FC2ブログ

130531

今日で5月もおしまい。
コース会議。
午後ちょっと遠出。
スポンサーサイト

130530

函館調査二日目。
坂が多いので足が棒になる。
昨日の雨が朝まで続いたが回復。
青空が出て、傘いらず。
旧函館郵便局、日本郵船倉庫、金森倉庫群 ついでに旧近藤商店
函館市水道局元町配水場管理事務所
130531suido1.jpg 130531suido2.jpg

太刀川家住宅店舗、ついでに前田家住宅
130531mise.jpg

など多数。整理に時間が必要。
130531ishi1.jpg



130529

函館:
旧開拓使函館支庁書籍庫(煉瓦造)、
130530shoseki1.jpg 130530shoseki2.jpg 130530shoseki3.jpg

ついでに旧函館区公会堂、旧北海道庁函館支庁庁舎も見る。
旧イギリス領事館(煉瓦造)、
ついでに相馬家住宅外から。旧海員ホーム遠望。
元町カトリック教会聖堂(煉瓦造・鉄筋コンクリート造)、函館ハリストス正教会復活聖堂、
函館市文学館(鉄筋コンクリート造・煉瓦造)、ついでに相馬株式会社、奥島家住宅。
コーヒーハウスJOE(煉瓦造),ついでに民宿室屋。
太刀川家住宅店舗(煉瓦造)
茶房ひし伊(石造・土蔵・鉄筋コンクリート造)
その他多数通り掛かりに見る。
坂が多い町だ。

130528

土筆がこんなに密生してるところ初めて見た。
130528tukushi.jpg

札幌は広そうで狭い。
明日は午後から函館の天気が怪しい。
早い出発にして良かった。
汗ばむ陽気だったが風が強くなり涼しくなる。
排雪所にはまだ雪がかなり残っている。
130528yuki.jpg
夏の暑さしのぎに使う手はないか?

130527

中野たてもの応援団。
昨日のイベントのお陰で、新入会員があった。
明日はサッポロの組積造の調査予定。
29,30は室蘭の組積造建物の調査予定。

130526

屋敷林の中の茅葺き民家の見学と、
中野区登録無形民俗文化財の鷺宮囃子を楽しむ会を「中野たてもの応援団」で開催。
事前登録者、ご近所の方など200名近い参加者があった。
130526event5.jpg

五人囃子に、獅子舞、縁起の良い大黒さま。
130526event4.jpg 130526event3.jpg 130526event2.jpg 130526event7.jpg

かつての地域産業を示す様々なものを納屋の壁に展示。
カンパ頂いた方に漬け物のレッテルをシールにしたものを差しあげた。
130526event6.jpg






130525

午前中、明日のイベントの用意
手分けして勧める。
鷺宮囃子とも打ち合わせ。
獅子舞には狭く舞台を広げる。
130525hoso1.jpg 130525hoso2.jpg

午後は失礼して宇都宮へ、
大谷石研究会総会。懇親会。

番号制:情報は必ず漏れる。それを前提に生きていこう。でもどうすればいいのかしら。
金融機関は利用しない。医者には掛からない。

宇都宮へ行く途中、
目白の駅で、線路脇の金網に挟まったアオギリを見た。
昔から生えている。金網整備の度に大剪定を受けるが生き残っている。
アオギリと言えばうちにも一本アオギリがある。
中学校の時、学校の校庭に生えているユリノキの根元の実生を持ち帰って、
ユリノキだと言ったら、お袋が大きくなるのを楽しみにしていた。
若い葉っぱは似ているのだが、
どうも違う。
1,2年経ってどうもアオギリだと分かった。
お袋はがっかりしていたが、
馬鹿でかくなるユリノキでなくて良かったとも思う。

宇都宮で。
やはり大谷石の建物が気になる。 それ以外にも風情のある建物が。
130525utsu.jpg 130525utsu2.jpg

130524

ベターリビング、
リビングアメニティー協会、
ベターライフリフォーム協議会
合同懇親会に出席。

夕刊のニュースに「共通番号制度が成立」と小さく。
株価の値下がりの記事方が何倍も大きい。
何処か狂っている。
カラー写真入りの三浦雄一郎のエベレスト登頂よりも小さい。
この配分が読者の要求に合っているというのだろうか。
政府お抱えのマスコミしかない。
国民が興味が無くとも、
こちらの方が大切な問題であることを知らせることがマスコミの役割であったはずだが。

大企業中心の景気対策。

最先端の医療の視察も暇なら良いかも知れないが、
先に最底辺の医療の視察をすべきではないか。

マスコミが国民をバカにしている証拠だと思う。
或いはこの株価の値下がりが、
日本の運命を変えるほどの暴落の発端なのか。
政治家がちょっとバブルの土地の値段を修正操作しようとしたら、
バブルがはじけた。
ちょっと円安をと、ちょっとインフレにと修正操作したら、
ちょっとなら良いが、政策が正しいことを見せるために目に見える形にしようとすると、
変化が大きく出すぎる。
バブルと同じことが起こらなければ良いと思う。

130523

中島公園の脇の道にがいた。
人通りも多いとはいえないが絶えることなく続いている。
近づいても身動きもせず写真を撮らせてくれた。
もしかしたら撫でさせてくれたかも知れないが、
せっかく休んでいるのに、
驚かせてもいけないとやめた。
130523kamo2.jpg

スパゲッティーで食わせる店があるが、
食べている姿が美しくない。
何も西洋料理だからというんではない。
見た感じが汚らしい。
蕎麦や饂飩のようにつるつると口の中に入っていけば粋なのだが、
どうもそうは感じられない。


130522

天気は一日中さえない.薄ら寒い。
それでも今週末はが見頃。
花より葉が先に出てるとか。

デザイン学部研究科教授会
コースプレゼンテーション
昨年出ていればコースの特徴を夫早く把握できたかも知れない。
空間をあれこれ語る会
と盛りだくさんな一日。
7月2日に宇大北海道会を札幌で開催予定。

デザイン資格が何故無いかという議論があった。
建築士が成り立っていることを考えれば分かる。
インテリアプランナー
インテリアコーディネーター
などがどう評価されているかを考えればさらにハッキリする。
やはりまずは評価できるかできないかが大切。
次に社会が必要としているかどうかで決まる。
いいデザインということであれば評価が難しいし、
その他に何を社会が要求しているか。
絵描きや小説家に資格を与えるのと似ている。

130521

日本建築仕上学会 総会 授賞式 懇親会
建築学会図書館 書類調査 なかなか使えそうな図が見つからない。
リフォームリニューアル展(7月3日4日5日の3日間)についての打ち合わせ。

130520

JIAドクター事業委員会
昔の電話帳の様な報告書ができた。
本年度も予算が付き修復塾も継続か。
ヘリテージマネージャーとの関係、
次回少し具体的に修復塾について煮詰めることになった。
札幌からウエッブ会議で参加予定。

130519

昨日に引き続いてマキを刈る。
柘榴の花が今年は少ない。
130519yamato1.jpg 130519yamato2.jpg

永年住んでいた方が引っ越して行ってしまった。
道路を掃いているときに挨拶するぐらいだったが何となく寂し。
3.11の地震の時道路に飛び出したら、
右へ左へとゆれる電信柱をを見上げてしゃがみ込まれていた。
130519yamato3.jpg

この草なんだろう.動物のしっぽみたいで何となく面白い。
130519yamato4.jpg

川の柵に添って、毎年のように立葵が咲く
誰かが植えているのか自然に生えてくるのか。
多年草だから自然に生えてくる可能性もある。
よく見ると色も様々で花びらの形にも違いがあり、八重、一重と変化に富んでいる。
学名:Althaea rosea、アオイ科の多年草。属名Althaeaはギリシア語由来の古典ラテン語に由来し、語源たるギリシア語「althaia」は「althaino」(治療)と関連しているということで、古来、タチアオイは薬草として用いられたというが何に効くのだろう。
130519yamato6.jpg

130519yamato7.jpg 130519yamato9.jpg 130519yamato11.jpg130519yamato10.jpg 130519yamato12.jpg 130519yamato13.jpg 130519yamato14.jpg 130519yamato15.jpg

綺麗に刈り込まれていたサワラの生け垣。
住み手がいなくなるとすぐこうなるのか。
さびしいかぎりだ。
130519yamato16.jpg

この角度から見るとなかなか洒落た建物だったと思われる。
130519yamato5.jpg


130518

植木屋さん。
枯れ枝を下ろし、
マキの剪定。西側が3/4ぐらいできたかな。

緑の壁
近所で西側の壁に、
ステンレスのメッシュを使いアイビーを這わせていた家があったが見事に育った。
130518tuta1.jpg 130518tuta4.jpg 130518tuta2.jpg 130518tuta3.jpg

外壁がわれて、もう誰も使っていないのか。
柱と胴差もここまで来るとちょっと怖い。
良くもっていると思う。
130518haioku1.jpg 130518haioku2.jpg

健在!
ほっとする。
裏の木賃アパートも風情があったが、
無くなってかれこれ3,4年か。
130518minka.jpg

130517

雪は所々に残っているがもう冬の厳しさはない。
130517SCU3.jpg

白樺の若葉が開きだした。
花も咲いているというか垂れている。
北海道ではスギ花粉よりも白樺の花粉という?
若葉は朝と夕でハッキリ違うほどどんどん葉を広げている。
来週には窓辺が緑に変わっているだろう。
130517SCU.jpg 130517SCU4.jpg

誰が植えたでもない花が一列に行儀良く並んで咲いている。
北海道の花はどれも色鮮やかに感じられる。
130517SCU5.jpg

蔦にももうすぐ芽が出てくるが、
真っ赤に紅葉して目を楽しませてくれるまでにはかなり間がある。
見事な造形。
130517SCU1.jpg




130516

和風の小屋発見。
玄関だけが小屋になった。
玄関前に前に七輪が置いてあるのもなかなか。
130516scu4.jpg

一昨日の草に花が咲き始めた。
130516scu2.jpg

ほんのり若葉の色が付いているが、
まだ稜線の向こう側が透けて見える。
白樺に白い花そして白い建物。
130516scu1.jpg 130516scu5.jpg

学内の私。
130516scu6.jpg 130516scu7.jpg




130515

お昼は学食で、
その後思わぬ発展。
図書館で本を借りる。
一冊面白そうな本を見つけた。
出張の事務的準備
一度で事務書類が通ったためしがない。
WGの準備
珍しく傘のいる雨
夕飯後、一駅歩いて帰る。

130514

この草は何というのだろう。もう少し暖かくなったら、
この上に寝転がってみたい。
130514scu1.jpg

郵便局に行く途中で、土筆の群落を見つけた。
130514scu3.jpg 130514scu2.jpg

そろそろこのあたりにも花が咲き始めた。
「エゾムラサキツツジ」といい北海道だけに植生し、
雪のあるうちから花を付けるらしい。
これから暫く桜、梅と楽しめる。
何度かご登場願ったマンサードの建物。北海道らしい。
130514scu5.jpg 130514scu7.jpg

スカイウエーの突き当たりから東方向バス停の方向を見る。西方向。
130514scu4.jpg 130514scu6.jpg

キャンパスの中には部分的にわずかではあるがまだが残っている。
130514scu10.jpg 130514scu8.jpg

B棟において。イベントの練習か?
130514scu9.jpg

130513

出たり入ったり。
講義のスライドづくり。
秋のスライドもじっくり整備しよう。

駅の階段に展示されている古い写真
哲学堂:彼方にはっきり富士山が見える。昭和10年代。
130513oldphots2.jpg

昭和12年というが、このたてものは何時まであったのだろうか。
130513oldphots3.jpg

妙正寺川。コンクリートがそそり立ち、もう原風景ではない。
130513oldphots1.jpg

130512

古い友人の一周忌。
鎌倉霊園にて。
130512bunsuke.jpg

130511

JIA文化財修復塾 第6回実践講座が
仙台市ガス局のショウルームの建物でで行われた。
JIA東北支部長の挨拶に始まり、
宮城県、福島県の教育長文化財保護課の方々から挨拶頂く。
講義は茅葺き屋根の鈴木さん
大野敏先生
蔵の改修辺見さん

大宮駅西口。
よく見ると駅前のメイン道路がうねっている。
自然発生的な道が基になっているのか。
これだけ太い道にしては珍しい気もする。
130511oomiya.jpg

130510

煉瓦倉庫について関連資料を検索。
車検が一段落。
樋も一段落。
人体認証が調子よくないので、
再登録。
良い天気だったのに夕方から小雨。
明日の「JIA修復塾」の用意。
本をまとめ買い。
委員会。

道路に標識。テープを貼って、スプレー缶で色を付けていた。
そばに中野区の車が止まっていた。
途中でペンキが無くなった。
ペンキを買いに行ったのか車が消えて1人残っていた。
途中でペンキが無くなった?
はじめから分かりそうなものだが、
でも、仕事を増やしてみんなでゆっくりやるのも良いのかも知れない。
130510ku.jpg
 
住宅地を次第に浸食。
駐車場はよいのだが、
この看板は何とかして欲しい。
ドイツや、北欧だったら文句を言う人が必ず出ると思うが。
文句を言っても通らないという諦め。
悲しい現実とも云える。
130513parking.jpg

130509

やっとらしくなり、風も和らぎ温かい。
講義の用意。

チセの断熱性について、貴重な資料を頂く。
中空煉瓦壁についても知りたいところである。
話をしているときにふと思いついたが北国における住宅産業の発展の系譜は?

今日はさらに面白い話が追加され密度濃い一日。
中野たてもの応援団の5月26日の催しの記事が今日の東京新聞に載った。

130508

今日は晴天だ。
風は寒いが春のもう春だ。
130508NP.jpg

平岸の煉瓦倉庫を観に行く。
中井家りんご倉庫 小端空間積み。壁体内に空間ができる北海道独自の積み方。
中国の薄い煉瓦で、同じような空間のできる積み方を見たことがある。
130508hiragishiBRa1.jpg 130508hiragishiBRa2.jpg

煉瓦造の煙突。上に行くに従った細くなる煙突の積み方はかなり工夫が要る。
130508hiragishiCH1.jpg 130508hiragishiCH.jpg 130508hiragishiCH2.jpg

柳田家りんご倉庫 オランダ積み
130508hiragishiBRb.jpg 130508hiragishiBRb1.jpg 130508hiragishiBRb2.jpg

札幌軟石の建物も幾つか見つけた。。
130508hiragishiSS.jpg

キャンパスにはまだ雪は残っているがサフラン(クロッカス?)は満開。
130508SCU.jpg

130507

寒い!
キャンパスにはまだ雪がある。
130507SCU.jpg

大学院講義。
月末の航空券の申し込み。
年齢が変わる。
何か去年より高くなっているような気がする。
夕食は5人で中華料理「香州」。
130507cr.jpg
飲んで少し暖かくなった。
それでも寒い。

三岸アトリエの補修工事について、
じっくりあと一日掛けて仕上げたいが時間がない。
破風のできで良くも悪くものある。
西側のドレイン周りの処理も難しい。
軒樋は雨の様子を見て決めるのが良さそうだ。

130506

今日もまた五月晴れ
昼過ぎまで昨日の続きで日曜大工の出張。
屋根は何とか形になった。
壁は、波板貼りに手がついたところ。

夕方から出かける。
雷が鳴っているので、「東京アメッシュ」を見たら今にも夕立が迫ってくる。
降る前に駅までと思ったが出た途端にポツリときた。
仕方ないので傘を持っていく。
駅までは降られずにたどり着く。
そうなると傘が邪魔だが持って行くことにした。
500円傘で、20回ぐらいは使ったから25円相当。
あるいは償却済み
償却済みでも役に立つ。
傘が無いときはどうしようもない。

130505

今日は日曜日。
こどもの日。
素晴らしく良い天気。
自転車で日曜大工の出前。
大の大人が力を合わせて何とか波板を貼るところまで漕ぎつけた。
屋根の上は初夏の暑さ。
T,2H,M,S,Y,Gで食事。
ピスタッチオのケーキを食べる。
130505PC.jpg

130504

中野たてもの応援団では。
来る5月26日のイベントに向けて白鷺のS邸の庭の整備を行った。
イベントはs邸の見学会と鷺宮囃子を楽しむ会であるが、お囃子が演じられる様なスペースをつくった。
130504hosoda2.jpg 130504hosoda3.jpg 130504hosoda1.jpg


130503

雨樋の補修。
防錆ペイント。
ペイントシンナーがなく筆が洗えない。
帰りに買ってくるか。

横浜赤レンガ倉庫へ。
和楽を見に行く。
芸術祭の会場は前へ進むのが大変あほどの人出。
地下鉄からそこへ行き着くまでも人の波。
和楽の会場もそこそこ人が入っていた。
130503waraku.jpg開催は5月6日までと短い。
中華街で食事して帰る。

ペイントシンナーを買って筆を洗う。
賑やかな夕食。

130502

何となくゴールデンウイークのような気がしない。
ほとんど毎日雑用が入っている。
絶対にまた顰蹙を買うこと請け合い。

昼食後、真駒内にコーヒーを飲みに連れて行ってもらう。
古市さんの設計。
ちょっと裏寂れた真駒内の町も見直した。

今日は中は暖かいが、外に出ると風が強くて寒い。
130502SCU1.jpg

先週より寒いような気がするが、
サフランはどんどん花を咲かしている。ついでに蕗の薹。段々薹が立ってきている。
130502SCU2.jpg 130502SCU3.jpg 130502SCU5.jpg 130502SCU4.jpg

今、「日本を食いつぶす妖怪 ブッラク企業」という文春新書を読んでいるが、
胸くそ悪くなるほど恐ろしい。
根は同じところにあるように思えるが、
契約社員の問題以上に日本をだめにしそうだ。
正社員になっても将来が全く不透明で希望が持てない。
日本社会と、西欧社会の悪いとこ取りをしてただひたすら利益を上げることに専心。
可哀想な現代の若者が多数いるが、
この風潮は社会全体に広がっていきそうだ。
プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR