FC2ブログ

110929

昨日まで,やることや行くところがいろいろあって、今日は大袈裟に言えば、学生時代に期末試験が済んだ時味わったような開放感。大体山に行っていたな。でも、今ではその開放感が2日と続かないところが悲しい。もう一度「Art Brut展」を見に行く。ビデオの放映を暫く観ていた。
110929hana.jpg
何の花だか知りませんが薄い花びらが印象的でした。
 
110929enkeikaidan.jpg
歩いているとT字路にでた。右にも左にも道はあるのだが30メートルぐらいで突き当たって仕舞う。そのT字路の突き当たりの真っ正面に建っていた。かなり苦労して取り付けた円形階段。これ以上出すと道路に飛び出てしまう。しかしそれが建物全体の形を決めていて面白い。
 
110929yanagi.jpg 110929myoushouji.jpg
大きな柳の木が1本。見上げると柳の葉が降り注いでくる。滝の裏側に入るとこんな感じではないかと思えてくる。
丁度、妙正寺川に夕日が反射していた。いつものように底の溝を水が流れていた。川という代物ではないかも知れないが暗渠にしなかっただけでも救いがある。しかし、大雨が降ると川が溢れるくらい水かさが増すのだから恐ろしい。60年前には周囲にまだ田圃があり、白鷺がいた。そういえばこの橋の北側は鷺宮、南側は白鷺である。当時、川の土手には細い丸太の杭が打ってあり、板がはめてあったが、板は朽ち果て土手のままで草が生えているところが多かったような気がする。子供でも楽に降りられ川に入ってエビガニや泥鰌など捕まえられた。しかし、台風が来るとよく川が溢れて坂の下の家では畳を干していた。でも当たり前のことと余り大騒ぎはしなかったような気がする。妙正寺川に架かっている橋もその多くは木製だったような記憶がある。何時のまにかコンクリートの橋になった。

110929akinoiro.jpg
早くも秋の色見つけた。

110929neko.jpg
写真を撮らせてくれたネコ。でもこれ以上近づくと、近づいた分下がり、撫でさせてはくれない。今日もシロフクロウにあってきた。元気な様子で何より。余り何にも動じない。オオフクロウの方が表情は豊かで人なつこい感じがする。散歩の犬を羽を広げて威嚇していた。
スポンサーサイト

110927

大手町で用事を終え丸の内に向かう。
110927tokyost2.jpg 東京駅が頭を覗かせ出した。

御幸地下道のドコモモ展を観る。丸ビルでハブラシの305の買い占め。

110927door1.jpg 会場の円形ドアの中で。

円形ドアを抜けて建物に入ろうとしたが正面に電話が一台、右にエレベーターが1台。戻ることにする。円形ドアの真ん中に立つと360°金属の壁。天井から十分な光が入り閉塞感はない。しかし自動ドアが作動しなくなったらそうも云えないかも知れない。

110927kanna.jpg フォーラム地下で幅の広い鉋の実演。

110926

UIA大会に朝から最後まで参加。

110925

秋晴れでよい気候。薄ら寒いくらいである。

今日からUIA大会。どれだけ活気あるものになるか。
果たして今日のJIA総会は成立はするか。総会は無事成立。定款の議案も通過。
UIA大会の登録を済ませる。

110924

大谷石研究会 創立10周年記念行事 記念式典・見学会・シンポジュウムが行われた。「未来に響け石の声」。なかなか良い会であった。
東北自動車道岩舟・都賀間が事故で渋滞,1時間のろのろ運転。
110924oya.jpg見学会場所の一つ。竪坑を上から覗く。

シンポジュウムでは足利工業大学の院生、宇宮大学の院生からの大谷についての研究発表があり色を添えた。
110924oyasimpo.jpg
その後、焼き肉屋で、懇親会。賑やかな楽しいひととき。焼き肉を直箸で取ったら、最近はトングで取らないといけないことになっていると注意された。生肉ならともかく。箸も金属製で、焦げないようにできているのに、やはり数ヶ月前の食中毒の所為か。今日は車のためアルコールは飲めずジョッキ入りのジンジャエールを4杯も飲んでしまった。もっとも大半は氷だった。今日の会のことが即日NHKのテレビで夜の6時45分から放映された。

110923

クラシックカメラで撮った写真展を銀座に見に行く。撮った写真の横にはその写真を撮ったカメラの写真が貼ってある。話を聞くと相当なものだと思えてくる。何所何所のレンズは光が足らないとコントラストが強くなりすぎるとか、何所のいつ頃のものはやわらかく撮れて人物に適していいるとか。1時間ほど楽しんで外に出る。たまたま銀座教会の裏のビルが解体され工事中で教会の裏のコンクリート打ち放しの巨大な壁が見える。まさにRC打ち継ぎの見本。
110923uchitugi.jpg

泰明小学校。蔦が元気よく茂っている。
110923taimeisho.jpg 

110922

お彼岸の墓参り。車で出かけたが、往きは空いていたが帰りは殆ど進まないほどの渋滞。激しい雨の所為か。お昼は月島で。
110922monja.jpg

110921

台風15号が吹き荒れる。今日の午後は我が家の小型シュレダ-の修理で潰れた。紙を巻き込んで、イッチモサッチも動かなくなる。分解し、紙を取り出し、組み立て直してたら夕方になり、風はまだ吹いていたが雨は上がっていた。

110920

ホームページ「お知らせと報告」の欄に加筆。最近ブログばかりで、すっかりHPご無沙汰になっていた。
http://www.524to524.com/
押縁下見の家の上手いところにネコがいるの気がつきますか。久しぶりで、雨模様で、ネコも雨宿り。最近珍しい三毛猫でした。
110920yamatoneko.jpg          110920kan7.jpg
環七は霧が掛かってちょっと幻想的、でも何時も見ている人でないとその違いが分からない。普通は陸橋の向こうにビルが見えるのにそれがない。並木のクスの木は見事に大きく育っている。葉が黄色く変色しているのは街路灯の光の所為。枯れたわけではない。

110919

科学の発達は、その発見過程で突然変異的な落差の克服が幾つもあったけれども、結果としては連続している。だから、DNAの問題も,原子力の問題もその連続性の上に乗っかって理解されてきており、順を追って学んでいけば、誰でもとはいえないまでもある程度の人たちには理解できる。しかし、理解できればよいという問題ではない。
しかも、そういった科学の発展には、今や経済的な制限以外ないわけである。何処までもいける。そう考えると恐ろしくなる。科学の発展に対し、人間がやってよいことといけないことを評価する何らかの基準が設けられてもよいような気がする。設けられているべきであったといった方が正確かも知れない。今更遅いのかも知れないが基準は、はっきるさせるべきであると思う。すでに科学の発展は、人間のやってはいけない限度を超えてしまったのではないかと思う。原発の安全性DNAの操作もおそらく限度を超えている。しかしその限度が何によって決まるのか。
科学の無制限な発展が人類に幸せを及ぼすなどと考えているとしたら大きな間違いだと思う。参照「平成日本らしさ宣言

私たちデート中邪魔しないでね。左のネコは昔いたブラックジャック・チリを思い出すな。
110919nekos2.jpg

110918

上高田を歩く。古い屋敷に東側の大きな欅の木の間に竹の垣根がつくられているが、昔大きな木があったところだろうか、木の太さに竹が丸くまかれ、蓋がされ、装飾が施されている。左は亀のようだが右側は何だろう。
110918take.jpg 110918take3.jpg


古い郵便受けを見つけた。洗い出しの門柱に右から左へ「郵便新聞差入口」と書かれている。つくられた当時から機能し続けているようで貴重な存在といえる。右側の写真は袋小路の奥、二階のバルコニーの手摺りに何故か一杯パラボラがくっつけられている。
110918post.jpg           110918parabola.jpg


110917

特別講演会
「中野を語る建物たち」を聞きに行く。
講演は伊郷吉信さんと十川百合子さん。
場所は中野区の歴史民族資料館の1階
なかなか聞き応えのある内容で聴衆も満足。
中野区の建築に対する文化行政のこれからの発展が楽しみだ。

報告書の完成についても説明があったが、
これに安心しないで、中野の建物を応援していこう。

110916

古い写真を整理していたらキノコの写真を見つけた。同じキノコを次の日見たら傘が開いていた。
真っ赤で綺麗だけど毒がありそうだ。050723,24那須にて。
110916kinoko.jpg 110916kinoko2.jpg

何となく不思議な階段。特に2階の入り口の踊り場が四角くない。何でこんな形をしているのかと思ったら、道路境界に合わせてあるのだ。また、その踊り場を支えている鉄骨がガレージを避けている。
110929kaidan.jpg 110916stair.jpg
公園の中央にある木のまわりに子供の乗り物が何台もおいてある。子供は一人も見えない。もう夕方の5時は廻っている。大らかなシステムが活かされているのかも知れない。
110916koen.jpg

特に何所にでもある普通の葉っぱ。でもなかなか上手くできている。
110916happa.jpg


110914

電車の中で本を読むことにしているので、乗る時間によって読書量が左右する。ここのところ余り長時間電車に乗らないで本の内容が断片的になる。秋だから少し机に向かって読んで見てもと思うのだが、まだ秋というには暑い。久しぶりに纏まった時間電車に乗ったがやたら眠い。
津波の勉強会をしてから一杯。断面図

110913

今日から9月24日大谷で行われる 大谷石研究会 創立10周年記念の催し -未来に響け「石の声」- の講演の用意を始めた。古い名著が物をいうかも知れない。本の装丁がまたよい。場所:大谷城山地区市民センター。詳しくは右のリンクの欄「大谷石研究会」をヒットして下さい。
110913oya3.jpg 110913oya1.jpg

110912

栃木市往復
暑い一日。

110911

津波松島に大きな被害を何故もたらさなかったかをまとめていたが、やっとそれがどうやら纏まった。入り江と島のお陰だけではない。」
110912tunami.jpg

110910

先日友達になったシロフクロウさんに会ってきました。今日はちょっと表情が違います。
お友達のお友達にも会ってきました。何を考えているのかな。
110910fukuro.jpg 110910fukuro2hiki.jpg
 
残された貴重な緑です。計画道路に当たるため保たれていると言う不思議な緑です。そういう消極的な理由ではなく、もっと積極的に区の少ない緑を大切にしたらよいと思うのですが。何時も気になる角の家です。かつてはこんな家がそこら中にあったのですが、すでに人目を引く存在になってしまいました。
110910midori.jpg 110910kadonoie.jpg 

近所の門の前に植えてあった名前の分からない植物。
110910happa.jpg

ついでにもう一つ今日の話題から。
110911eshu.jpg




110909

朝起きたら膝の痛みが消えていた。一日よく歩いたが今のところ再発していない。何で痛くなったのか不思議でたまらない。

110908

週の初めに左足首が痛くて、風呂でマッサージして、よく寝て直ると思ったら変わらず。もう一晩経ったら嘘のように直っていた。そのかわり、今度は右の膝の内側が痛くなる。一晩ねたが直らない。明日の朝にはよくなっていて欲しいものだが・・・・・・そう上手く行くとは限らない。

110907

隣の駅の駐輪場が遠くて。・・・・・家からではなく、駅から。駅前広場改修中。

110906

110906kuzu.jpg
45年前の夏、毎週通った三浦半島の入江にに行った。当時のハーバーは跡形なくなり葛が茂って強い日差しの中に花を付けていた。当時、お世話になったお寺にも寄ってみた。住職の代も変わっていた。会ってすぐはそれと確信が持てなかったが、少し話すうちに当時若くて元気のよいお兄さんそのままの話し方になってきた。先代の住職ともよく似ている。45年がズームレンズように懐かしさが溢れてきた。
110906hatsuse.jpg
この湾の暑く焼けたコンクリートの上で、真っ黒に焼けて一日中過ごした学生時代の夏。「・・・・・もう帰らない、あの、な~つの日~」

110905

土浦亀城の等々力の土井邸(1959年)の見学会が無事終了。
おいで下さった方々本当に有り難う御座いました。

110904

今日から暫く友達になります。
110904fukuro.jpg
でも、首をくるくる回して、なかなかこちらを向いてくれません。

110903

土浦亀城の土井邸(等々力)1959年の見学会を行いました。
おいで頂いた方どうも有り難う御座いました。
名古屋にも土井邸がありますが、そちらの方は等々力のものより良く知られています。

110902

東京で会議のあと車で大谷石研究会。9月24日10周年記念シンポジュウム【未来に響け「石の声」】の打合せ。詳しくは大谷石研究会のホームページを。鬼怒川が少し増水。橋の上で水面を測量していた?利根川はかなり増水。暗くて良く分からなかったが、土手に警戒の人が出ていた。昔、土手すれすれまで水が上がってきて、30メートルおきに1人警戒の人が立っていたことがあった。坂東太郎の恐ろしさ。

110901

9月になりました。新宿の高野の前の並木道、高野も工事中でしたが、株立ちの欅が枯れたのか植栽のお知らせが出ていました。何で植え替えられることになったのか知りませんが、陽は十分に当たらないし、空気は汚いし、夜も明るいし、木にとっては余り居心地の良いところではなかったと思います。今まで有り難う。
110901keyaki.jpg
プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR