FC2ブログ

120430

4月もお終い。
自転車を真剣にこぐと汗が出る。
あちらこちらに様々な花が咲いている。花最後の役目を果たしているものもある。
120430hana3.jpg 120430hana2.jpg 120430hana1.jpg

スポンサーサイト

120429

三岸アトリエ「土居わ子銅版画展」をみてから自転車で集合場所に。
小作品だが見応えがある。制作は大変そうだ。

中野たてもの応援団 中野の茅葺き民家のお掃除会。
そのうち障子を貼って見違えるようにしてみよう。
新緑の木立に囲まれて東京にいるとは思えない。
120429shouji.jpg

そのあとT邸によってから、Y邸に。
Y邸:まずはお庭拝見。花も苔も木立も手入れが行き届いていてまるで別世界。
120429yamada1.jpg 120429yamada2.jpg 120429yamada3.jpg 120429yamada4.jpg
美しいステンドグラス。
120429yamada5.jpg 120429yamada7.jpg




おとなしくて人見知りしない。かわいいね。
120429yamada6.jpg

その後、吉祥寺でいつもの仲間とうなぎ屋でウナギを食わずに飲み会。
それはともかく、今日は軽井沢と箱根に行って来た気分である。





120428

籤と政治
くじ運には縁が遠いこともあり、
というものに関心がないと言うより寧ろ毛嫌いをしている。
totoのような籤をサッカー以外にもという議員提案が為されるそうだ。
スポーツ振興に役立ち国庫も潤うことになる。
競馬・競輪・競艇に血眼になる人もいれば目くじらを立てる人もいる。
気楽に楽しめばよいのかも知れない。
しかし国にあげてやるとなるとどうしても国民総白痴化ガス抜きを狙っているように思えてしまう。
考えない人間、批判精神のない人間、欲求不満を籤に求める人間、制御しやすい人間それらを纏めて小うるさいことを言わせないでこそ政治は円滑に行われ国はうまく纏まる。
昔から支配者はそう考えていたようだ。
しかし段々世界は変わってきている。
国民全体の知的レベル、文化レベルの向上こそ大切なのだと思う。
政治好きではない、今までと違うタイプの政治に携わる人々がそろそろ現れても良いと思う。

県レベル、市町村レベル、都でいえば区レベルで、
教育に現状の倍ぐらい予算をつぎ込む自治体が出てきたら面白いと思う。
その効果をみてみたい。
でも、いますぐ始めても結果が出るのは先のこと、
私には確かめることはできないだろうな。

120427

小雨に煙る薄ら寒い一日。
なんじゃもんじゃを見つけた。
右に向かったゆっくり這っている。
120427nanjamonja.jpg
今日も良く歩いた。
夕方から中野たてもの応援団の定例会。
カレーやさんによって帰る。

120426

大学の事務書類の製作に半日かかった。
外に出かける用事はまたの機会に伸びてしまった。
連休中に国際会議の原稿をつくれば、
2,3の御礼状などを除いて、
一応自分で決めたノルマは果たせそうだ。
今日は小雨。薄ら寒い。公園のど真ん中のイチョウの巨木。
ここは子供の頃不思議な人たちが住んでいたところだ。
何にも邪魔されずに数百年生き延びてくれよ。
その頃には貫禄ある木になっているだろうな。
120426koen.jpg

120425

大和町の民家。閉じられてからもう随分経つ。昔は文房具を扱っているこぢんまりした店で、切手も扱っており、脇にポストがあった。店が閉じてポストが遠くなった。
120425yamatochou1.jpg よく見るとなかなか凝った換気口。120425yamatochou2.jpg

もうじき咲きそうな石楠花。
120425shakunage1.jpg 120425shakunage2.jpg 120425shakunage3.jpg 120425shakunage4.jpg




120424

JIA、世田谷区役所、墓参り、江戸資料館、インテリア産業協会

120423

区役所。解体現場で打ち合わせ。
学会図書館。
R&R委員会。第10回設計アイデアコンテストについて、
http://www/rrshow.jp/のコンテスト頁をご覧下さい。

赤坂プリンスホテルの周囲には工事用の塀ができている。
塀に保存計画の図面や完成時の写真が展示されている。
120423akapuri1.jpg

旧館(旧李王家邸)は保存。一度曳き家して、工事後また曳き戻すようである。しかし曳き戻される位置は元の位置ではないようである。(訂正)
外部保存と書いてあるが、内部もなかなか立派である。現在この状態が保たれているかは分からないが、内部の保存も望まれる。大客間と大食堂。
120423akapuri2.jpg 120423akapuri3.jpg

最後にJIAでWGの会議。

120422

雨の降り出した時間が意外と遅かった。
これならば予定していた中野たてもの応援団の行事ができた。
溜まっていた東京の仕事を片付ける。
ヨドバシカメラに大学で買いたいものを見に行く。
帰り着く頃雨が降り出す。

120421

3月24日に行った蹊草50年会の最終幹事会、参加者全員に送る記念写真、CDなどを封筒に詰め、その後、打ち上げ。
120420michikusa.jpg 送った記念写真。

残った6人が蕎麦屋で2次会。
帰り道通り脇の公園の八重桜が満開でした。

次は5年後。
みんな元気で出て来られると良いですね。

120420

千葉で従兄会。
草月会館で出版記念会。
120420shoji1.jpg 120420shoji3.jpg
西麻布で打ち上げ。
今日も良く歩いたな。

120419

マイレージが加算されない。
どうでも良いのだが面白くない。

120418

120419scu1.jpg 札幌市立大学
学生を一人として知らない大学というのはまったく変なものだ。
学生が常に身近にいた。そんな思いとかけ離れている。

それでも、
人数が少ないからなのか、高専の名残なのか、教育が行き届いているからなのか、地域性なのか、それらのいくつかの要素が総合したものなのかはわからないが、顔を合わせると、ほとんどの学生が挨拶をしてくれる。
素晴らしいことだ。

研究室の窓の外には、タンネと白樺の大きな木がある。その向こうに道路があって、その向こうに一番新しいC棟が建っている。
白っぽくてきれいな建物だが、なければ山の斜面が見えるのにと思ってしまう。
それでも建物越しにこずえが見える。
葉が茂らないとなんの樹木かわからない。
新緑、盛夏、紅葉と様々な姿が楽しめそうである。
120419scu2.jpg


今日北海道にいる宇都宮大学の卒業生の一人と連絡が取れた。
思いつく限りあと3人はいる。

120417

雨模様。
札幌市大の小西研究室に引っ越し荷物が届く。意外に量が多い。棚をもう一つもらえそうで、
そうすると何とかなりそうである。
棚に詰めながら整理する。
120417nimotu.jpg

120416

東京のボケとドウザン。今年は両方とも花数が多い。
120416boke_20120419232132.jpg 120416douzan_20120419232128.jpg

白い砂漠のような真っ白で真っ平らな雲の上を飛ぶ。
札幌もすっかり春めいてきた。
上空から見るとまだ雪は残っているが、
街の中には除雪で寄せられた雪ぐらいしか残っていない。
それでも校内にはまだ雪がかなり積もっている。 
120416sky_20120419232119.jpg 120416yukigeshiki.jpg

外気温は寒いはずなのにサラリーマンの服装は東京と大して変わらない。
明日、コンテナーの荷物が着く予定。
また忙しくなる。

120415

良い天気。でも気温はそれほど高くない。
昔からのシクラメンが咲き出した。鵜木からの大輪の椿も今年はだいぶ花を付けている。
120415shikuramen_20120419232138.jpg 120415tubaki_20120419232134.jpg
一日中木の上にいた。
時間がなくて遅れているが、気温が低く芽吹くのが遅くて助かっている。
下小代の桜はもう咲いたか、今が真っ盛りか。

120414

今日は一日中雨。薄ら寒い。
宇都宮のコンテナーの荷物、やっと目途が付いた。
一つ一つ片付けていく。

120413

本の出版打ち合わせ(市ヶ谷)。設計打ち合わせ(世田谷)。勉強会(JIA)。
120413shinryoku.jpg 新緑の美しい九品仏。

120412

ホテルからの朝の街
120412sapporo.jpg

スカイウォークを登校中の学生たち。写真のパネル展示が為されている。
120410sw.jpg

120411

コンピューターが写真を認知してくれない。SDカードを入れるとフォーマットが必要だと出てくるがフォーマットするわけにはいかない。何とかならないか。

120410

校内を探検する。何所へも階段を1階分上り下りすると行き着ける。
研究室のあるB棟の吹き抜け。左上の窓の中が前室になっていてそこに研究室が並んでいる。下に木工室がある。
各研究室の天井高は5m近くあって気持ちよい。
120412b1.jpg 120412b2.jpg
隣のA棟。様々な名作の椅子が並んでいる。右側の写真は夜。
120410a1.jpg 120411a2.jpg


120409

札幌へ。
120412tvtawer.jpg

120408

中野たてもの応援団の街歩きは南から始められた。
S邸に集合し見学。
120408sawada.jpg

さらに区界を超えてさらに南の和田堀給水所も見に行ってしまう。
春の日差しの中、桜満開。
120408wada.jpg

120407

原子力発電所の『安全性判断基準の概要』がでた。対ミサイル攻撃の安全性が抜けている。
北朝鮮の衛星ロケットだか長距離弾道ミサイルだか知らないが大騒ぎするならば、ミサイル攻撃に対する安全性も検討すべきではないか。
何を持って衛星ロケットでなく長距離弾道ミサイルだと言っているのか、
もう少し詳細に説明してもらえないと分からない。
分からないものに備えたり備えなかったり、可能性あるものに備えたり備えなかったり、
それこそ本当に分からない。

庭先の花。
120407mokuren.jpg 120407cristmas.jpg 120407boke.jpg 120407otome.jpg 120407kaido.jpg 120407sumire.jpg 120407rengyo.jpg
ハナモクレン、クリスマスローズ、ボケ(なかなか良い色をしている。蜂が蜜を集めている)、オトメツバキ(今年は花が多い)、シュウカイドウ、スミレ(濃い色や薄い色様々)、レンギョ(今年は小さいなりに花が例年より多い)。





120406

都美術館に行くが目的の展示は1時間前に入場が終わっていた。
120406ueno.jpg 上野の山は桜が満開。

草月会館。

ドイツ文化会館ドイツ文化センター
「シンポジュウム:日本を評価した建築家ブルーノ・タウトの作品と思想」
講師:田中辰明、長谷川堯、大木紀元、中井正勝
120406taut.jpg
田中先生の月刊建築仕上技術への連載、これに引かれて聞きに行く。貴重な話しと写真。パネルディスカッションもなかなか迫力があった。

120405

今日は良い天気である。
バスに乗ろうとして驚いた。乗客が多くて次のバスを待つ。
新学期のせいか。しかし他に交通手段がないから休み以外は混み合うのかもしれない。
120405void.jpg
左の窓の中が前室になっていて、その奥に研究室が並ぶ。
夕方近くなってまた雪が降り出した。
最終便で帰宅。

120404

大学前から駅までのバス、時間が正確、
一昨日今日と1分違わず来た。
バス会社なんという名前かな。
宇都宮のバスとだいぶ違う。

夕方、図書館に行く。利用者が少ないようだ。
蔵書数もそこそこあるし、
空間もよい。もっと利用すればよいのにと思う。

120403

市立大学の入学式
空間デザインコース会議
暖房が不調。この部屋はしばらく使われてなかったらしい。
昼間は、雪だったが雨に変わっている。
市内にでて数人で一杯。
東京も「爆弾低気圧」で大変だったみたい。

120402

空は青空。雪がちらついている。
スカイウォーク、その突き当たり。
120402skywalk.jpg 120402skyview.jpg

事務の説明、理事長から辞令もらう。
理事長挨拶、学部教授会、学部教員会議、研究科教授会、学部長ガイダンスがある。
何もない研究室。
120402myroom.jpg
今日、札幌市立大学特任教授として赴任した。本来ならば、4月1日からであるが、1日が日曜日だから今日になった。しかし辞令の日付は4月1日とある。宇都宮大学の時は文部大臣名だった記憶がある。もちろん手渡してくれたのは文部大臣ではなく工学部長だった。あの辞令どこにしまったかな。
やっと夕方遅くコンピューター“7”の扱いも多少わかってきた。

120401

札幌に出発!
雪はあるけどそれほど寒くはない。
札幌というのは、飲み屋はいくらでもあるけど、
意外とラーメン屋以外に食事するところが少ない。
ホテルのこの部屋どう考えても2方向避難は不可。
120401hotel.jpg
プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR