FC2ブログ

111231

紅葉最終
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222, 111223 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg 111223momiji.jpg
111224, 111225 まだ数枚波が残っているが紅葉という要理も茶色くなった枯れ葉である。
111224momiji.jpg 111225momiji.jpg 111226momiji.jpg
111226, 111227 変わらず。111228
111226momiji.jpg 111227momiji.jpg 111228momiji.jpg
111231 この写真で今年はお終い。どうやら葉も無くなった。
111231momiji.jpg

大谷石の損傷
大谷石の塀の一部だけ損傷が激しい。向かって左側は、屋根の雨が塀の内側に落ちる。右側は外側に落ちる。もろに雨水を受けるところの損傷が激しい。大谷石の損傷の原因を如実に表している。
111231oyaishi.jpg

階段
昨日の階段に加えてもう一つ。木の枝が登り口をふさいでいる。階段の上は真っ暗。それでも照明がついているところがよい。右は昨日の階段をもう一度。
111231kaidan.jpg 111230kaidan_20111231210108.jpg

『滅亡に向かう巨大化-7-』
巨大化の反対語は幾つかあるがその一つは、「分散」だと思う。鉄道や、電話など利用側は一つに統一されている方が良いが、その経営は分散されている方が良い。2面性をどう解決させるかが一つの課題である。少なくとも利益を汲み上げるシステムは分散させ決してそれが統一できないようにする。例えばコンビニの便利さは、人間にとって良いものかどうかは分からないが、その便利さを是とした場合もその利益は一店一店にとどまる様に考える。
特許や、ノウハウが無制限に支配しないものとする。そういったものを考え出した人や組織にはある程度の評価や収入は考えるが、それによって支配できるほど強力なものとしない。多分西洋社会が確立してきたことを一つぶっ壊すことになるだろう。

お金は、物々交換の面倒を無くした。また、お金は腐らない。流通範囲が広くなればそれだけ便利である。狭いものでも替えることで流通を広げられる。利子などが付くというのも考えてみれば不思議な話である。使わないお金を置いておいてもそのままである。でも銀行に預けると一応安全であり、利子が付く。銀行としては使われずに置いてあるお金をその間に活用できる。預ける時の利子は安く、借りる時の利子は高い。
できれば、借りてやらなければならないようなことはやらないに超したことはない。それでは発展が無いと言うが、発展が無い方が良いというのが持論である。

景気もそれほど良い必要はない。食べて行かれれば十分である。おそらく(これは試算の必要がある)分配さえ上手くやれば、人口が増えても衣食住には事欠かない技術がある。世の中を空回りさせている労力やエネルギーをます衣食住に宛てる、全労働人口がそれに当たるわけである。そのかわり一人一人の仕事量はそれほど多くないはずである。そして、全人口の最低限を保証するところから始める。仕事があって、衣食住の最低限が保証される。その上で、余剰の力で、金儲けをすればよい。しかし、最低限を保証する生産は別枠とする。
特に美味いものを食べたい者は義務を果たしその上で余剰の仕事をしそこから得る利益で支払い食べる。家も、衣類も同じである。
そしてここで、その利益を上げるための仕事のシステムは分散化されたものとする。
スポンサーサイト



111230

今年もあと1日とちょっと。毎年この時期、年賀状を書いているが、今年は、年賀状を広げられない状況があって、早めに済ませ、すでに投函した。その分気が軽いはずだが、毎年の冬休みの宿題が手つかず。それを考えると年明けが憂鬱である。

〆飾りの屋台明日飾ると一夜飾り、今日がかき入れ時。幾つかあった店の数も少なくなった。生協やコンビニでも売っている。それも分かるが、売り手が法被の背を道路に向けて話し込んでいて今ひとつ元気がない。
111230shimekazari.jpg 111230kaidan.jpg
サウスポーという店に上がる階段 街の中の明るいところにあるから良いが何となく不気味な階段。2枚の写真に全く関連性がない。しかし同じ町の同じ夜。

厄除不動堂子育地蔵堂が並んで建っている。正月の飾りもついて掃除も済んでいる。
111230fudosama.jpg 111230ojizosan.jpg

111229

紅葉の紅葉。葉っぱが無くなったのでお終い。今日から剪定。
落ちた落ち葉はの「カメ」君の冬眠の寝床。もう35年以上続いている。甲羅の長さは、最初は数センチ(測ってない)83年9センチ、91年に12センチ。現在は17.5センチ

111228

『滅亡に向かう巨大化-6-』
夜になって、家のまわりが騒がしい。表の路地にパトカー3台とお巡りさんの白い自転車が4、5台来ている。パトカーの屋根の上の赤いランプが点灯している。何か調べているようだが、なんだか分からない。新聞の三面記事には勿論何にもでないだろう。全国紙の取り上げるところではない。中に東京版があるがそれすらも取り上げるには値しない。宇都宮にいた時地方紙には、小さな事件や様々な行事が掲載されていた。
小さい規模のマスコミがあっても良いが、取材には手が回らないし、そんなことをしても買ってもらえなければ成り立たない。よほどのことでない限りどうでも良いことになってしまう。都市の巨大化により人間性が失われる一つの要素とも成る弊害ではないだろうか。

町外れの魚屋さん
商店街が切れて数分行った住宅地にある。今日はもう店じまいらしいが、いつも不思議に人が入っている。新鮮で美味しい魚が置いてあるのかな。
111228skanaya.jpg
紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222, 111223 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg 111223momiji.jpg
111224, 111225 まだ数枚波が残っているが紅葉という要理も茶色くなった枯れ葉である。
111224momiji.jpg 111225momiji.jpg 111226momiji.jpg
111226, 111227 変わらず。111228
111226momiji.jpg 111227momiji.jpg 111228momiji.jpg

111227

「アートキルト小西春江展」最終日の賑わい。
111227quilt.jpg

紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222, 111223 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg 111223momiji.jpg
111224, 111225 まだ数枚波が残っているが紅葉という要理も茶色くなった枯れ葉である。
111224momiji.jpg 111225momiji.jpg 111226momiji.jpg
111226, 111227 変わらず。
111226momiji.jpg 111227momiji.jpg

111226

引用

打ち合わせ
草月会館で来年4月10日開催予定の会について相談。素晴らしい会になりそうだ。

新宿
「アートキルト小西春江展」に立ち寄る。もう明日1日を残すのみ。その後、昨日のクリスマスケーキのだまし絵を見るが、すでに片付けられていた。
111226poster.jpg 111226cake3.jpg昨日のブログ参照。

紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222, 111223 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg 111223momiji.jpg
111224, 111225 まだ数枚波が残っているが紅葉という要理も茶色くなった枯れ葉である。
111224momiji.jpg 111225momiji.jpg 111226momiji.jpg
111226
111226momiji.jpg

夕食
111226dinner.jpg



111225

新宿大きいケーキ
111225cake2.jpg
実は地面に描いた絵
111225cake1.jpg

イルミネーション
111225ilumi.jpg

紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222, 111223 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg 111223momiji.jpg
111224, 111225 まだ数枚波が残っているが紅葉という要理も茶色くなった枯れ葉である。
111224momiji.jpg 111225momiji.jpg

111224

『滅亡に向かう巨大化-5-』
「ローレンス・サマーズは、難しいがしかし必要なのは、グローバリズム、およびグローバリズムがもたらす格差の拡大に対して、選挙民が「仕方ない」と、諦観を持たせることであると、新聞に寄稿している。」そうだ。ロナルド・ドアー著「金融が乗っ取る世界経済 21世紀の憂鬱」中公新書2132 そうまでして何故グローバリズムかが垣間見える。

年賀状年賀状を刷る。長年やってきたようにプリントゴッコを使う。製造中止の方向だということで、今年辺り3年分買いだめしようと、近所の文房具屋に行った。最近、地域振興のため、少し高くとも近所の店を利用するようにしている。ところが、欲し色が無く、ストロボも10個入りだったものが4個入りしかない。今日中に刷りたくて電車に乗ってハンズに買いに行く。ところが同じ。店じまいに向けて、余り売れない中間色の『橙』は製造中止。これからのことを考えてストロボランプも少数販売にしたようだ。しょうがないので、赤と黄色と、その他必要な消耗品を買って帰る。そういうことならば、近所で買うべきだったかも知れない。
乾燥中の年賀状
111224nengajo.jpg

紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222, 111223 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg 111223momiji.jpg
111224 まだ数枚波が残っているが紅葉という要理も茶色くなった枯れ葉である。
111224momiji.jpg

1111223

『滅亡に向かう巨大化-4-』
組織の巨大化
資本の巨大化
ネットワークの巨大化。

巨大化は力
巨大化は無敵
巨大化は国を越えて国を超える。
巨大化は人間のスケールを超える
巨大化は生物のスケールを超える
巨大化は地球のスケールを超える。

巨大化はコントロール不可能
巨大化は虚構
滅亡へ。

東京中央郵便局も大きすぎ、大阪中央郵便局の計画も大きすぎ、そう思いませんか。

アートキルト小西春江展
今日から新宿のホテル『ヒルトン東京』地下1階のヒルトピア・アートスクエアで開催。
12月23日 13:00-19:00
12月24日~26日 10:00-19:00
12月27日 13:00-17:00
111223quilt1.jpg 111223quilt2.jpg
紅葉
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222, 111223 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg 111223momiji.jpg

111222

「1がみっつに2がみっつ」の日
『滅亡に向かう巨大化-3-』
これは巨大化して滅んだ恐竜の話しではない。我々の産業の話しであり、商業の話しであり、経済の話しである。巨大化は、普遍化によって支えられている。ほどよい均一化。高速化、情報化によっても進められている。
巨大化によって何がもたらされるか。廉価、便利さ、効率、平等などにメリットがありそうである。

紅葉
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221, 111222 今日も昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg 111222momiji.jpg

111221

『滅亡に向かう巨大化-2-』レバレッジ取引などというものも取引の拡大化によって現れてきた。2007年6月には「金融派生商品」の派生契約残高が2006年の世界全体の総生産の何と約8倍になっていたのである。ロナルド・ドーア著「金融が乗っ取る世界経済」p.14中公新書2132。

丸の内
東京中央郵便局の高層棟が何時のまにか建ち上がった。ガラス壁の屈折の効果は余りみられない。完成すると突然効果が現れるのだろうか。東京駅の工事も進んでいる。2階までの古い外壁とその上の新しい外壁を比べると、新しい外壁は平滑で趣が無く、歴史の味付けの素晴らしさを改めて感じてしまう。 換気塔の上にドームが載る? 中央分離帯の上で何かイベントの用意が行われていた。22日高田馬場駅の陸橋の広告でみたが、このイベント「光都東京ライトピア」らしい。2011年12月22日(木)~12月29日(木)
(イルミネーション)17:00~22:00、(アンビエント・キャンドルパーク)17:00~21:30
お問い合わせ 光都東京実行委員会事務局(テレドーム) 0180-993-771 ホームページ http://www.kouto-tokyo.jp/

111221cpost.jpg 111221renga.jpg 111221kankiyane.jpg 111221touro.jpg
神田駅の秋葉原寄りに新しい橋桁を掛けている。新幹線の線路が載るのだろうか?
111221keta.jpg

紅葉111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg
111221昨日と余り変わっていない。
111221momiji.jpg

111220

『滅亡に向かう巨大化-1-』一つの決心
JIA magazine の高橋テイイチ(どうしても漢字が出てきません)、出江寛のプロポーザル方式を読んだからでもないが、いい機会だと捉えて書き始めてしまった。

建物が巨大化するとその費用も巨大化する、発注者、特に行政は、よい建築よりも問題がない建築を目指して、設計者を実績を重視して選択する。それの意識が小規模建築までおよび、若手建築家の参加するチャンスを奪ってしまう。

若者は大設計事務所で、巨大プロジェクトに参加するのが一つの方法かも知れないが、そこには、行政・金融と密着した上層部の力が組織を通して重くのしかかっている。

勿論、建築の設計だけが理由ではない。それはほんの一部に過ぎず、様々なものの規模が大きくなりすぎている。

建築物や、開発は小規模な方が良いと思う。設計事務所も余り大きな規模のものはいらない。そして、建設業も金融業も全て小さい方が良い。全国規模のコンビニとか、運送業もやめる。ましてや国際企業などはとんでも無いと思っている。

恐ろしく物事が不便になる。そして国際競争はどうなるか。
世界中で小さい企業しか認めないことにすればよいが、
そんなことはできっこないと思うのが当然である。しかし、そうとも云えない。
そして、できっこないことかも知れないが、やらなければ人間らしい暮らしができなくなってしまう。
それはそれで人間らしい暮らしということもできるかも知れないが、少なくとも私は受け入れられない。
そのことをこれから何年も掛けて少しずつ説明していこうと思う。
前後左右・支離滅裂になりながら書くことにした。

紅葉紅葉111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219, 111220 まだ数枚の葉を残している。
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg 111220momiji.jpg

111219

仕事で北軽へいく途中甘楽町小幡による。
111219map.jpg 小幡の地図 中央の歴史民俗資料館は月曜日で休み。車を止める。

小幡は城下町である。町の中央を流れる雄川堰。この両側に町屋が残っている。防火用の設備が何カ所かみられた。箱を開けるとハンドルがあり、ハンドルを回すと金属板が立ち上がり堰に水が貯まり消火活動ができる。同じような仕組みが京都にもあると聞く。
111219seki.jpg 111219boka.jpg 111219boka2.jpg
井戸の桶。何となく風情がある。この犬が賢い。温和しいが門に近づくとそれ以上は駄目だと吠える。中小路沿いの武家屋敷高橋家。庭も手入れが行き届いて美しい。隣にペリーが日本に来た時に江戸城の大奥の女性が避難した家がある。こちらの池の氷が張った庭もなかなかである。小幡の石垣は美しい特に喰い違い郭よく知られている。
111219ido.jpg 111219inu.jpg 111219bukeyashiki.jpg 111219kuruwa.jpg
北軽には雪が所々みられた。浅間は往きは頂上付近に雪がみられたが、帰りは麓まで白くなっていた。幸い街道には雪が無く車の走行には支障なかった。今年はついにスタッドレスを付けっぱなしにしてしまった。

紅葉111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218, 111219
111218momiji.jpg 111219momiji.jpg

111218

フクロウが何匹もいた店から、シロフクロウがいなくなってオオフクロウ一匹になっていた。さらに今日見に行くとオオフクロウもいなくなっていた。フクロウは何処へ行ったのかしら。

紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg
111218 あと数枚を残すのみ。やはり紅くは成らなかった。
111218momiji.jpg

散った落ち葉は「カメ」の冬の寝床になる。これだけたっぷりあればゆっくり寝られるだろう。
111218ochiba.jpg

柚と金柑 今年はゆず湯を忘れずに!
111218yuzu.jpg 111218kinkan.jpg

111217

「中野たてもの応援団」による第1回見学会、白鷺に残る中野区唯一の茅葺き屋根民家の見学会。
すでに、茅葺きの屋根には金属の波板が被せられているがその下に茅葺きがしっかり残っている。
茅葺き農家から外を見る。紅葉が紅く紅葉して美しい。中からみるとしっかり茅葺きが残っていることが分かる。紅葉をバックにして(Photo by Ohashi さん)
111217hosoda3.jpg 111217hosoda2.jpg 111217hosodaO.jpg


屋根に落ちる柿の木の枝の影。そういえば昨夜は風が強かったような気もする。
111217hosoda1.jpg

紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216, 111217殆ど葉っぱが無くなってしまった。
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg 111217momiji.jpg


111216

紅葉
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213, 111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215, 111216
111215momiji_20111216011449.jpg 111216momiji.jpg

木の葉が大分少なくなった分、落ち葉がこんなに散りました。どうも紅くならずに散ってしまうみたいです。
111216ochiba.jpg

111215

大谷石研究会の理事会、全体会、忘年会が南宇都宮の「了寛」であった。「了寛」は大谷石蔵を改造したレストラン。なかなか味も良い。
紅葉。
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213,111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg
111215
111215momiji_20111216011449.jpg

柚。
111215yuzu.jpg

111214

紅葉。
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213,111214
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg 111241momiji_20111215003333.jpg

葉が少し少なくなっているようだ。地面を見ると確かに紅くなる前に大分落ち葉となっている。
111214ochiba_20111215003333.jpg

柚と金柑が黄色くなり出した。そろそろ、柚湯の季節である。
111214yuzu_20111215003332.jpg

111213

東京外環道、建設再開。
総事業費は1兆2800億円。その理由は2020年の五輪誘致に向けてとのこと。再開のためのもう少しましな説明はできないものでしょうか。省エネルギーや空気の汚れを少なくすることに役に立つという説明よりも五輪誘致の方が国民に対するより説得力のある説明だと思っているようです。
またもしかするとそうなのかも知れませんが、それはそれで悲しくなります。

紅葉つづき
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212, 111213 今日ぐらいからそろそろ葉が散りだした。
111212momiji.jpg 111213momiji.jpg

111212

小さい実ですが何のみでしょう。無花果の実に形が似ていないこともありませんが、もっとずっと小さく固そうな実です。第一季節が全く違います。花が咲く時見れば分かるかも知れません。
111212nannomi.jpg

杉並の路地です。かなり長く続いています。幅は2メートル無いのですが、舗装されているところも、しきいしのところも、土のままのところもあります。駅や商店街から近くて便利なところです。近くは良く通るのですが、この路地に入ったのは初めてです。
111212roji1.jpg 111212roji3.jpg 111212roji6.jpg 111212roji7.jpg

さらにまた紅葉が進みました。
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg
111212
111212momiji.jpg

111211

このところ忘年会が続いている。集まりによって飲むアルコールの種類が違うのも面白い、ビールで始まりビールで終わる会。焼酎をボトルで取っての水割り、お湯割りが中心になる会。ワインを好むグループ。日本酒を好むグループ。チューハイとか様々な色のカクテルを飲むグループ。それぞれそれが当然と思って会が進んでいくところが面白い。しかし、各人の好みに応じてという飲み方が増えてきているのも見逃せない。しかし最初の一杯からそれをやると乾杯までに時間が掛かる。ジョッキの生ビールは人数が多いと行き渡るのに時間が掛かる。できるだけ後から来たものの方が泡の状態がよい。最初に来たジョッキなど泡が消えてしまっていることも少なくない。それに目の前に置いてお預けをくらっているのも余り好きでない。

コピーをとりに近所まで出ると、道すがらドウザンが真っ赤に色づいていた。別の家の塀越しに金柑がたわわになっている。グレープフルーツと同じに房になっている。黄色くなってくるとそろそろゆず湯の季節である。
111211dozan2.jpg 111211kinkan.jpg

紅葉。昨日の新聞に、清水寺の紅葉が例年に比べて遅いことが2枚の写真で示されていた。温暖化の影響かとも書かれていた。紅葉は紅くならずに葉が落ちてしまいそうだ。
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210, 111211
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg 111211momiji.jpg

111210

紅葉。
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209, 111210
111209momiji.jpg 111210momiji.jpg

今日は等々力の現場の鉄骨階段がとりつく。最後に地震時の触れ留めを取り付ける。
チャンコの会、2次会はワインを飲む。
111210chanko.jpg








111209

紅葉。
111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206, 111207, 111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg
111209
111209momiji.jpg

八幡様のご神木。紀伊国屋文左衛門の墓。3.11の地震で被害があって未だに直し手が見つからない。この不景気な時代紀伊国屋にあやかってなどと思う人はいないのだろうか。今日はJIAの中野地域会の定例会。その後、中野のイタリアレストランで忘年会。
111209goshinboku.jpg 111209kinokuniya.jpg 111209nakanochi.jpg

帰り道、サンプラザのクリスマスツリーが光っていた。
111209sunplaza.jpg





111208

紅葉。111203,111204,111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg
111206,111207,111208
111206momiji.jpg 111207momiji.jpg 111208momiji.jpg




111207

紅葉111203,111205、111207
111203momiji2.jpg 111205momiji2.jpg 111207momiji.jpg

サボテンも紅葉するのかしら。
111207saboten.jpg

111206

アイヌ文化交流センターに行く。八重洲ブックセンターの角を入ったところで、1階にコーヒーショップ。工芸品もかなりの数展示されているが、2000冊以上の書籍と80本のビデオがあり閲覧可能である。どの様な書籍があるか一通り眺める。その後、汐留ミュージアム ウイーン工房1903-1932 展を見る。清家清展をやったところである。その後、白井セイイチ展も行われた。

紅葉がまた一段と色づく。111204,111205,111206
111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg 111206momiji.jpg

111205

紅葉 111203, 111204, 111205
111203momiji2.jpg 111204momiji2.jpg 111205momiji2.jpg

面白い竹の庭、白鷺の紅葉の素晴らしく美しい茶室のある家、シルエット
111205take.jpg 111205momijihouse.jpg 111205shihouette.jpg

前川国男の鷺宮住宅の屋根に昇って落ち葉の掃除をする人。安心するのは早いがまだ当分大丈夫そうだ。
111205maekawa.jpg






111204

剪定した枝の片付け。急に寒くなったのか紅葉がどんどん進行している。
111203,111204
111203momiji.jpg 111204momiji.jpg

原宿の画廊で行われていたキルト展も今日でお終い。
111204garo.jpg

111203

12月に入り、旧に寒くなった。楓の葉が急速に黄色く色づいていくのが分かる。この雨で紅く色づく前に葉が落ちてしまうかも知れない。
久しぶりにフクロウに会いに行く。オオフクロウはいたが、シマフクロウがいなくなった。店の中にいるのかも知れないが、売れちゃったのかな?でも2匹とも売れたとは考えられないし。つがいで飼った?それは相当なものだ。とにかくいなくなったらちょっと寂しい。

111202

薄ら寒い小雨の一日。鴨が元気に泳いでいた。
111201yamatocho.jpg 111202kamo2.jpg

研究室の大先輩の林昌二さんが11月30日に亡くなられた。10月には佐藤正己さんが亡くなられたとのこと。林さんに最後にお会いしたのは山下さんの「亜鉛閣」の出版パーティーの時だったと思う。佐藤さんに最後にお会いしたのは清家先生の本の出版パーティー。寂しくなります。
111202hayashisan.jpg朝日新聞111202(夕刊)


プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR