FC2ブログ

120130

世田谷区役所からの帰り小田急線の梅ヶ丘駅まで歩く。
バラのようなフジのようなサボテン?があった。
120130cuctus1.jpg 120130cuctus2.jpg

スポンサーサイト



120129

いつも1月は比較的長く感じるのだが、今年はあっと言う間にあと2日になってしまった。
今日は一日家で仕事。コピーをとりに近所まで二度出かけただけ。やたらと時間を食う。北風が強く落ち葉がすごい。

120128

今朝もまたが張った。
120128ice.jpg

世田谷の奥沢で問題になっている閑静な住宅街の旗竿敷地に建つ巨大重層長屋を見に行った。左から、西側、南側、東側。東側に道路があり、そこから建物の北側に沿って通路が延び、コの字形のプランの建物の北側にはここから入る。西側に回り込みさらに中庭状の通路から東側の住戸と奥の住居に入る。おまけに各戸にロフトがあり、広告では『LDK+ロフト』となっており、ロフトでなることを暗に示している。数人が住んでいたところに14軒入る。勿論、ロフトは居住スペースには使えない。
120128wjuso.jpg 120128sjuso.jpg 120128ejuso.jpg

帰りに八幡様の境内でひなたぼっこをしている猫をみつけた。
120128neko.jpg



120127

中野区のこんな保育園があるのを知らなかった。
でも閉鎖らしい。張り紙がしてあった。
120127hoikuen.jpg

120126

朝かなり冷えていた。
庭の氷
120126ice.jpg

リサイクル紙の梱包と搬出-道路掃除-青山一丁目-草月会館-青山一丁目-渋谷-三軒茶屋-松陰神社-世田谷区役所-梅ヶ丘-新宿-ハンズ-新宿-神田-まちはな-秋葉原-新宿-帰宅:効率良く随分と良く歩いたな。

120125

はかどらない。散歩に出る。
庄屋さんの屋敷。周囲の生け垣は綺麗に刈り込んであった。長屋門の両脇に昔在った巨木の根が残されている。
門の中央にある電灯がまた良い。
120125shoya3.jpg 120125shoya1.jpg 120125shoya2.jpg

庄屋の屋敷の裏に我が幼稚園が残っている。建物はすっかり変わってしまった。
木造で、左側の鍵の手になったところに南北軸の教会兼講堂があった。子供心に大きな建物のような気がした。良くこんな遠くまで歩いて通ったと思う。歩くのが苦にならないのは、その時のお陰かも知れない。感謝、感謝!
120125kg2.jpg>120125kg1.jpg

ハトぽっぽ公園の鳩。正式には『みはと公園』という。ハトの背中が滑り台になっている。ハトの顔をまじまじと見たのは始めて。うちの子供はみんなお世話になった。ハトさん有り難う。
120125hato.jpg




120124

雪!坂道をこわごわ降って駅に向かっていた。
120124yuki2.jpg 120124yuki3.jpg 120124yuki1.jpg

夕方から中野たてもの応援団の集まり。

120123

雨が結構ひどく降っている。そして、雪になって少し積もったけれどもうやんでしまった。

120122

120122asakusa1.jpg スカイツリーの途中に雲がかかっていた。

浅草の木馬亭で語り芝居の会の「でえく」の芝居を見る。出しものは『お見立て』、『金明竹』、『お駒長兵衛』、『子は鎹』の4つ。常連の7人でどじょうをつつく。今日はナマズ鍋も食べてみた。評判はどじょうに比べていまいち。真ん中にナマズの顔がある。
120122asakusa2.jpg

120121

国立駅周辺まちづくり会議まち育て検討部会「第0回国立ツアー」に参加
駅前で集合、高架のホームに昇って駅前通りを見る。北口をに出て北口ロータリーの計画を聞く。南口に廻り高架工事を下から見学。張りがアーチ状になっているところとハンチが付いているところがあるが、スパンによって違うのだそうだ。梁下の寸法を幅を持って確保するための処置らしい。円形広場にもみんなで入ってみる。
一橋大学の兼松講堂。いつ見ても妖怪の顔が印象的である。新井先生から説明があった。
120121kunieki01.jpg 120121kunieki02.jpg 120121kunieki03.jpg

ママ下湧水。玉川の河岸段丘からの湧き水らしい前に池があり、水鳥が泳いでいた。鴨の他にサギもいたが、サギはカメラを向けると素早く飛び去った。湧き水からの流れに沿って歩く。道路の下をくぐる。水面からも矢が立ちロマンチックであるが、橋下には段ボール小屋があった。住み心地は悪くないだろう。
120121kunieki04.jpg 120121kunieki05.jpg 120121kunieki06.jpg

さらに流れに沿って歩く。流れの中には藻や水草が生息している。水も澄んでいる。
120121kunieki07.jpg

楽しい家があった。流れに沿って、楽しい創作物が飾られている。ネコのモビールなど・・・・・。
120121kunieki08.jpg 120121kunieki10.jpg 120121kunieki09.jpg

郷土文化会館の近くで見つけた木。
120121kunieki11.jpg 120121kunieki12.jpg

城山公園に隣接した古民家簀の子状のところは湯浴みをしたり行水に使われたとのこと。流した湯水を下の甕に溜め農作物への水やりや打ち水などに使う。
120121kunieki13.jpg 120121kunieki14.jpg 120121kunieki15.jpg

解体された国立駅舎の部材が整理されて保管されている。一日も早い復元が望まれる。外国の製鉄メーカのものも含めて様々なメーカーの鉄道レールが駅舎の下屋に使われていたが、それも切られて保管されている。
120121kunieki17.jpg 120121kunieki16.jpg
懇親会がこのあと続いたがこちらは参加できずに失礼した。















 

120120

昨夜は栃木市に泊まる。久しぶりでコンテナーを開け、段ボール箱5箱の処分する書類を整理した。まだ整理しなければいけない箱が100箱を超えている。その後、城山地域文化センターで行われた大谷石研究会の集まりにでる。

120119

研究会のため栃木市に行く。何となくいつもより道が混んでいたが時間には十分間に合った。研究会終了後、懇親会。

120118

今日はいつになく面白い話を聞いた。藁でオーガニックな煉瓦を作る?

120117

北軽にて。
120117kitakaru1.jpg 120117kitakaru2.jpg 120117kitakaru3.jpg


120116

意外と大変だと言うことが分かった。

120115

午前中、4月に予定されている出版記念会の幹事会に出席。
午後から三岸アトリエの落語の会。
出しものは、遊興亭 福し満による『まんじゅう怖い』と『時そば』。遊興亭 福し満さん肩書きは学芸員。
2月早々に東中野で一席あるとのこと。
最後に、その場を借りて『中野たてもの応援団』の宣伝をさせて頂く。
天井の高いアトリエの空間が活かされてなかなか良い会であった。

道すがら写真を撮りながら歩いて帰る。
去年解体されたO邸の跡地に着々とマンションの建設が進んでいる。
あの立派な建物も、うっそうたる緑もついに活かされることはなかったな........。
120115saginomiya2.jpg 120115saginomiya1.jpg

トタンの外壁。ペンキがほどよく剥げている。
外階段のアパート。妙に真ん中の垂直線が効いている。
120115saginomiya3.jpg 120115saginomiya4.jpg

もう、熟れてから可成り経つ筈だが。甘くないのか鳥がつついた様子もない。
120115saginomiya5.jpg


120114

高校卒50周年の会の幹事会。
ウナギのキモで一杯やって帰る。

120113

JIA新春の集いに出席する。今日中にやらねばならないことが、間に合いそうもなく懇親会は欠席。
いつも体育館は内外とも良く活用されている。
120113sendagaya1.jpg 120113sendagaya2.jpg

やっぱりパワーポイントの製作3時近くまで掛かってしまった。

120112

高田馬場で住宅の打ち合わせ。
その後、大岡山。最後はいつもの『あたり屋』

120111

貰ってしまいました。いいでしょう。
120111yasudakan1.jpg
安田侃の『意心帰』という作品です。家内から就職祝いだそうです。

120111yasudakan2.jpg
本当は黒い大理石の台に載っています。でも下の曲線を出そうとすると上手く撮れません。
120111yasudakan3.jpg
なんでも、写ってしまうんです。カメラも私の顔も。
でも余り気になりません。
何か見ているだけで気持ちが落ち着くそんな形をしています。

120110

近くの駐車場で変なものを見つけた。
120110ryunohige1.jpg

薄暗くて良く分からず蹴飛ばしてみたが動かない。改めてよく見る。エレベーション。蹴飛ばしたから少し乱れた葉っぱ。コンクリートの路面にぽっかりと浮かんでいる姿が何とも愛嬌がある。
120110ryunohige3.jpg 120110ryunohige2.jpg
リュウノヒゲなんですね。

120109

今日も良い天気。
大谷石のイベントで、海老原さんと一緒にお会いした高野篤さんからの連絡です。

ごぶさたで急に申し訳ございませんが、イベントの連絡をさせていただきます。
お時間ございましたら、遊びに来てください。
さくら市生涯学習課主催、ベルギー王国大使館後援
「さくらジャンゴラインハルトフェスティバル2012」
ベルギー出身でフランスで活躍したの天才ジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト。
ジプシーの音楽とジャズを融合させ、ジプシージャズの創始者であるジャンゴは、ベルギー、フランス文化に大きな影響を与えました。そして、世界中のギタリストの奏法に革新をもたらすとともに、多くのミュージシャンをも魅了した伝説のギタリストです。

彼の名を冠したフェスティバルを「栃木県さくら市」主催、「ベルギー王国大使館」後援で開催させていただくことになりました。
メインアーティストとしては、ジプシージャズスタイルの日本でのパイオニアである、「東京ホット倶楽部バンド」をお迎えすることができました。
「東京ホット倶楽部バンド」は、本場フランスのジャンゴラインハルトフェスティバルにも出演し、オーストリア・アデレード国際芸術祭、ポルトガル・リスボン万博等、多くの海外の芸術祭、音楽祭などでも活躍するバンドです。

ジャンゴ・ラインハルトの使用で有名なセルマーギターは日本では珍しく、製作者は日本では希少です。
そのセルマーギターの製作家である高野篤の企画に、長年親交のある「東京ホット倶楽部バンド」の浦上宗治氏が賛同してくださり、今回フェスティバル開催をさせていただくことに至りました。

スウィングジャズがトレンドとされ、着飾った男女が、甘く切ない音楽、熱狂のサウンドに乗って踊る時代・・・1930年代初頭のパリで、ジャズを求める人々は”ホットクラブ”に集いました。
そんな時代の音楽をモチーフにした、懐かしくも最新のアコースティックジャズを体感してください。

「さくらジャンゴラインハルトフェスティバル2012」①前夜祭 
 レストランでのミュージシャンとのふれあいを楽しみながら、楽しい時間をお過ごしください。セッションも可能です。
 日時:2012年2月4日(土) 会場16:00 開演17:00
 場所:宇都宮市 KABOCHA-TEI(かぼちゃ亭) 
 宇都宮市元今泉3-20-16 大光ビル1F (宇都宮駅東、ヤマダ電機の並びです)
 TEL: 028-632-7721(予約可)
 出演:東京ホット倶楽部バンド
 
 ●前売り(予約)2000円/ 当日2500円
 インフォメーション:さくらジャンゴラインハルトフェスティバル実行委員会 高野 篤
           TEL: 080-36033647 mail: sakura.dr.fes@gmail.com

 ※ご予約はかぼちゃ亭か、実行委員会へお願いいたします。


②さくら市生涯学習課主催、ベルギー王国大使館後援 「さくらジャンゴラインハルトフェスティバル」
  日時:2012年2月5日(日) 会場13:30 開演14:00
 場所:さくら市氏家公民館ホール
    栃木県さくら市櫻野1322番地8
 出演:さくら市氏家中学校吹奏楽部 with マイク・プライス
    ホットクラブ ド さくら
    東京ホット倶楽部バンド
●入場無料
インフォメーション:さくらジャンゴラインハルトフェスティバル実行委員会 高野 篤
           TEL: 080-36033647 mail: sakura.dr.fes@gmail.com

さくらジャンゴラインハルトフェスティバル実行委員会 
高野 篤 TEL: 080-36033647 mail: sakura.dr.fes@gmail.com
http://at-guitars.blogspot.com

120108

李研究室の人たちが来る。
無精髭を伸ばしているのもみっともないので、久しぶりにすっきりする。
ロフト付き今重層長屋が問題。何故か?
南千住『弁天湯』が解体されることになった。何ともはや残念なことである。北千住『梅の湯』は大丈夫かしら。やはり地震の後、屋根に日にビニ-ルシートが掛けられていた。屋根のつくりも本格的だし、入り口両脇の腰壁のタイルも良い。
120109umenoyu1.jpg 120109umenoyu4.jpg 120109umenoyu2.jpg 120109umenoyu3.jpg



120107

今日は七草
七草粥。ナズナで爪切り。

「ナナクサナズナ
唐土ノトリガ
ニホンノクニニ
ワタラヌサキニ
ストトントントン」 チョキン

こんなことを未だに繰り返している人少ないだろうな。

もう大分過ぎたがついでに、初夢
「長き夜の遠乗り船のみな目覚め波の眠りの音の良きかな」
と唱えて寝ると良いとか、これを書いて枕の下に入れると良い夢が見られるとか聞いたことがある。
前から読んでも後ろから読んでも同じになる。
「ナガキヨノトオノリフネノミナメザメナミノネフリノオトノヨキカナ」

120106

やっと冬休みの宿題を終え、提出。すっかり髭が伸びてしまった。
120106jigazo2.jpg明日か明後日には剃ろう。

中野たてもの応援団のブログができた。
nakanotatemono.blog.fc2.com/

120105

栗の葉
上が普通の葉、下は双頭の龍ではないけど。
120105kikei2.jpg 120105kikei1.jpg

また環七を超えて。
面白い記の塀。この辺りには珍しい三味線の師匠さんか踊りのお師匠さんでも住んでそうな家。野方図書館。誰が設計したのだろう。改修したら結構見られるようになりそうだけど。
120105kakine.jpg 120105oshosan.jpg 120105nogataLa.jpg

いつものカメラで夕焼けを撮ろうとすると空が赤くならない。フラッシュを消し忘れてとったらかなり見た感じに近くなった。しかしもっと暗くなるとやはり撮れないだろうな。その点ビデオは上手く調整してくれる。
120105yuyake.jpg


120104

環七を超えて散歩
泣いているようなブロック塀。営業していない店の上に昔は立派だった看板が張り付いている。何魚店だったのだろう。多分表面に金が張られていて・・・・・。いい木が使ってある。くるくる回るヤクルトの看板。もうお宝になりそうだ。
120104namida.jpg 120104sakanaya.jpg 120104yakuruto.jpg


120103

正月の3日は、親父の誕生日だった。正月の元旦は出かけても3日にいないと機嫌が悪かった。元旦はかみさんの祖母の誕生日。冬休みの宿題がなかなか終わらない。

120102

『滅亡に向かう巨大化-8-』
企業が支店を一つ増やす度に税金が高くなる。支店が数個に広がると成立できないほど高くなる。各地に広がる必要がある職業もあるが、それぞれが独立した企業となり、ノウハウを共有して連携する。そのノウハウについてはそれなりに評価するが、ノウハウを提供したからと言って傘下におさめることはさせない。鉄道のように公共のもにについてはきめ細やかな配慮が必要だろう。
色々あるだろうが、企業の巨大化を阻止する。

我が家の正月
120102ozouni.jpg

120101

龍吟ずれば雲起こる 龍も上昇るべき風情 龍を淵へ放つ 龍は一寸にして昇天の気あり 龍と心得たる蛙子 辰に巻いて巳にこぼす 辰の市 辰の刻龍像纛幡 龍の顎の珠をとる 龍神八部龍子貫 龍旗 天下の龍象あとをたづぬる分なきがごとし 龍蔵 龍鐘 龍の陣 龍を描きて狗に類す 龍の駒にも蹴躓き 竜宮祭 龍顔 龍頭 龍の髭を蟻が狙う 龍騰虎闘 龍の雲を得る如し 龍蟠虎踞 龍の中都 龍の鰭龍麟鳳亀合わせて四瑞とす 画竜点睛                          謹賀新年 壬辰閏元旦
プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR