FC2ブログ

130731

深尾精一先生の講演
寸法・グリッドについて卒業設計から40年間の話。

臑の湿疹は皮脂欠乏性湿疹だった。
今日で7月も終わり。
スポンサーサイト

130730

大学院講義最終回。

写真:エフェソスかな?それともペルガマ?
いずれしても秋。 1969年。
かなりネガにカビが生えていた。
130730efe.jpg

エジプト 1969年晩秋。
130730kar.jpg

130729

ネガフィルムのデジタル化。
今日はフイルム5本分(36枚撮り)しか進まず。
先が思いやられる。

長いおつきあいです。
130729haru.jpg

ペルセポリス
1969年
130729pepo.jpg
フィルムは40年以上経っても何とか見れる。
でも相当傷んでいて限界。
厳密にはとっくに限界を超えている。

130728

試験問題の修正に意外と時間を食う。
あっという間に1日が過ぎ、
出発の時間。
130728SM.jpg

さて、何を食べようか。
外れまで来ると選べるほど店もメニューも無い。

人と人:
人との繋がりのパイプ。
切ったり、切られたり、
でもつかう使わないは別にして
パイぷを確保しておくことは重要。

自己:
感動が言葉になる。
俳句、何でやめたのかしら。
言葉にすることの無意味さ、
確かに感動して、表現しなくとも良いと云う気持ちも分かる。
感動しなくなる。
そして、つくる目標がどこにあったのだろう。

130727

軽井沢の聖パウロカトリック教会で義母の葬儀告別式
本当の見事に母だけのためのミサ。
有り難うございました。
130727f1.jpg 130727f2.jpg

一人で頑張っていた頃に比べて、
病院に入ってからの衰えははやかった。

四十数年間にいろいろな思い出をもらい、
様々なことを教わった。
子供達にも。
孫にも少し。
有り難うございました。

それからご出席頂いた方々も有り難うございました。
130727f3.jpg

祖母、祖父、父、義祖母、義父、母、義母と。
いよいよ我々の代だが、
生き方も死に方も難しい。

死後の世界など信ないが、
何故か冥福を祈っている。

130726

卒業研究中間発表
宇都宮大学で、卒業設計が終わり、いよいよ卒業論文が開始されることを考えると、
十分に進んでいる。プレゼンテーションも悪くない。
これからどれだけ時間が掛けられるかだ。
夏休みをどう使うかだが、その辺に差がありそうだ。
130726chukan1.jpg 130726chukan.jpg

1970年春先。トルコにて?
懐かしいな。乗っているのは誰でしょう。
これからこういう写真が沢山出てきそうだが、
実はほとんど建物の写真ばかりだったと思う。
130726alf.jpg


130725

ネガフィルムデジタル化
やたら時間が掛かる。
スキャンの範囲やファイルへ効率よい保存の仕方など、
機器の扱いは大体理解出来てきた。
しかし、四十数年経つと、
フィルムも相当傷みが出ている。
当然かも知れない。
しかしプリントしてなかったものは初めて見る新鮮さがある。
感激しながらやっている。

大通りで用件を済ませて、
JIA北海道支部の事務局でテレビ会議
文化財ドクターの会議。
だいたい月一。
しかし、東京と、関西と、東北と、鹿児島と、札幌とが、
滞りなく会議を行えるのだから凄い。
大分慣れてきた。
一日小雨模様。
でも薄日も差していたが外は薄ら寒い。

130724

8時前に大学に着いた。
地下鉄もバスも空いていていい。
ネガフイルムデジタル化を始めた。
時間が掛かる。
1969年のネガ5本をデジタル化。
少し色があせているのは年のせいか?
それはともかく何百本とある。
ファイルの作り方に工夫がいりそうだ。

予定が次第に決まる。
少ない家族がまた少なくなっちゃった。

美術館「仕立屋銀次」の本を届けに行く。
ついでに見せて頂く。
特別展示「絵からとびだしておいで」をやっている。9月8日まで。
コヒーセットなかなか美味しかった。
安田侃の彫刻で楽しむ子供達。
楽しいだろうな。
大理石の感触も忘れられないだろうな。
130724kotei2.jpg

切り株から芽を出す。
同じ樹種なのかは分からない。
130724kotei1.jpg

不動産屋によって継続の申し込み、
正式には来週。
大学で残った仕事をかたづけて帰る。
学生も中間発表を目標に頑張っている。
130724SCU.jpg

今夜はコンビニ弁当。

小雨。寒い。

130723

いろいろあったけど、、今日は、余り書く気にならない。
また、日を改めて。

130722

選挙結果は、
はなはだ面白くない。
身近な景気は良くならなくとも、
景気、景気にそんなにこだわるのか。
それしか頭にないようだ。
でも、国の景気は良くなってもこの低迷は恒常的に続く。
ますますひどくなる。
そのカラクリが気になるところ。

私のように、
景気はそこそこで十分、
活性化しない方が良いなどと云っても、
誰もウンとは言わないと思うが。

雑用をして、
インテリアの修正原稿と見直し箇所の赤入れをしたものを届け、
書店、
論文のチェック。

外は蒸し暑いが電車の中は寒いくらいだ。

130721

参議院選挙
朝済ませる

「いつまでも中野に有り続けてほしい家・店がある」2  
門 二題。

130721kita5a.jpg 130721kita4.jpg 130721kita1.jpg

そして、建物。
130721kita3.jpg

公園の記念樹木
植えてすぐ弱ってどうなるかと思っていたが、
丹精甲斐があって、
基の幹は枯れたが、
脇から出た枝が立派に樹形をなした。
130721kita2.jpg          無題 130721kita6.jpg

130720

昨日の続きでパワーポイントづくり。
試験問題の修正とチェック。

涼しいので少し歩く。
ウツボエイリアンの様に歯の並びの内側から歯が出て来る。
この花を見てそれを思い出した。花の中から花がでている。
しかし噛み付きそうもない。
130720higashi3.jpg

昔は道路が向こう側に通じていた。
幹線道路ができて分断されてしまった。
良くあることだが、
迷惑を被った人もいたことだろう。
70年近く経てばそんなことも忘れられてしまう。
130720higashi1.jpg

正面の大きなは、
道路の分岐点に立っている。
伐採することになっていたが、
住民運動で残ったらしい。
通る度に良かったねと言うことにしている。
130720higashi2.jpg

サボテン一題
130720higashi4.jpg

130719

パワーポイントづくり。
結構時間が掛かる。
単純作業で眠くなる。

インテリアの委員会。
こちらも結構時間が掛かる。

デトロイト市が破綻した。
前から言われていたことであるがいよいよ始まった。
連鎖現象が起きなければ良いのだが、
かなり危険な状況だと思う。
大企業で繁栄した市が、
最後には大企業につぶされたと言えないだろうか。

そうならないように日本はその後を追ってはいけない
書店で、日本の医療を世界の商売にするような新書が置かれているのを見たが、
馬鹿なことはしない方が良い。
儲かれば良いものと、
良くないものがあるにそのけじめがなくなった。
種子の特許専売などその良い例だ。
そういうことをしてはいけないということこそ教育の根本だと思うが、
だから、公共教育をつぶして好きに教育出来てしかも儲かる学校教育に投資を始めた。
しかも奨学金で破産者をどんどん増やしている。

しかし、今夜は涼しい。
また、暑さがぶり返すのか?

130718

英文の契約書を読む。
なかなか面白い、
お金の単位が分からない。
検討中。
カタログ請求の手続き(未完)。
来週の講義の用意を始める。
図の作成。
研究室のスキャナー取ったものが画像にならず、
pdfにしかならなのが不便(前も一度書いた)。
フォトショップに入れ込めない。
パワーポイントに使えな。
手間暇が掛かってしまう。
今日は午後少し暑かったが、
夕方は寒いくらい。
夜はカレーとナン。

130717

事務書類の提出。
研究科教授会

スライドスキャナーを動かしてみる。
何とか成功。
枚数を調べてみないと分からないが、
相当な時間を要する。

特許について考える。
特許とか印税とかは現在の常識。
しかし、江戸時代には無かった。
江戸時代に無かったものは疑ってみる価値がある。
創造した人は保護されても良いが、
必要以上に儲かる必要もない。
極端に言えば成功した喜びを満足できれば良い。
それが他人や、他の国に横取りされて、
その誇りが奪われてしまうなどということはあってはいけない。
また、独占企業化している“種の特許”とか人間の命に関わるものは解放すべきだし、
それで儲けるるなどということは論外である。
それが平然と通る社会というのはどこか狂っている。

改憲について考える。
この時期、何でマスコミは改憲について取り上げないのか。
籠絡されているからだとしか言えない。
段々アメリカみたいになってきた。
その意味で原発問題の対応も大切だ。

アメリカに近くなってきた。
そのアメリカにしっぽを振っているが今の内閣。
金権政治!
何故マスコミは叩かない、
それだけマスコミも籠絡されているからだとしか言えない。

株式会社は何故急に株主中心主義になったか?明日の話題。

すすきのの風鈴売り。
130717furin.jpg

130716

大学院講義
研究交流会の書類づくり。

藤森照信の書いた今和次郞「日本の民家」の書評に、
今が、最終的に心惹かれていたものについて書いてあった。
大変親しみを感じた。

小学校の時
400mトラックの北側に松林があって、
良い遊び場だった、
雪の日の雪合戦の戦場。

多少地面に凹凸があって、
自転車を乗り回すのも面白かった。
でも一番印象に残っているのは、
草の家
なかのよかったH君と木の枝で骨を造り、
ススキをナイフで刈って小さな竪穴住居を造った。

正確には地面を掘ったわけではないから、
竪穴住居とはいえないが、
外観はそっくりだった。
放課後暗くなるまで掛かってつくった。
何度か繰り返し、
一度は日曜日に二人で出てきてつくったような気がする。
中で二人で座って余裕がある広さで、
外の光は漏れないほどすすきの屋根壁は厚かった。
ナイフは禁じられてなかったように記憶する。

二人の秘密の家
数日すると自然に壊れたのか誰かが壊したのか無くなっていたが、
あまり気にならならなかった。
つくるのが楽しくその後は特にどうでも良かったような気がする。
数編繰り返しているうちにまとまったススキも無くなった。

つくるのに下校時刻ぎりぎりまでいた。
夏は十分明るかったが、
冬は真っ暗、
食堂に行くと余った給食のコッペパンにジャムとかマーガリンとか塗ってくれるときもあるが、
勿論、余りがなければありつけない。

ススキで、もう一つ思い出は、弓矢である。
これも松林の中で選んだ木の枝に蔓草を渡す。
その内、家からヒモを持ってきたような気がする。
矢は、ススキの茎だ。
これがまた良く飛ぶ、
3階建ての本館の屋上に届く。
はじめはなかなかそこまで飛ばなかったが、
Y君のが届き悔しくて作り直した。
弓よりも矢方が飛ぶ距離に影響したのを覚えている。

ともかく飛ぶ弓と矢を学習して、
かなり優秀な性能を持つようになる。

ものづくりは何でも好きだったが、
中には入れる空間は特にお気に入りだった。

藤森さんの書評を読みながらふとその草の家を思い出していた。

130715

筍狩り、あるいは筍退治。
何度か書いたが少し説明を加えておく。

これは我が家の真竹の筍のはなし。
何も食べるために筍を採っているのでは無い。
放っておけば、
我が家は竹林の中に埋もれてしまう。
ここのところ毎年数百本取り除いている。

元々、息子の健康を思って、べったら市の縁日で竹と笹を買った。
竹は裏庭に、笹はかみさんの実家に植えた。
今は笹も我が家に移ってきたが元気が良すぎる。

裏にあった時毛虫が付いて、狭いところを抜けて通ると痒くなるので南に移す。
植木屋さんに根がはびこらないように根囲いを頼んだ。
しかし数年後、囲いを抜けて竹が広がりだした。
しかしその威力実感した人で無ければ分からないと思う。

ということで今日も一汗かいてしまった。

130714

久しぶりに宇都宮
かんかん照りの青空。
クーラーの効かない車。渋滞。
大学生時代の初瀬通いを思い出すな。
後ろの窓もフィックスのVWに5人乗って。
あの頃、エアコンの付いてる車なんてなかったものな。
次の車もエアコンが無かった。
そういえば、林昌二さんも随分長いことエアコン無しの車で頑張っておられた。

一つ目の用事を済ませ、ベルモールで昼食。
駐車場には難なく入れたが場所を見つけるのが大変。
それも何とかなったが次は食べる店がどこも順番待ち。
こういうのが苦手。軽食で済ませる。
その後、久しぶりの宇大建設棟
倉庫に置いてある古い書類の整理。
建設棟もそろそろ改修の時期とかで整理が必要。
きっとかなり綺麗になるだろう。
書類の1/50ぐらい持ち帰り後は処分してもらうことにする。
5階でちょっとおしゃべり。
帰りに夕立
帰宅時は雨無しで荷物の積み下ろしができたがその後、土砂降り
雨で涼しくなったが夜になってまた暑い。
蒸し暑い。
変化に富んだ天気。

130713

C棟前の黄色い花が真っ盛り。アカツメクサも混じっている。
芸術の森の睡蓮も輝く葉の中に赤い花を咲かせている。
130713pshima1.jpg 130713pshima2.jpg

芸術の森美術館工芸館展示ホールで島崎信先生のギャラリートークがあり聞きに行く。
前にお目にかかった時のステッキはお持ちだったが、
大変お元気そうだった。久しぶりに先生ともお話しした。
100の椅子が展示されていて座って座り心地を確かめられる。
130713pshima3.jpg 130713pshima4.jpg

島崎先生のトークの始まり。
130713pshima5.jpg

1時間半のトークのあと、
作品に対する講評があった。
家具に対する講評を聞くのは初めてで大変興味深く聞かせて頂いた。
130713pshima6.jpg 130713pshima7.jpg

「君の椅子」のプロジェクトの代表磯田憲一の説明。
なかなか良いプロジェクトだと思える。
130713pshima8.jpg

司会者の説明が長いのが気になった。

今和次郎の「「日本の民家」を読んだあと、
堤未果の(株)貧困大国アメリカを読んでる。
日本が後を辿らないためにどうすれば良いか。
アメリカの禿鷹グローバル企業と、
中国の腐敗官僚企業の壮烈な戦いが始まるかも知れない。
日本はどうするの。

130712

それほど暑くなく良い天気。

s先生と空気銃の話しているうちに何故か福島原発の立ち入り禁止区域の話になった。
現在、狸とか猪と鼠かがうようよしているという話から、
そういえば、怪獣のゴジラも放射能で生まれたのではなかったかなという話になった。

10年20年の立ち入り禁止の期限があけるまでに鼠は何度生まれ変わるか数え切れない。
二十日鼠なら二十日で一人前。
突然変異で巨大化した牛のような鼠が出てきておかしくない。

放射能に抵抗力があって、放射能のを浴びると心地よくその味が忘れられないとすると、
大きくすばしっこく何でもかじる牙をむいて、
各地の原発を群れをなして襲うことになる。
そんなこと起きそうだと思いませんか?

鼠のネジラがそのくらいで済んでも、狸のタジラ、猪のイノラはもっと恐ろしい。
巨大化した鳥は世界各地の原発を襲う。
東電はその保証を国に頼むがもはや誰も相手にしない。

130711

札幌ファクトリーで用事。
帰りがけ吹き抜けの両側に一杯の人、
何か始まるのか分からない。
130711SF.jpg

そこそこの夏らしさ。

選挙の街頭演説。

まだ、コースの中がつかめない。
宇都宮大学だったら、
声を掛ければ1年生は無理でも2,3,4,それに院生は大半集まるんだがな。
どうも勝手が分からない。
学部学生の方も私を知らないと思うし、
私も学部の学生を全くといって良いほど知らない。

東急ハンズで、
バスタオルも干せる折りたたみ式物干しを買う。
130711sentaku.jpg

130710


昨夜は久しぶりに楽しく飲めた。
良く寝たのにまだ眠い。
ちょっと飲み過ぎかな。

昨日に比べて大分涼しい。
ちょっと何か引っかけていないと寒いくらいだ。

今日は高田さん特別講演
14:50~16:20たっぷり建築の話を聞けた。
学生にも自分たちと同じ年頃から始まる話で考えるところがあったと思う。
質問もそこそこ。
130710takata4.jpg 130710takata1.jpg 130710takata2.jpg 130710takata3.jpg 130710takata6.jpg

札幌駅まで羽深教授の車で、金子さんも一緒に高田さんを送る。
途中で上遠野さんの家を外から見せて頂く。
是非ともまたゆっくり見せて頂きたい建築である。
130710takata5.jpg

札幌駅で食事。
日帰りは大変だろうな。
写真ボックスで写真を撮り、
少し早かったので中島公園の池を一周して帰る。

130709

大学院講義。
全員参加。

宇大建築北海道会
予想以上に盛り上がる。
楽しかった。
130709UH.jpg

しかし、札幌も結構暑い。
29℃ぐらいあるかな。

130608

銀行、郵便局
朝昼美味しいお蕎麦。
校正終わり原稿を返却。ほっとする。
やたら眠い。
今週は盛りだくさんで忙しいのだが。

TPP環太平洋戦略的経済連携協定: Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement または単に Trans-Pacific Partnership, と棚田の関係。棚田を残すのにはどのような働きかけが必要か・

梅雨が明けてから夕立が来るようになった。
といってもまだ2日。
それは昔からのことだが、
その夕立がゲリラ豪雨ですさまじい。
雨量表示が真っ赤になっている。
昔の宇都宮みたいである。
夕方からの学会で、
腰から下がびしょびしょで列車に乗ったことがあった。

そうなんです、憲法というのは国家権力を拘束するためにあるのです。
改憲論者は何か全く誤解をしているようです。

130707

今日は七夕
暑い。
TVニュースによると熱中症900人。
急に暑くなったから体がついて行けないのだろう。
北海道に行くと涼しい。
でも北海道の人は暑いという。
体が違っているのかも知れない。
涼しさを楽しむには行ったりきたりが良い。

狩り、
ヤブ蚊対策で長ズボンに上着を着てやったらサウナ。

選挙のポスター。
はっきり憲法について表明しているのは1人。
はっきり言えないということは、
自分の首が繋がればどうでも良いと言うことととられてもしょうがないだろう。
130707senkyo.jpg

Facebook「にいつまでも小樽に有り続けてほしい家・店がある」いうのがあるけど、
いつまでも中野に有り続けてほしい家・店があるシリーズを始めよう。
まずは地味なところから。
130707NH001.jpgNo.001 130707NH002.jpgNo.002

近くに所々狭い道がある。
行き止まりかなと思うと通り抜けられる。
130707michi.jpg


130706

西麻布のLe bainにエドワード鈴木さんの“Reflection on GOod DESIGN”展を見に行く。
水もに写る空や木々のゆらぎ。
良く時間が取れるなと思う。
会場もなかなか洒落ている。
次は墨絵に挑戦ということで、
今年になってからはじめた墨絵も見てきた。
130706ED1.jpg 130706ED2.jpg

帰りの新宿行きのバスまで時間があったので、付近をウロウロ。
駐車場のど真ん中にバスケットコートがあった。
そこに小さいネットを立てて外人親子で遊んでいた。
お父さんは上手いんだ。
見ている間にその子供用のネットにロングシュートを何遍か決めた。
130706ED3.jpg

梅雨前線が北へ上がり、
梅雨あけ
暑い。

130705

あまりさえない天気だ。
北海道は梅雨がないと聞いていたのに、
なかなかどうしてからっとした天気が続くとは限らない。

第18回リフォームリニューアル 建築再生展
国際展示場駅のコインロッカーは全くお話しにならないくらい貧弱。
お陰で良い運動になった。
人の入りは悪くないようだ。
今年はアイデアコンペがないのでちょっと寂しい。
「NPOまちはなねっとわーく」のブースも頑張っている。
130705machihana.jpg 130705machihana1.jpg 130705machihana2.jpg

静岡からもお客。
130705machihana3.jpg

閉会の時間となって片付け出すとその早さはすごい。
瞬く間にさらの状態なってしまう。

あやしげな雲。
でも降らなくて良かった。
130705kumo.jpg

130704

朝のバス。
いつもよりちょっと遅いバス。
混んでいたが何とか座れた。

大学院棟の裏側の砂利の中に、
木の皮に付いたを見つけた。
多分苔だと思うけど。
狭いところに乗り合わせて、
七福神の宝船のようだ。
数はもっと多いな。
小さいけれども七十福神の宝船だ。
130704moss1.jpg 130704moss2.jpg 130704moss3.jpg
130704moss4.jpg 130704moss5.jpg 130704moss6.jpg
130704moss7.jpg 130704moss8.jpg 130704moss9.jpg

一日中原稿の校正
それでも随分進んだ。
ちょっと直しすぎかな。
特に自分のところ。
 
夕ご飯、ちょっと食べ過ぎた。
前と同じもの注文しているのだから胃が小さくなったのか。
そこし少なめにするか。







130703

梅雨空。風も強く薄ら寒い。
問題の訂正。3日続けて郵便局。
来週の段取り。
夏の研究発表はネパールか明日館か。
コンピュータ-の整理。
要領の80%を超えているメールの整理
でもまだ改善されない。
校正。
100ページ近くある。明日が勝負か。
夕食はカレー。
テレビ見ながら仕事。
雪道のドリフト楽しかったな。
カブトムシのころだから何十年前だろう?

130702

大学近くのマンサード屋根の小屋の周囲にも夏草がしげってきた。
130702koya.jpg

パリを恋して 生誕100年 ロベール・ドアノー展をちょっと覗く。
二眼レフのローライ.フレックスで上から頭を下げて移す。
「向かい合って写すのは攻撃的でいやだ」という説明が印象的。
釣りのようにゆっくり時間を掛けて撮る。
カラーの写真も少しあったが大部分モノクロの身近ではないが何か懐かしい写真。
肖像写真も良かった。
感動した。兼松さんは見たのかな。
ヴォーグの専属カメラマンだったこともある。

いつの間にか真駒内川の対岸の木々は鬱蒼としてきた。
130702wood.jpg

木の葉の重なりも深くなる一方、虫たちも元気に活動を開始している。
130702happa.jpg 130702mushi.jpg


プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR