる。
科学の積み重ねとはそういうことだ。
だから連続しており、何処までが良くて、どこからがいけないか分かりにくい。
其れを良いことに無制限に科学的思考によって理解が広がる。
そして知り得たことを活用したくなる。

原子力によって、無限のエネルギーが得られるなどと云う。
無限のエネルギーを使おうとする方が間違っている。
有限のエネルギーの範囲で暮らしていくべきだ。
多少寒かったり、暑かったり、暗くても我慢すれば良い。

バイオ食品がなければ飢える人が出てくるという。
そう云いながら種子の独占により営利を目指している。
一方で飢え、他方で飽食。バイオ食品などに頼らず人は何とか飢えをしのげる。
しのげないならば、其れが地球上の人間の数の限界なのだ。

どこまでが良くて、どこからがいけないのか。
本当は,肉眼で見えて、手足で操作できる範囲でも十分と思っている。
其れでは狭すぎるというならば、
工学的顕微鏡や、望遠鏡なども含めて良いし、
操作としてはマジックハンドなども含めて良いかも知れない。
要はそれらの道具を手足を使って製作できれば良い。
また、別の言い方で、
小中学校の実験室でできないことはやめた方よいということかも知れない。

でも、大多数の人々は,折角の知識だからどんどん活用して、快適な生活をしたいと思う。
また、話し合って仲良くすればよいものを、
敵を脅して優位に立つことが平和を保つ唯一の方法だと考える人々がいる。
不思議とそんなとんでもない意見が通って、
何とか上手くいくかと思っているうちに後戻りできなくなって、
人類滅亡に向かう。

140326

シイ

見学会:明治神宮(神楽殿・外拝殿)見学会
講演:坂本功先生「木造建築の構造安全性 -戸建て住宅から五重塔まで-
じっくりと勉強させて頂いた。
懇親会

明治神宮参道
奉納された薦被り、ワインの樽もある。
 
140326meiji1.jpg 140326meiji2.jpg

沿道の側溝。
140326meiji7.jpg

神楽殿見学。
檜の神楽殿をガラスの皮膜で覆っている。
140326meiji3.jpg 140326meiji4.jpg

外拝殿の耐震改修。
長押の役割を構造材に復活,他。
140326meiji5.jpg

幹の太さはそう変わらないが、
こののびやかさ、
うらやましい限り。
落ち葉の時期の掃除は大変だろう。
140326meiji6.jpg

140325

航空運賃の支払い。

マテバシイ、シイ。
樹冠の枝が先日の雪で随分やられている。
また、中程のかなり太い枝が折れている。
それにしても、
この1年で、良くこんなに成長したと思う。
このエネルギーを何かに使えないかと毎年思う。

マレイシアとイタリアに外国郵便を認める。
マレイシアはお礼。
イタリアお話上手くいくと良いのだが。

そういえば今日は一枚も写真を撮らなかった。
珍しい日もあるものだ。
珍しい方がおかしいのかも知れない。

140324

学外委員会(ベターリビング):午前中

作業(モチ、マテバシイ), 飛行機の申し込み、メールの作成、返事。
書籍の購入。
探していた本は無かった。

学外wg(インテリア産業協会):夜
暖かい一日。
其れでも何となくぞくぞくする。
今日はほとんど杉花粉は飛んでいない。
札幌でもだめだから杉花粉ではない。

どうも温度の急変がだめらしい。
急に寒い外に出たり、
暖かい室内に戻ったり、
そのたびに目が痒くなる。

同じような人もいるらしい。
専門用語では何という症状なのだろうか。
温度変化過敏症??

寒暖差アレルギーというらしい。
これををおこしてしまうのは、
温度にあわせて身体を調節して適応させている自立神経の乱れが原因とのこと。

ものの説明によると、
「自立神経が対応できる温度差は約7度と言われており、
それ以上の温度差になると、
身体が自分では上手に適応できなくなってしまう。

一般的に、成人女性がなりやすいと言われている、
それは、女性は男性に比べて筋肉量が少なく、
体内で熱を作るのが苦手なため、冷え性になりやすく、
その冷えが自立神経の働きを乱してしまう場合が多いからだという。

アレルギーと名前がついているのは、
医学的に「血管運動性鼻炎」と呼ばれ、
アレルゲン(アレルギーをおこす原因物質)が見つからないものを、
寒暖差アレルギーというらしい。」

そうですか。
有り難うございます。

140323

墓参り。
鶴見、三田(2カ所)、三好町、両国、稲荷町。

変なもの。不思議なもの。
何に使う建物なのだろう。少なくとの2階分のシャッター。
それにしてもこの間口の狭さ。
好きに描いて下さいというところか、錆びたトタンの波板によく似合う。
名前は「蟻鱒鳶ル」とあった。三田普連土学園の向かい側で、住みながら?鉄筋コンクリート工事中。
140323Qu1.jpg 140323Qu2.jpg 140323Qu3.jpg

140322

中野たてもの応援団の3月30日の催しの下打ち合わせ。
何か今回は多くに人が参加してくれそうだ。
天気に恵まれると良いが、
西側と東側。いつも余り写真にならない。
冬枯れの中でしか撮れない。
年を経たケヤキの幹には威厳がある。
140322hoso2.jpg 140322hoso3.jpg 140322hoso1.jpg 140322hoso4.jpg

そういえば今日の夕方真っ黒な雲が出ていた。
特に天気も崩れなかったが。


140321

天気はよいが風が強い。

リンゴ倉庫の保存に対するメールのやりとり。
航空券の取り直し。
払い込み。
結構重なるとバカにならない。
休みが続くからコンビニ決済。
コンビニによってやり方が違う。

植木屋 モチノキ 大小 大は半分ぐらいか。
去年切り損なっているからかなり生長してしまった。
体が冷えてしまった。

問題の打ち込み半分終わる。
昨日は遅かったから今日は早く寝よう。

140320

道路脇の雪の壁、
この季節になると余り美しいとは言えない。
でも、ケーキみたいだという食いしん坊もいる。
140320SW1.jpg 140320SW2.jpg 140320SW4.jpg

郵便局で、灯油代振り込む。
昼間は良い天気。陽が吹き抜けに差し込む。
140320SW5.jpg


学内会議✕3
またドジな新発見。

研究打ち合わせ。
合わせて建物の保存打ち合わせ。

帰りがけ小雪がちらついていた。
まだ暫くは雪を見ることができそうだ。
140320SW6.jpg

月末は忙しそうだ。
お彼岸の墓参りもあるし。

事故有り、夜中の2時帰宅。

140319

今日は卒業式。
女性が多いと華やかです。
140319Gr2.jpg 140319Gr3.jpg

リンゴ倉庫、中野の茅葺き民家と少しずつ進展。

祝賀会。アルコールが無いのがちょっとさびしい。
140319Gr4.jpg

午後の中島公園、まだ池に穴は開かない。マンションの廊下。夕日が差し込んでいる。
140319Gr5.jpg 140319Gr6.jpg

立っている人もいるのにこの態度。
140319Gr7.jpg

祝賀パーティー。
写真は撮るのも撮られるのも楽しいのだ。
140319Gr9.jpg 140319Gr8.jpg

今日はHBK教授の誕生日。
140319Gr1.jpg

最後の赤いカクテル、ブラッドメアリーのウオッカの代わりにビールをちょっと入れた飲み物。
軽くて良い。

140318

随分暖かくなったと思う。
一年後の今頃、部屋を空っぽにしたい。
前回は中途半端だったが、
今回はハッキリしている。

それでも本は捨てられないとか、
残しておきたいものもあり、
はてさてどうなるか。

煉瓦倉庫上手くいくと良いと思うが。

140317

締め切り日。
長蛇の列。

大学で打ち合わせ。

倫理委員会。

140316

書類ができて、
あとは提出のみ。
植木屋少々。
モチノキ。

サンシュの花が五つ咲きました。
140316sansh.jpg 140316sansh2.jpg 140316sansh3.jpg
日陰に弱いのか毎年小振りになっていく。

140315

確定申告。
高円寺へ出て、
南口、随分ビルが増えたな。
140315arai.jpg

荒井先生の米寿の会の準備会。
K.I.H.T.H.K 6人
梯子して、臣公の店。
140315arai2.jpg

日本人的性格
身内が良いときは、
仲間だと云って得意になって押しだし、
仲間意識が強い。
ちょっとたたかれても、
勝てそうなときは、
身内!身内!身内!と強気。
しかし、
ひとたび旗色が悪くなると周囲に媚びへつらって、
今までの身内を率先してこき下ろす。
今回もそんな姿が見える。
嫌悪感。

140314

気温は高いが雪がちらついている。
何となく校内が静かだ。
バス停前を盛んに排雪車が行く。
(排雪:除雪した雪を捨てる)
何処に捨てに行くのだろう。
140314haisetsu.jpg


保存の話、ちょっと遅かったか?
でも、最後まで頑張ってみよう。

夏に友達が、北海道の大旅行の計画を立てている。
一部でも参加したいところだが、
まだ大学は夏休み前だと思う。
上手くいくか?

また飛行機が遅れた。
25分遅れと掲示。
実際には40分遅れ。
帰れたから良いけど。

140313

研究打ち合わせⅠ、修士について。
研究打ち合わせⅡ、博士論文並びに技術報告集について。
曳き家についての問い合わせ返事が来る。
隣の部屋の望月先生の最終講義。
興味深い写真のコレクション。
ゆっくり見てみたい。

記念パーティー。
クローバーホールにてパーティー開催。
パーティーの様子。望月先生の御挨拶。
大学の近くで一杯飲んで帰る。
140313mochi1.jpg 140313mochi2.jpg 140313mochi3.jpg 140313mochi4.jpg


八代さんからお祝いの酒。
学内で初めてのアルコール。
良いことだ。

120312

午後から雪が降っている。
アスファルトの上は積もらない。
東京の雪と同じようだ。
講談社から本を出す打ち合わせに行っていたとき、
伊吹さんの本を貰った。
料理作りの本だったが、
政治家として、
こんなに時間が取れるのかと思われるほどの料理作りが書かれてあった。
しかし、そこにはしっかりと人間性が出ていた。
まともな考えを持つ人が、
次第に離れて行けば良い。
時代錯誤の取り巻きが露わになってくるだろう。
防波堤を築いているのは?
周りでうろちょろしている者たちの組織作り、
その資金の調達は?
其れが分かってくれば、
目の前の景気を餌に国民を弄ぶその陰の目的が
次第に、
よく見えてくるだろう。

食わしてやると言えば何も文句をいわない国民。
結局、国民総生産がどうのと云っても余裕の無い国なんですね。

夜の中島公園
140412naka.jpg

140311

ただただ忙しい一日。
丁度あれから3年経ってしまった。
今日は冥福を祈って静かに過ごせればと思っていたのに。

神戸に比べて復興が遅れている。
そうなると思っていた。でももしかしてと期待もしていた。
災害が広範囲に及んでいる、人口密度が小さい、経済の要でない。
日本経済に与える影響が大きくない。
しかし、其れは近視眼的な見方で、
考えている以上に大きな影響を与えているのかも知れない。

明治維新の頃、
東北から何人かの政治家が中央に出て、
活躍した。
今回そんな人も出てこなかった。
何か日本人は腑抜けになりつつある。
日本は教育程度が高いといわれていた。
でも最近の社会を見ているとんでもないと思う。
ただ少し金勘定に聡くなっただけで、

これでは江戸時代の寺子屋の読み書き算盤と何処が違うのか。
その分、人間の心を忘れてつつある。
もちろんそうでは無い人も沢山いる。

現代に毒されてない人が住んでいた地域が被害に遭った。
その被害は甚大である。


日本の良さを残すための出費。
そんなことが考えられなくなってる。
勿論、そんな項目を立てる必要はないが、
実質的な効果があれば良いが動きが殆どない。
原発に対してはいろいろ書いてきたが、
責任は誰も取ろうとしない。
取ろうとすると邪魔をする。
おざなりな除染作業。
暴力団まかせの派遣作業員。
被害への対応は、
次第に更におざなりになると思える。
莫大な金を握っている強さとしかいえない。
大人のそんな姿を見て子供達は育っている。
大人になって、
何だったのかと批判することができるように育ってくれれば良いが。

140310

航空運賃
K病院、何とか無事済む。
国際学会アブストラクト提出。
ちょっと反応があったみたい。
確定申告頑張ろう。

何故か木戸に西陽が当たっている。
140309kido.jpg

140309

喜び勇んで出かけていった人がいる。

物足りない食事。
アブストラクトはぎりぎり間に合いそうだ。

確定申告に手を付けた。
何となくやる気がなくなるが、
やらざるを得ない。
多分、今年と来年が大変だ。

140308

白鷺S邸調査。
140308hoso1.jpg

ヤマセンの劇鑑賞。
どじょうで一杯。そしてもう一軒。
楽しく飲み過ぎた。
夜の仲店はガラガラ。
昼間は人が蠢いていて、
かき分けながら進んだのに。
140308askusa2.jpg 140308askusa1.jpg 140308askusa3.jpg


140307

朝の中島公園
駅には人っ子一人いない。
140307sapporo2.jpg 140307sapporo1.jpg

学内会議 
大学院生の修了もきまり。
あとは卒業式。
C棟の展示。
140307SCU.jpg

今日も雪模様だったが、
夕方には止み、
道路にはアスファルトが出ている。
もう3月だな。
しかし、歩道との間には背丈を超える雪の壁。
140307sapporo3.jpg


スキンの論文の日本語のアブストラクトができる。
何とか間に合わせたいものだ。
月末はやすもう。
確定申告と植木屋が3月の課題。

140306

一日中雪が降っていた。
夕方からは風も強く寒い。
雪は綺麗だけれど、
雪がいろいろな妨げになり、心配を呼び起こしたり、
弊害が生じる。
こちらに来てふた冬目だが、
不思議なくらいこれと云った交通事故も見ない。
誰も平気でスピードを出す。
バスも夏と同じスピードで走っている。

でも怖い話は時々聞く。
道の真ん中で360度回転してしまったとか。
付近に車がいなくて良かったとか。
側溝にはまって動けなくなって、
大変な目に遭ったとか。

テレビは、
お医者さんの番組と、
警官の話ばかり。

査読結果を報告した。
自宅のメールアドレスと組になったパスワードがあるが、
大学からはメールできない。
メールアドレスの変更をして貰った。
また、そのうち元に戻さなければならないだろう。

140305

雪が降って札幌の冬らしさが戻った。
しかし細い木の枝にも雪が付いている。
サラサラではないと云うことだ。
湿気た重たい雪なのかも知れない。
それでも傘はなくても大丈夫だ。
140305scu.jpg

研究打ち合わせ。
査読読み直し。
また書くことが増えた。
帰りも雪が降っていた。

日本は独立国家だが、
戦後独立の時の密約が尾を引いて完全に独立し切れていない。
半分アメリカの属国のようなところがあるのは否定できない。
その状態から本当に、
独立するためにはアメリカを頼らなくて済むだけの軍事力が要ると考えている人々がいる。
特に、そのために必要なのが核兵器だと真剣に思っている。
核兵器と数隻の原子力潜水艦。
其れのみが日本を救うという考え方である。
原子力発電を続けることも六ヶ所村の施設もそのための必要施設なのだ。

確かに、ロシアなどを見ていると、やはり力はなければだめだと思う。
いわゆる弱肉強食の思想である。
しかし、それでもその力を発揮する方法は軍事力とは限らないのではないかといいたい。

一方、アメリカが守ってくれると思って、やたらアメリカよりになる人も多い。
右も左にもそういう人がいる。
しかし其れは甘い。

さて、最悪なシナリオが書かれて、
平和が維持できなくなったとき、日本ほど潰しやすい国はない。
其れを間に合わない振りをして暫く見守り助けないことは十分あり得る。
日本列島の人間が死に絶えて日本が無くなって、
そこまで行かなくても核兵器で、
大都市の五つか六つが壊滅しても、
痛くも痒くもないというのが、
アメリカであり、中国だろう。

もし、世の中が、弱肉強食の思想に支配されているとする考えをとるならば、
徹底させて、そこまで考えておく必要がある。
島国で、その存在する位置を考えるとそんなことまで憂慮される。

しかし本当にそれだけが唯一の方法だとは思わない。
もっとしたたかに独立を全うする方法があるのではないか。

日本がそうなると困る国、困る人を世界中に沢山つくれれば、
其れもこれからの有力な一つの解決方法だと覆う。

書き直すかも。

140304

昼間は晴れていたが夕方から雪。
すぐ白くなる。
粉雪でさらさらしていた。
スケートリンクよりは良い。

バスの中から2枚。
丁度今頃に季節始めてい札幌市立大学に来たとき、
この東屋で、初老の人が数人ベンチに腰掛けて話をしていた。
北海道とは凄いところだと思った。
巨大な涅槃仏がちらっと見える雪の衣を着て寒そうだ。
140304azumaya.jpg 140304nehan.jpg


ウクライナも行った。キエフ。
ウクライナでロシア民謡を得意になって歌っていた人がいた。
気分を害した人もいたはず。
どうなるのか。

140303

あっという間に3日。
ひな祭り。
今年は女の子が一人増えた。
宙ちゃん。

親爺の命日。
あの年も今年と同じで寒かった。

3月もどんどん過ぎていきそうだ。
何で用事は減らないのだろう。
一つ一つこなす速度は遅くなるし一日がどんどん過ぎていく。
Walter Gropius の Apollo in the Democracy を読んでいる。
ごく最初の部分はかなり抽象的で、
その時代にどっぷり浸っていない限り実感は難しいのではないかと思う。
ライト、コル、ミースの人物評、
日本のことなど心を新たにして読んでいる。
市立大学に縁がなければ読まなかったのではないかなと思う。

140302

我が家の雪害。
太い枝が折れてしまった。
可哀想な事をした。
骨接ぎみたいなことできないかなと思って、
繋いでみた。
3カ所繋いだ一つぐらい繋がってくれると嬉しいのだが。
それに瓦が一枚落ちた。
雪の上に落ちたので割れなかったが。
140302setugai.jpg

霙ちゃんが家出して見つけた第二の家。
そこににもいなくなって、
遠くに行ってしまってから何年経つのだろう。
高いところに登るのが好きだった。
植木屋をしていると、
細い枝の先まで登ってきてじっと見ていた。
襖の被害も馬鹿にならなかったが。
その近くのパン屋さん。
週一日だけ開いているようだ。
美味しいそうだ。
140302mizoreh2.jpg 140302pan.jpg

プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR