FC2ブログ

130131

あと1時間少々で1月も終わり
毎年1月は長く感じるのだけれども、
今年は長くも短くもなかった。
原稿の修正が図表を除いて一応終わる。
明日見直して送るか。
新しい図表はそう数がないからそれほど大変ではないと思っているのだが、
甘いかも知れない。
一日天気が良かったせいで、
車道からほとんど雪が消えた。
130131yuki.jpg


大学は行くバス道に沿って、
モダンな建物の舎利山 仏願寺というお寺がある。
建物を挟んで道路の奥に巨大な金色に輝くお釈迦様の涅槃像がある。
雪の降らない国だけに薄い衣をまとっておられる。
その涅槃仏に雪が積もっている。
悟りを開いたお釈迦様にはなんと言うこともないかも知れないし、
もう感じられないのかも知れないし、
私などが心配することでもなさそうであるが、
やはり寒そうだ。
スポンサーサイト

130130

街の中は中心街も雪の壁。
車も見えず、歩道を歩くのも楽しい。
130130sapporo.jpg

一日原稿の修正作業。
一通り終わる。
19時からドクター派遣事業のテレビ会議。
会議前。
130130jia.jpg
札幌支部からは2人参加?
会議終わってからすぐ近くで、
楽しく飲ませて頂いた。
4月から南と北の外れの仲間。

帰りに除雪車の写真を撮る。
前にダンプが止まっている。宿泊先のすぐ近く。
大型のダンプもすぐ一杯になってしまうとのこと。
130130josetu.jpg

130129

朝の道庁。駐車場にはまだ車がいない。
130129sapporo2.jpg

道路の雪の状態がそれぞれ違い縞模様になって面白い。
130129sapporo1.jpg

市大へのアプローチやはり歩道が軸線。車道と歩道の間には雪の壁が立ち上がっている。
130129shidai2.jpg 130129shidai1_20130129143518.jpg

バケツに水を入れて一晩放置して凍らせ、
さて何を創るのだろう。一度凍らせればなかなか融けないから保存がきく。
130129shidai3.jpg

昼間、続けて雪が降る続いていた。
発注。
原稿の修正。
学内では卒業制作の発表が行われていた。
図書館に本を返却。新たに借りる。
拙著「平成日本らしさ宣言」を2冊寄贈。
何でもっと早く気がつかなかったのだろう。

130128

バスも良いけど時間が掛かる。
学内会議
終了後一杯
以下頂いたメールの引用
「たしか
イラク戦争開戦時に子供たちを救いたいとイラクに出かけたヴォランティアたちが
非正規政府軍に捕まるや
自己都合だの自己責任だのと大バッシングを浴びせた
アルジェリアでは反政府軍に捕まり政府軍に殺されるや
救国の企業戦士に祭り上げた
経済活動こそ究極の自己都合自己責任だろうが!」
全く同感
全く同感。
承知させて行かせている一企業の話。
首相が出てくる必要もさらさら無し!
話変わって、国家予算の件。
やはり、弱いところを削る
教育、生活保護。
とんでも話である。
もちろん、教育は早くて9年、さらに正確には18年後に影響が出てくる。
生活保護の話は方法論がまず無くてはならない。
長い目で見れば削れるはずが無い。
相続税もおかしいと思う。日本の文化の存続に関わる。
それはともかく、企業の所得税を優遇し過ぎるすぎるのはよくない。一時的に景気は悪くなってもすぐ立ち直る。消費税よりもこちらを優先すべきである。高額所得者の課税は累進課税を徹底すべきである。
もう一つ、非正規社員を徹底的に減らすべきである。
多少時間が掛かっても日本を根本的に立て直すにはそれしか無いと思う。
なぜならこれが、全てに関わって日本の社会を不健全にしている。
それで不景気になるならそういう国なのだと認識し直すべきである。

130127

従兄の納骨
東京駅。外人の一団がこちらに向かってくる。
130127.jpg

130126

土曜日
曇り
トランクのチャックがおかしい。
街の中はあちらこちら雪の山。すすき野の目抜き通りの交差点にも雪の山。
130126yuki1.jpg

空港の検問で賞品の魔法瓶が引っかかった。
開けてみてもだめでX線を通していた。
意味あるのかな。
そろそろ羽田に着陸。すぐ左をもう一機。
既に車輪を出している。殆ど同時に着陸した。
国際空港の滑走路らしい。
130126haneda.jpg

新宿のヒルトンホテルの地下でJCQAのキルト展
なかなか。
130126qilt.jpg

電気のコンセントが機能しない。
今日はいろいろ支障の生じる日だあと一時間余り頑張ろう。

130125

朝も夜も動くときには雪がやんで、昼の間だけ降っていた。
130125shidai.jpg

今年は例年より雪が多いのだそうだが
初めてだとこんなものかと思ってしまう。
真駒内の駅前に雪の灯籠が並んでいた。
130125makomami1.jpg 130125makomami2.jpg

原稿の修正。原稿の書き足し(主としてこちらに時間を食った)。
JIA北海道支部新年交礼会に出席。
賛助会員も多くなかなか活気があった。
多くの方々とお会いすることができた。
しかし一度にはなかなか覚えられない。
恒例の(そう言っていた)BINGOがあり5等賞。
帰りは歩いて途中で担々麺を食べて帰る。
初めての味。
歩道は、雪の無いところと、積もっているところが極端で、段差が有り、階段状になっていたり、
スロープになっている。ここがうっかりすると足を取られそうになる。
無事帰り着く。

130124

学内はますます賑やかになってきた。活気があってなかなかいい。
130124shidai1.jpg

屋外展示もある。左の木立の中かの小屋もその一つ。雪の中を見に行くだけでも大変そうだ。まだだいぶ先だからすっぽり雪に埋まってしっまわなければいいのだが。右は今は閉じられている芸術の森美術館の裏門のすぐ中にある作業小屋。これも作品にできないか。
130124shidai5.jpg 130124shidai2.jpg

スカイウエイにも展示が並ぶ。
130124shidai6.jpg



標識が無くても誰も進入しない。
130124shidai4.jpg 130124shidai3.jpg

力の均衡 メッテルニヒ、ビスマルク、ウイルソン、チャーチル
 アメリカ-ヨーロッパ-日本
 ソ連-中国
新しい力の均衡
アメリカ-ヨーロッパ
 日本-韓国-インド
 中国
 ロシアはどこに?
価値観の違い。
 宗教上問題 神の生きている国、死んだ国
不均一な空間
 中心のある空間、軸線ある空間とどう違うのか。
 これらもある意味では不均一な空間。しかしどこかが根本的に違う。

地下道の展示スペース。
時々展示が変わっていて見飽きない。
と言ってもゆっくり止まって見るわけでもないのだが。
130124chikado.jpg


130123

道路の雪はもうとけている。
学内会議。
学食で昼食。
必要な物品の発注。
学生の作品で学内がますます賑やかになってきた。雪の中に外部展示の作品もある。
それなりに頑張っていて見ていて楽しい。
130123sotuten1.jpg 130123sotuten2.jpg 130123sotuten3.jpg



長時間コンピューターに向かっていたせいか目が疲れた。
夕方、JIAの機関誌をめくっていて原広司の「ミースが好きだ」という言葉につられて長い特集記事を読んでしまった。
ミースの均質空間の現代性(近代性といった方が良いのか)、集落の調査の彼なりの位置づけ。
夕食はチキンのスープカレー。

中心、軸線のある空間から均質空間へ、
そしてこれから?
不均一な空間?
遠くても高速交通の止まるところは相互に近い。高速道路沿いでも、新幹線沿いでも、乗り降りできなければ遠い。隣り合っていても話もしない。地球の反対側でも話ができ映像が伝わる。空間がゆがんでいる。
経済的な影響もある。費用を負担できるかどうかで、近くも遠くもなる。
早く到達できるけれども見落とし聞き落としが出てくる。場合によると大切なものを全然見てない聞いてない可能性もある。スピード、情報のプラスマイナスの影響。
昔は全くこれと同じ意味で、空間のゆがみが無かったかというと決してそんなことは無い。歩く、かご、早馬。実感できる範囲であった。やはり、お金、身分によって違いがあった。
科学の分野からも空間は歪んでおかしくない。
ミースが均質空間を建築に昇華したように、歪んだ空間を建築に具現化することができるだろうか。

130122

晴天が続いたのかバス道路の路面は殆ど雪が無くなっている。
校内の坂道は車も通るし、それほど急でもないのだがを学生が二人並んでで降りていく。
漕がなくてもそこそこ走って行く。
さすがに降りてきた車に追いつかれた。

学内は、スカイウエーもA棟、B棟の吹き抜けも製作した作品の展示の準備が始まり、
活気付いている。
宇都宮大学だったら、泊まり込みで徹夜でやるところだ。
学生時代、製図室に泊まり込んで一所に夜明けを迎えた仲間は忘れられない。

ずっと使っていたレンズはオートのまま手動でピントを変えられたが、
新しいレンズはマニュアルにしないと全く動かない。
無理に動かすことが無く故障も減ると思う。
カードが入っていないと、何もできない。
写す作業に関連無くても動かない。まあいいか。

昨年、巨大化は良くない。
人類を滅ぼす。
などと言うことをブログで書こうと始めたが、
途中でたちぎれになってしまった。
ブログは私にとってまとまったものを書くのにはどうも適さないらしい。

130121

そろそろ解体かも知れないということで、千川小学校を見に行く。正面に木が2本、特に右側のクスの木が大きい。3階建ての建物より高い。裏の桜の木にはテープが巻いてあったが、外からだとテープは確認できない。この木も残るのだろうか。夏にはよい日影をつくってくれたことだろう。
130121senkawPS1.jpg 130121senkawPS2.jpg 130121senkawPS3.jpg

小学校の周囲を回っている内に昔来たような気がして、通りの北側の住所を見ると大谷口。昔見に来た大谷口の配水塔を思い出す。残念なことにもう無くなって新しい施設になっているはずである。場所も思い出す。大谷口の配水塔の跡の施設を見に行く。見せて貰ったときに説明のパンフレットの中にあった配水塔風の建物が建っている。2004年10月に内部まで視察したときの写真が、HPの最近見たものの下の方に掲載してある。
130121ooyaguchi2.jpg 130121ooyaguchi.jpg

帰りの地下鉄は人身事故のため運転を見合わせ中とのこと。振り替え輸送のバスに乗って池袋の西口に出る。

130120

久しぶりに、昔見たフクロウ
130120fukurou1.jpg 大分前ですが、あれからフクロウが気になるようになりました。 130120fukurou2.jpg
柿の木の剪定。
散歩。
HPのプロフィールを更新。

130119

ホームページの更新INDEXを少し。
研究のページに論文を追加。
旅のページにネパールを追加。(まだ途中)3ヶ月以上経過している。

雪で折れた椎の枝を始末。
梅の蕾のない枝を切る。
壊れたバンドを直す。
誰かのお古のLANVINのベルト。リバーシブルでしかもワンタッチ。

CB750のバックミラーに張り付いていた蛹が雪のために落ちてしまったので、
蛹ハウスの製作(窓付き)をつくり入れる。
春になって成虫になってくれると嬉しい。
130120sanagiH.jpg 中に見えるのが蛹。


我が家に新しい洗濯機が来る。
近所を歩く。
雪はまだ大分残っている。

130118

今朝飲んだ薬。
130118kusuri.jpg
こんなに飲んで本当に大丈夫?
でも、それぞれ役割がある。

このお薬は、
胃酸の分泌を抑える薬です。
細菌による感染症の治療に用いる薬です。
下痢を止める薬です。 
消化管粘膜を保護し、組織の修復をする薬です。
腸の調子を整えます。
ビタミンB12を補う薬です。神経に働き、末梢の神経障害による手足の痛みやしびれを改善します。
といった説明があります。

D5100の取扱説明書を読む。
D90よりできることが増えた。
すごい。色々なことができる。
しかも使い良くなっている。
でも、多分ほとんど使いこなせない。
それはいざとなったときに思い出せないからだろう。
今度こそはと思っているがどうだろう。

大学の中を通る市道も完全な雪道。
手前へに向かって結構な上り坂。
立ち往生している車も見かけない。
130118shidai1.jpg
雪も降り続けているが飛行機に遅れはなさそうだ。
さすが札幌。
しかし、JRが35分遅れた。

130117

外は寒い。行き帰り頬が堅くなる。
大学院博士課程の中間チェック。
帰りに素手で夜景を撮っていたら手がかじかみ、
バスに乗っても暫く温まってこなかった。

卒業制作が進んでいる???。
130117shidai.jpg

雪のすすきの
130117susukino.jpg

130116

天気は晴れ。
遅くなった事務書類の提出。
李さんからの暮れの宅急便。
論文の他に素晴らしいプレゼントが入っていた。
少し人気の無い研究室が賑やかになる。
学内委員会。
駅から全く雪無し。
東京より歩きやすい。

130115

おなかが風邪を引いた。
喉も痛かったが、熱がないからおなかだろうとの診断。
医者で点滴して貰い、夕方からの委員会に何とかでることができた。
明日の昼まで食事抜き。
薬が、朝だけ、朝昼、三食といろいろ有る。
正月からは間があき過ぎている。土曜日の仙台か?

130114

雪景色。
130114snow2.jpg 札幌ではありません。東京です。

UFOから2枚。激しく雪が降ってます。
130114snow4.jpg 130114snow1.jpg

街も線路も誰もいない公園の入り口も雪です。
130114snow3.jpg 130114snow6.jpg 130114snow5.jpg
警察官も自転車を押しています。
電車は走っているようですが、遠くに見える駅にプラットホームには殆ど人がいません。
公園の車止めにいつもと違う表情があります。
そこら中で、木の枝が雪の重さに耐え切らなくなって折れていました。




130113

住所録の整理。
後藤さんからのアドルフロースのDVDは素晴らしい。
植木屋。残念ながら明日は雨らしい。
橇の製作。

130112

JIA文化財修復塾第4回in仙台
仙台東京ガスショウルームにおいて
130112sendai2.jpg 東京ガスのショールームの建物

司 会   氏家清一
開会あいさつ     渡邊 宏 JIA東北支部支部長
御挨拶      田中 禎彦 文化庁文化財課   
           白崎 恵介 宮城県教育庁文化財保護課
趣旨説明      小西敏正 JIA文化財修復塾長
ドクタ派遣のしくみ 篠田義男 JIAドクター事業対応会議代表
昼休み
講義1      後藤久太郎 先生 宮城学院女子大学名誉教授
                 (近世の城郭と、近世の建築図面)
130112sendai1.jpg 後藤先生の講演

講義2      相模誓雄先生 宮城大学事業構想学部
(23年度のドクター事業の実態) 休憩
講義3      永井康雄先生 山形大学地域教育文化学部
(24年度のドクター事業の実態)
130112sendai5.jpg 永井先生の講義
質疑         小西敏正
修了の挨拶      氏家清一
閉会
130112sendai4.jpg 130112sendai3.jpg 近所の壁面緑化の建物とそのディテール。

130111

建築学会図書館。ついに資料を見つける。
JIA
冬夏会
あたりや

130110

部品の製作。
不足部材の購入。
三岸好太郎・節子アトリエを愛する会。
中野たてもの応援団。前野まさる先生がご出席下さる。

130109

建築学会図書館で調べもの。
インテリア産業協会で委員会。
新宿のショーウインドウで見つけたちょっと早い春。
130109swbb.jpg

130108

インテリア、やっと目処がつく。
夜、ショウジ会。和訳本の出版がメインテーマ。
土曜日の仙台修復塾の新幹線予約。

130107

警察学校跡の配置図。
130107nakano3.jpg

こちらが今年春開校の平成帝京大学。右が明治。右奥に一年遅れで早稲田ができる。
130107nakano5.jpg 130107nakano2.jpg

中央公園 この地域も大きく変わりそうだ。
130107nakano1.jpg 130107nakano4.jpg

130106

一日中、インテリア。
夕方暗くなって散歩。
八幡様の御輿の神庫。鳥居の脇の育英地蔵その脇に立つ松の木。
130106yamato1.jpg 130106yamato2.jpg 130106yamato3.jpg

昔、小さな文房具やさんだった。切手も売っており、脇にポストがあった。隣が空き地になり、奥の住まいが見える。こぢんまりしていて、建った当時はなかなか良い建物だったと思われる。道路側を増築して店をやっていたのだろう。出窓が見える。
130106yamato7.jpg 130106yamato4.jpg 130106yamato6.jpg 130106yamato5_20130107011624.jpg

130105

卒業生と飲んだ。

飲んだビール
130105sake0.jpg 130105sake1.jpg 130105sake2.jpg 130105sake3.jpg 130105sake4.jpg 130105sake5.jpg

飲んだ酒
130105sake6.jpg 130105sake7.jpg 130105sake8.jpg

これから楽しんで飲むお酒
130105sake9.jpg






飲んだ酒
次ぎに楽しみに飲む酒。

130104

仕事始め。
1.物々交換が貨幣で可能になった。ずっと昔の話しである。
便利になる。
今や貨幣があれば何でもできる。さらに貨幣自体も持ち歩かなくて良くなった。
貨幣は取られれば、番号でも控えてない限り、誰のものであるか分からなくなる。
そこでカードなどがより安全だと言うことになるが、
これにはまた別の危険が伴う。
幾ら工夫しても不正な操作の不安が残る。
また、カード化したことで、貨幣が虚構化し、
稼いだり、所有したり、浪費したときの実感が無くなってきた。
そして、カード化しようが現金だろうが、汗水垂らして稼ごうが、
ギャンブルで大当たりしようがその価値は変わらない、
何にでも使えてしまう。
衣食住には勿論、税金、武器の購入、賄賂、なんでも可能である。
それこそ殺し屋を雇うこともできれば、
一国の政治を動かすことも、世界を動かすことも可能になってきた。
地獄の沙汰も金次第どころでなく、天国だって独占しかねない。

カード化の良いところもある、
複雑な運営が可能なことである。
稼ぎ方によって、使い方を制限することができる。
汗水垂らしたお金は何にでも使える。
宝くじで稼いだお金で贅沢はできるが生活費や医療費は払えない。
株で稼いだお金では、何々はできるが、何々はできない。
社長の給料の殆どは、責任をとるためには支払うことができるが、
その他は制限を受け、医療費などとしては使えない。
つまり、カードをうまく使えば入ったときの入り方で色を付けられる。
識別できる。良いお金と悪いお金が区別できる。
勿論、それに対してまたいろいろ悪いことを考える奴もでてくる。

などなどまだ頭の中で、「平成日本らしさ宣言」小西敏正以上には整理されていない。
今年はできれば最初の四半期で、その辺りを整理して見たい。
そしてその後、実現方法を模索してみたい。
芸術にはどんな色を付けるのか。

2.バーチャルな世界の表現。
もう、たとえやったとしても実際に建築をつくることは、もうそうそう無いだろう。
あってもたかが知れている。
それよりも新しい世界を描いていく方が面白そうである。
その能力を高めよう。

2年掛けた作品
130104towel3.jpg 130104towel2.jpg
詳しくは12月31日のブログ。

130103

1月3日は父の誕生日だった。

何の木の実だろう。
毎日充電している。毎日遠出しているのかしら。遠出の途中高速道路で渋滞していても大丈夫なのかしらと心配になる。
ナナハンのバックミラーでさなぎになった。無事孵って欲しい。毎年見る烏アゲハだろうか。
130103kinomi.jpg 130103bc.jpg 130103sanagi.jpg


130102

H.M.S.Gとお見舞い。
道路に雪も無く良いお天気。
130102agatsuma1.jpg
130102agatsuma3.jpg 130102agatsuma2.jpg 130102agatsuma4.jpg
90年以上の年の開きが。
帰りは渋滞。もう帰省ラッシュか?


プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR