FC2ブログ

110629

27日に書いたことに関して、大臣が佐賀県知事を説得して原発再開。災害前はそれで良かったかも知れないが、災害後はそれは通らないのではないか。少なくともそのくらいの違いが現れて当然と思う。

歩いて鷺宮まで行く。帰りに踏切を渡ろうとしたが、上り電車が近づいてきて踏切が閉まっていた。その時は踏切で待つ人2,3人。上り電車がホームにとまるためゆっくり右から左へ通り過ぎた時には下り電車が通る表示が、しかし下り電車はホームにとまったまま、鈍行が急行を待っている。そして、急行も鷺ノ宮駅には止まる。客の乗降があって、急行がまず発車、続いて間をおいて鈍行が発車、そうこうしているうちに上りの急行・鈍行とが来る。その繰り返しが続く。結局30分近くまたされた。橋上駅だから、階段を上れば歩行者はわたれるが、自転車・自動車はそうはいかない。
下りの鈍行が近づいてから急行が発車するまで手元の時計で4分ぐらいかかっている。鈍行が近づいた時点踏切を開けていればゆっくりと渡れるのだがなぜだか開けようとしない。
ようやく踏切を渡り、十数歩歩いて振り返ったらもう踏切は閉まっていた。通りの右側には車の渋滞の列。全部で59台、そのうち路線バスが7台もいた。おそらく反対側も似たようなものだろう。ちょっとした工夫でもう少し何とかなるのではないか。しかし、おそらくいろいろやってみたのだろうが、かなりの余裕を見ないと無理する人がいて事故が起きそうになったり事故が起きた経験によって今の操作時間を採用しているのだろう。
ですよね西武鉄道さん?
110629sagifumi2.jpg

前川国男の鷺宮住宅の裏を抜けて帰途につく。
110629sagiju.jpg

スポンサーサイト

110627

朝日の一面の記事「自然エネルギー拒む政官業」興味ある記事と思うが、意外と他で取り上げられていない。何故だろう。懸命にこの論旨が広がることを恐れている人々がいるとしか思えない。十分ありそうだが。

110626

新聞に復興提言の要旨が掲載された。政権争いよりはずっと重要なことが書いてあると思うのだが、その後、提言の内容が議論されない。全文が読みたいが見つからない。何所で読めるか教えて頂けると嬉しい。

私も些細な提案をしてみた。3枚のシートから成る1つの提案である。「36計逃げるに如かず」である。
110626teian1_20110628235344.jpg

110626teian2_20110628235343.jpg

110626teian3_20110628235342.jpg

110624

日本橋,浅草橋経由で市川に行く。
浅草橋のホームの屋根を支える古レール利用の構造。減ってきたとはいえ総武線ではまだまだ見ることができる。少しずつデザインが違うから今度かった端から撮って整理してみるか。中にはデザインもなかなか良いものがある。
110624asakusabashi.jpg

110623

丸善から東京駅に向かう途中で前から気になっていたマンホールを思い出してカメラに収めた。
「ガス」と字が彫り込んであるところがよい。
110623mh.jpg
マンホールのシリーズはHPの「デジカメの目」にあります。これもそのうち足しておきます。

110622

「まちはなねっとわーく」会合inニコライ堂前が開かれた。

110615

栃木県真岡市の久保講堂は、周辺の民家に棟瓦が落ちた被害が散見されるにもかかわらず、瓦屋根をはじめ外壁、窓ガラス等、外部からの判断では震災の被害は認められなかった。
110615kubo1.jpg 110615kubo2.jpg

二宮尊徳縁の国指定史跡桜町陣屋も特に被害が見られなかった。
110615sakurajinya.jpg

110613

北軽にて
落葉松の林の中にな巨大な羊歯の株が葉を広げている。
110613shida2s_20110614001955.jpg 110613shida1s_20110614001955.jpg 110613shida3s_20110614001954.jpg

110612

昨日まで読んでいた本には日本の食糧自給率は低すぎると書いてあった。今日読み始めた本にはその真っ逆さまなことが。どちらが正しいか実に興味深い。
午前中、山岳部OB会の総会に久しぶりで出席。
新しい携帯に歩数計がついている。休みの日など沢山の使えない機能の中で、これが一番役に立っている。みんな毎日どのくらい歩いているのだろう。

110611

昼まで委員会。その後、学会の報告会に顔を出す。途中一時間ほど中途半端な時間が出来てしまい、東京駅のプラットフォームのベンチで読書。お陰で今日中に一冊読み終わりそう。

110608

110608wire.jpg  110608makigim.jpg
帰り道、何となくユーモラスな電線が空で遊んでいた。夕闇近いステンレスの屋根。

110607

早稲田で
110607kawa.jpg110607youhekihouse.jpg 擁壁の家

110605

北千住に-なかだえり水彩画「蔵展12」-を見に行く、津波の被害にあった北上町の熊谷産業のスレート葺きの建物の絵もありました。天然スレートの屋根といえば、話題になっている東京駅がすぐ思い浮かびますが、栃木県の東北線の黒田原の駅の近くにスレート葺きの大きな民家がありましたが、今も残っているでしょうか。北千住は細い路地があって歩いていて実に心温まるまちです。トタン貼りの家の多いのも特徴かと思います。ホームページの「最近見たもの」(ここをヒット)も参考にして下さい。
110605kitasenju3.jpg 110605kitasenju1.jpg 110605kitasenju2.jpg

下の写真は、「梅の湯」さんの入り口横の腰壁のタイルです。この間の地震の影響だと思うのですが、大きな屋根の棟や降り棟の瓦が落ちて、ブルーシートが掛けられていました。ちょっと心配です。
ちょっとおしゃれな門柱の足元です。
                                        そういえば、なかだえりさんのアトリエもトタン貼りでした。
110605kitasenju4.jpg 110605kitasenju5.jpg                            100528kitasenjus.jpg

110602

R&R展今日もまずまずの人の入り。
110602randr5s.jpg 110602randr6s.jpg 

110601

R&R 建築再生展2011が6月1日-3日とビックサイトで開催されます。
宇宮大学建築OBの東日本大災害支援グループ「まちはな ねっとわーく」も出展。時間のある方は是非見に来て下さい。
110601randr2s.jpg
プロフィール

konishikonishi

Author:konishikonishi
http://www.524to524.comを参照して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR