FC2ブログ

120229

今日は貴重な1日。特に大切にしよう。

朝日の3面の左端に縦抜きで「プロメテウスの罠」が連載されている。もう可成り長いが、続けて読んでいる。
担当者によって、歯切れの良さや、切り口が変わるがそれなりに面白い。しかし、今ひとつ核心が攻め切れていないような気がする。核心に直接触れるわけにはいかずにそれを何とか浮き彫りにしようと苦心しているのかも知れない。或いは、核心があるというのは自分の勝手な思い込みで、その様なものはないのかも知れない。読んでいる限り周囲を包囲しているように読めるのだが包囲網はなかなか狭められていかない。勿論、その核心は、東電などものの数でない国際的な何ものからしい。

今日は雪。東西南北、が積もった。
120229snow3.jpg 120229snow2.jpg 120229snow5.jpg 120229snow1.jpg

木の枝にも
120229snow4.jpg

そしてUFOにも
120229snow7.jpg 120229snow6.jpg

雪かきはいい運動だった。貴重な一日もあっと言う間に過ぎてしまった。

スポンサーサイト



120228

今年の二月は明日がある。

新宿 L ビルから。左遠方にスカイツリーもぼんやり霞んで見える。
120228Lbul2.jpg

大久保方面 大ガード交差点付近。歌舞伎町の入り口。ビルの屋上には金貸し会社の広告ばかり。
120228Lbul3.jpg 120228Lbul1.jpg

夕方から「中野たてもの応援団」の定例会。

120227

今日は少し寒い。風もある。
何故か近くの古い家に夜遅く煌々と灯りが付いていた。
120227yakei.jpg

120226

家の近くのアパートがあっと言う間に解体されてしまった。敷地の南に桃の木が生えていて、その葉を子供のあせもの治療に良く貰ってきたが桃の木もなくなっていた。ブリッジ。ガード下:このガード仮設の柱で支えられている。3.11より前からだ。
120226kitai.jpg 120226shinjuku2.jpg 120226shinjuku.jpg


120225

クラシックカメラを使った写真展を見に行く。
高校の山岳部の後輩が毎年頑張って作品を展示している。
今回の銀座の猫を携帯で撮ってる人を撮った写真はなかなか良かった。
120225matsue.jpg
その後、山岳部のOB会に参加。

120224

宇都宮へ。
今日は風も暖かく直ぐそばまで春が近づいてきている気配がする。
120224utsunomiya1.jpg
鬼怒川の土手の外にある畑の脇の竹藪に沿って小川が流れ、その横を親子が歩いていた。
同じような蹊が1キロぐらい続いている。散歩だろうか、運動だろうか。先を急いでいる風には見えない。
120224utsunomiya3.jpg


120223

田園調布の住宅見学会のお手伝い。吉田五十八設計、昭和30年竣工。
昔から有名なパテ屋で昼食。午後の部も小一時間お手伝いをしてから、
お茶の水のガーデンパレスで会議に向かう。
14:06田園調布発-東急東横線-14:13中目黒14:15-日比谷線-14:32銀座14:36-丸ノ内線-14:44お茶の水というネットの指示通りに到着。15:00からの会議に間に合う。余裕を持って着くかと思ったが、医科歯科の中を抜ける道が分からず殆どぴったり到着。

120222

札幌の地下道に作品が展示されていた。暫く見とれていた。
120222sapporo.jpg
早朝の所為か行き交う人は真っ直ぐ前をみて急ぎ足に通り過ぎていく。12枚程度の展示だったがなかなか良い展示だった。

120221

今日は1日札幌。天気もよい。午前中街の中を捜し物をして歩き廻る。昼頃、北海道立三岸好太郎美術館に立ち寄る。「もう一人のみぎしこうたろうてん」をやっていた。美術館の北側の道、天気がよいのに風で雪が飛ばされてくる。これがなかなか寒い。
120221sapporo4.jpg 120221sapporo1.jpg

狸小路のはずれでラーメンを食べる。おなかが空いていたせいかなかなか美味しい。午後も捜し物で歩き回ってコーヒー店で一休み。コーヒーは美味しいし、静かで雰囲気も良く暫くぼーっとできた。
120221sapporo2.jpg 120221sapporo3.jpg



120220

早起きして羽田。
お見送り。
無駄なこととは思うが、安い飛行機ではこういうことはないな。
120220sapporo12.jpg
快晴。富士山、南アルプス、来たアルプス、八ヶ岳、浅間山など一線より上を白くしていた。
120220sapporo11.jpg

120219

120218

今日は3時から新宿の花園神社岡潔『「日本民族の危機」葦牙よもえあがれ』復刻・出版記念会のがあった。数学の方は分からないが岡潔の随筆には共感するところがある。岡潔研究会の方から「平成日本らしさ宣言」(拙著)には通ずるものがあるといわれ、それ以来岡潔の書いたものを手に入り次第読んでいる。
120218oka.jpg120218oka4.jpg120218oka2.jpg120218oka5.jpg120218oka3.jpg どういう参加者が多いのか分からない。
何年か連絡を取り合っていた岡潔研究会の横山さんと始めてお会いすることができた。



120217

塀の小窓の格子の竹が、本物かどうか分からない。
120217ume1.jpg 120217ume2.jpg

120216

カーナビのカタログを集めた。別に買おうというのではない。ちょっと使いたいことがあって集めたわけで、
大きな本屋にも行ったが、コンピューターで検索すると、もうはやりは過ぎてカーナビに関する殆ど全てといってよい本が在庫なしであった。
120216carnavi.jpg

120215

世田谷梅ヶ丘で。木組みを意識しているのか。肘木の曲線だ。17日ディテールの写真を1枚追加した。隣の家も同じ頃建てられたのだろうか。
120215ume1.jpg 120215ume3.jpg 120217ume3.jpg 120215ume2.jpg

アパートの裏庭の小さな家。琵琶湖のほとりの菅浦の集落の隠居所を思い出す。親はある年になると隠居して、敷地内に隠居所を建ててそこに移る。本当にかわいい隠居所であった。この小屋はそれを彷彿させる。菅浦は不思議なところで、島でもないのに最近まで船でしかアプローチし難かった。古い文化としきたりが残っている。確かヤンマーディーゼルの創始者がこの集落の出身者だ。ヤンマーの工場の仕事を集落な何軒かの家の中に置いた旋盤や、フライス盤で行っていた。
120215sallh.jpg

久しぶりに
『滅亡に向かう巨大化-8』
巨大化の反対語の一つが、「分散」かも知れないといった。大家族が分散して、核家族になる。核家族はさらに各個人の独立を目指す。かつては家族内の支配体系が、核家族の規模を保ったのかも知れない。そしてその上位の支配者にとってもそれは都合の良い存在であった。家長をつくりそれを通して核家族を支配すればよい。
多分支配される側から求めるものと、支配する側から求めるもののバランスによって社会の形態ができるのだと考えられる。そして今、家庭内といえどもある年になると親の支配を拒む。個人個人が独立する。また社会を統制していく行政にとっても、一人一人に番号を付けて弱い個人個人を支配する方がずっと楽である。

120214

溜池山王-新宿-千駄ヶ谷 雨にも大して降られずに済んだ。

120213

古代人の海図?でも置いてあるのは貝でなく石ころ。
120213kaizu.jpg
洗い出しの小さな蔵座敷。中は日本間それとも洋間?開口部周りも洗い出し。窓からだけみれば洋間のような気もするが。
120213kura1.jpg 120213kura2.jpg

120212

中野区ゼロ西館で「大震災に備える 第4回 フォーラムin中野」が開かれる。
午後のパネルディスカッションの様子。中央に中野区耐震改修促進協議会会長の斉藤氏。会場には「中野たてもの応援団」のパネルも展示されている。熱心に見ている方もおられる。
120212forum1_20120212163639.jpg 120212forum2_20120212163639.jpg

中野のまちも変わりつつある。5月竣工予定のセントラルパークの巨大ビル。昔大きく見えた材木問屋が下に沈んでしまった。存続が危ぶまれている中野サンプラザが富士山にみえる。
120212nakano1_20120212163639.jpg 120212nakano2_20120212163638.jpg

まだまだ残る中野の建物。大切にしよう。応援しよう。
120212nakano3_20120212163638.jpg 120212nakano4_20120212163638.jpg

120211

何か、一日中家で仕事。家の周り以外は、郵便投函のためポストまで行っただけ。

120210

旧日本相互銀行本店ビル(設計:前川国男)が建て直された。新しい建物の前に前の建物を評価したモニュメントと説明文が設置された。新しい建物の展示室には当時のアルミサッシュも展示されている。
新しい建物、よく見るとモニュメントが見える。
120210yaesu1.jpg 120210yaesu2.jpg 120210yaesu3.jpg 120210yaesu4.jpg

高円寺で。窓2題。左の窓には洗剤が並び、水色の看板には「なんでもご相談下さい」と書いてある。何か相談してみようかな。右の窓は、押し縁下見の壁の割には大きなガラスのはめ殺し。窓台に砥石が並んでいる。変な木1本。意図的なのか、途中まで刈り込んで上は高くて諦めたのか。これこそ面白いと思ったのか分からない。
120210koenji1.jpg 120210koenji2.jpg 120210koenji3.jpg 120210koenji5.jpg




120209

秋葉原界隈。
柳森神社と近くの商店。色々祀ってあって賑やかに神社である。神社の裏側は外堀。講と組の名前が書いてある。奉納した組の名前か。向かい側のボタン店これもなかなか良い。この近辺、戦災に遭ってないらしい。
120209akiba1.jpg 120209akiba2.jpg 120209akiba3.jpg 120209akiba4.jpg



120208

等々力-尾山台-等々力-九品仏-自由が丘 何をやっているのだろう。
帰り道、駅から家までの間、雪がちらついていた。

120207

今日も朝から雨が降っている。中野で久しぶりに青図のコピー。
コピーがあがるまで付近を歩く。ブロードウエイの裏はこれから再開発か?ごちゃごちゃしているがなかなか良い雰囲気を持っている。できればその雰囲気は残して欲しいものだが新しい開発は十中八九或いはそれ以上そういったものを忘れ去ってしまう。しかしブロードウエイのに近くだからその影響を受けて意外と上手く行くかも知れない。外から見ると一見普通のビルの中は摩訶不思議な空間である。背景がブロードウエイ。
120207nakano1.jpg 120207nakano2.jpg

そこを少し外れると閑静な住宅が残っている。
120207nakano3.jpg 120207nakano4.jpg



その後、JIA中野地域会。いつもと違って、構造計画研究所のプレゼンテーションルームが会場。西武新宿経由で時間前に到着。

120206

冷たい雨

120205

物心ついてからずっと食べている節分の豆と鬼と福。
この黒い豆も意外と香ばしくて美味しいんだ。
そういえば今年は豆まきしなかったな~。
120205fukuhauchi.jpg

柿の実が沢山なっていたけど今はへただけが残っている。
ここのうちのおばあさん車を押して歩いていたけど最近見かけないな。
元気だといいけど。
120205kaki.jpg

ギャラリーTOM安田侃の作品を見てさわった。目をつぶってさわった。小さく両手で持てる大きさなのに手の中に宇宙を抱えたような喜びがある。

120204

アロエの蕾
咲いている花はよく見るが蕾を気にしてみたのは始めて。
120204aroe.jpg

120203

荻窪で7人でのみその後、蕎麦をたぐって帰る。
帰りに家の近くの公園を抜けたがベンチが変な椅子に変わっていた。
公園で寝る人の排除かも知れないが、数もこれ一つとなり、区政の意地悪としか思えない。
お年寄りが数人ベンチで話していることをよく見かけるがこれではそれもできない。
寝られては困るなら、それぞれに肘掛けが付いているベンチにするとかもう少し工夫をすべきではないか。
120203bench.jpg

120202

利根の橋の上にこんなものが落ちていました。トラックのタイヤと比較して下さい。
橋の上は風が強く飛ばされそうになる。橋の下には冷たそうな水が滔々と流れている。高速道路の手摺りは1100mm必要ないのですね。
120202otoshimono.jpg

宇都宮についたら丁度日没でした。
120202utsunomiya.jpg

120201

今日から2月だ。
高円寺に日天山阿遮(あじゃり)院長仙寺がある。真言宗豊山派の寺である。伽藍は南斜面を上手く利用して建てられている。商店街を歩いていると分からない傾斜がここでは最大限引き出されて配置されている。廻りに高い建物が立て込む前はその良さが誰の目にもすぐ分かったはず。
小さなクチナシが朱色の実を付けている。実一つが1センチに満たない。大きな立派な泰山木がそびえている。
子供連れの家族が境内でのんびり遊んでいる。
120201kuchinashi.jpg 120201taizanboku.jpg

如意輪観音仏が有名である。
享保9年(1724年)高円寺村観音講中同行男女百人と裏に刻まれているとのこと。(この記述を捜したが分からなかった)頬を抑えているところが虫歯で痛い様相に見えこの観音仏を拝むと虫歯に効くと言われてきたとある。
120201jizo.jpg

120131

今日で1月もお終い。
街角で。
120131machikado.jpg      
手入れすればなかなかお洒落な窓だと思うが何十年も放っておかれている 120131mado.jpg
  
120131door.jpg 閉め切られたドア

練馬まで足をのばす。「中村南住宅」という集合住宅があった。何処かの社宅だろうか東西に長い二棟が建っている。耐震補強が為されているが、周囲は草が生えるまま殺伐としている。入居者はいるようだがまばらである。被災者のために使えば良かったし、その気があればまだ遅くはないのではないかと思われた。
120131satubatu.jpg


プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR